外国人による日本語弁論大会 (第46回)

受賞者
外務大臣賞 ハ アラン(韓国)
文部科学大臣奨励賞 ジョアン オブライアン(アイルランド)
国際教育振興会賞 チン ホウエン(中国)
国際交流基金理事長賞 オウ ウ(中国)
鳥取知事賞 ブリ モハメッド(チュニジア)
とっとりコンベンションビューロー賞 ツォグ ナンディンバータル(モンゴル)
会場審査員賞 チン ホウエン(中国)
若竹賞 ドゥミンドゥ カルナーティラカ(スリランカ)
  • 会場審査員賞は一般来場者による投票
  • 若竹賞は中高生来場者による投票

外務大臣賞、文部科学大臣奨励賞受賞者
外務大臣賞の
ハ アラン(右)さん
文部科学大臣奨励賞の
ジョアン オブライアン(左)さん

第46回「外国人による日本語弁論大会」が、(財団法人)国際教育振興会、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、(財団法人)とっとりコンベンションビューローの共催で去る2005年6月18日(土曜日)、「米子コンベンションセンター」にて開催されました。

当日は、高円宮妃殿下のご来臨のもと、143名の応募者の中から選ばれた10カ国、12名の方々が、日本語で熱弁をふるいました。また大会の模様は、7月9日(土曜日)にNHK教育テレビで放映されました。
出場者全員の原稿を掲載していますので、そちらも是非ご一読ください。

次回第47回大会は、2006年5月27日(土曜日)、山口県の下関市民会館(下関市)にて開催する予定です。多くの方々のご来場をお待ちしております。

第46回外国人による日本語弁論大会

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る