外国人による日本語弁論大会 (第47回)

受賞者
外務大臣賞 ラリット マヤ マハット (ネパール)
文部科学大臣奨励賞 ミン テイル (韓国)
主催団体特別賞 オウ テツ (中国)
国際交流基金理事長賞 ラリット マヤ マハット (ネパール)
会場審査員賞は一般来場者による投票

外務大臣賞・会場審査員賞、文部科学大臣奨励賞受賞者
外務大臣賞・会場審査員賞のラリット マヤ マハット(左)さん
文部科学大臣奨励賞のミン テイル(右)さん

Blog公式Blogでは、大会当日のもようを担当職員が紹介しています。

第47回「外国人による日本語弁論大会」(財団法人国際教育振興会、国際交流基金、下関市主催)が去る2006年5月27日(土曜日)、高円宮妃殿下ご臨席のもと、「下関市民会館」で開催され、28の国と地域の120名の応募者の中から選ばれた、9つの国と地域の12名が出場しました。

日本の姿や日本での生活について、外国人ならではの視点から、巧みな日本語で心を込めて語るスピーチの数々が繰り広げられ、日本人にとっても、自らを見直す有意義な機会となりました。

出場者12名のスピーチ原稿は、こちらでご覧いただけます。

次回第48回大会は、2007年5月26日(土曜日)、大阪府の泉の森ホール(泉佐野市)にて開催する予定です。多くの方々のご来場をお待ちしております。

[TV放映のお知らせ]

アジア・南米地域は「NHKプレミアム」にて、2006年8月19日(土曜日) 25時10分(=20日の午前01時10分~) から、アメリカ・欧州は「TVジャパン」にて、独自編成で放送されます。

[ラジオ番組出演のお知らせ]

外務大臣賞および会場審査員賞を受賞されたマハットさんがラジオ番組に出演されます。多言語(日本語・英語は除く)・全世界で放送され、インターネットからの聴取も可能ですので、ぜひお聞きください。

第47回外国人による日本語弁論大会

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る