第49回 外国人による日本語弁論大会

-日本語国際センター設立20周年記念-
第49回外国人による日本語弁論大会 開催

受賞者
外務大臣賞 サミーラ グナワラデナ (スリランカ)
文部科学大臣奨励賞 フェレシテ ナジミ (イラン)
主催団体特別賞 コウ ケイシ (台湾)
会場審査員賞
*一般来場者による投票
サミーラ グナワラデナ
(スリランカ)

Blog公式Blogでは、日本語弁論大会のもようを担当職員が紹介しています。

外務大臣賞・会場賞、文部科学大臣奨励賞受賞者
外務大臣賞・会場賞 サミーラ グナワラデナさん(左)
文部科学大臣奨励賞 フェレシテ ナジミさん(右)

第49回外国人による日本語弁論大会が、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、(財団法人)国際教育振興会川越市の共催で、高円宮妃殿下御臨席のもと、去る6月14日 土曜日 に開催されました。当日は、430名の方々にご来場いただきました。ありがとうございました。

大会では、29の国と地域、100名の応募の中から選ばれた、12名が出場し、さまざまなテーマについて日本語でスピーチが行なわれました。日本語学習や日本での生活に基づく「気づき」、国籍を超えた出場者のさまざまな価値観等、外国人ならではのメッセージに、来場者にとっても普段の日本の姿を見直すきっかけとなったのではないでしょうか。
また、スピーチのほかにも川越まつり囃子や星野高校筝曲部の特別公演、日本語国際センター広報ブースの展示も行なわれました。

TV放映のお知らせ ※放送は終了しました。
日時:2008年8月3日 日曜日 22時から23時30分 NHK教育テレビ

TV放映概要
主催: 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、財団法人国際教育振興会、川越市
後援: 外務省、文化庁、埼玉県、NHK、社団法人日本語教育学会、ジャパン・タイムズ
協賛: ニューズウィーク・インターナショナル、キッコーマン株式会社、にほんごの(株式会社)凡人社、株式会社アルク、株式会社専門学校新聞社、財団法人吉田茂国際基金、株式会社日本航空、留学生新聞、株式会社亀屋、立原電機株式会社、ヤマダ産業株式会社、株式会社エスプリライン、通信興業株式会社川越工場、小沢写真印刷株式会社、川木ホールディングス株式会社

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る