第50回 外国人による日本語弁論大会 報告

受賞者
外務大臣賞・会場審査員賞 ドミニク バゲンダ カスッジャ (ウガンダ)
文部科学大臣奨励賞 シャポヴァーロヴァ スヴェトラーナ (ロシア)
主催団体特別賞 カン リン(官 琳) (中国)

Blog公式Blogでは、日本語弁論大会のもようを紹介しています。

外務大臣賞・会場賞、文部科学大臣奨励賞受賞者
外務大臣賞のアーロン・パースキー(右)さん
文部大臣賞のキンシュック・ロイ(左)さん

第50回外国人による日本語弁論大会が、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、(財団法人)国際教育振興会、函館市の共催で、高円宮妃殿下御臨席のもと、去る5月30日 土曜日 に開催されました。当日は、約800名の方々にご来場いただきました。ありがとうございました。
大会では、27の国と地域からの130名の応募の中から選ばれた12名が出場し、日本での生活、日本人との交流などを通して考えたことを、ユーモアや感動を交えて披露しました。来場者のみなさんにとっても普段の日本の姿を見直すきっかけとなったのではないでしょうか。

日時 2009年5月30日 土曜日 午後1時30分開始
開催地 函館市民会館(北海道函館市)
後援 外務省、文化庁、北海道、NHK、社団法人日本語教育学会、ジャパン・タイムズ、北海道新聞社、財団法人北海道国際交流センター、社団法人北方圏センター
協賛 日本航空、ニューズウィーク・インターナショナル、キッコーマン株式会社、にほんごの(株式会社)凡人社、株式会社アルク、株式会社専門学校新聞社、財団法人吉田茂国際基金、留学生新聞、リコー販売株式会社、株式会社五島軒、有限会社キングベーク、五稜郭タワー株式会社、函館山ロープウェイ株式会社、株式会社函館国際ホテル、函館物産協会、株式会社石田文具

過去の大会についてはこちら

[お問い合わせ]

ページトップへ戻る