第59回 外国人による日本語弁論大会

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、国際教育振興会、壱岐市との共催で、第59回外国人による日本語弁論大会を2018年5月26日に長崎県壱岐市にある壱岐の島ホール「大ホール」にて開催しました。
今回は27か国・地域、105名の応募者の中から予選を勝ち抜いた11か国、12名の方々が本大会に出場しました。

それぞれ興味深いテーマをかかげ、日本での生活、日本人との交流などを通して考えたこと、感じたことを、ユーモアや感動を交えて披露しました。

各賞を受賞した方は次のとおりです。

外務大臣賞
ハラ ハティーブさん
(シリア/日本語学校生/明生情報ビジネス専門学校)

文部科学大臣賞
カテリーナ ノヴィツカさん
(ウクライナ/大学生/慶応義塾大学)

主催団体賞
ヤン ヘンドリク グリガトさん
(ドイツ/大学生/東京大学)

会場審査員賞
レイチェル エリザベス ブレインさん
(アメリカ/外国語指導助手(ALT)/壱岐市立石田中学校)

(大会の模様は、6月23日午後3時00分よりNHK Eテレで放映される予定です。)

大会詳細

日時 2018年5月26日(土曜日)13時開始
開催地 壱岐の島ホール「大ホール」(長崎県壱岐市)
アクセス

出場者・発表テーマ

1.『人生一撃』

シン スンハ(辛舜夏)
Shin Soonha

  • 韓国
  • 研究生 山陽学園大学

シン スンハ氏の写真

2.『言わぬが花?』

エレーナ ストレリコワ
Elena Strelkova

  • ロシア
  • 大学生 神戸市外国語大学

エレーナ ストレリコワ氏の写真

3.『カルチャーショック』

アディティ チャーダ
Aditi Chadha

  • インド
  • 日本語学校生 インターカルト日本語学校

アディティ チャーダ氏の写真

4.『心をつなげる「どこでもドア」』

カン ヒンタク(韓浜澤)
Han Binze

  • 中国
  • 高校生 大口明光学園高校

カン ヒンタク氏の写真

5.『船は風に流される』

外務大臣賞
ハラ ハティーブ

  • シリア
  • 日本語学校生 明生情報ビジネス専門学校

ハラ ハティーブ氏の写真

6.『ちいさなことばで人を幸せに』

ガルブザ ハルカ バハドゥル
Garbuja Harka Bahadur

  • ネパール
  • 専門学校生 こころ医療福祉専門学校壱岐校

ガルブザ ハルカ バハドゥル氏の写真

7.『完璧な私って無理?』

文部科学大臣賞
カテリーナ ノヴィツカ
Kateryna Novytska

  • ウクライナ
  • 大学生 慶応義塾大学

カテリーナ ノヴィツカ氏の写真

8.『挑戦から使命へ』

ンジャイ シエク アメド ファデル
Ndiayne Cheikh Ahmed Fadel

  • セネガル
  • 会社員 ジャトコ エンジニアリング株式会社

ンジャイ シエク アメド ファデル氏の写真

9.『富士山と羊っ娘』

サイ ケン(蔡遣)
Cai Qian

  • 中国
  • 会社員 鈴与株式会社

サイ ケン氏の写真

10.『人生には意味がある』

会場審査員賞
レイチェル エリザベス ブレイン
Rachel Elizabeth Blaine

  • アメリカ
  • 外国語指導助手(ALT) 壱岐市立石田中学校

レイチェル エリザベス ブレイン氏の写真

11.『日本人は本当に無宗教なのか』

ルヒナ マヘルプル
Rohina Maherpour

  • イラン
  • 大学生 日本大学

ルヒナ マヘルプル氏の写真

12.『茶道ー幸福の訓練』

主催団体賞
ヤン ヘンドリク グリガト
Jan Hendrik Grigat

  • ドイツ
  • 大学生 東京大学

ヤン ヘンドリク グリガト氏の写真

過去の大会についてはこちら

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本語事業部 企画調整チーム
電話:03-5369-6066

ページトップへ戻る