モナコ(2016年度)

日本語教育 国・地域別情報

2015年度日本語教育機関調査結果

機関数 教師数 学習者数
初等教育 中等教育 高等教育 その他
教育機関
合計
1 1 0 0 0 5 5
0.0% 0.0% 0.0% 100.0% 100.0%

(注) 2015年度日本語教育機関調査は、2015年5月~2016年4月に実施された調査です。また、調査対象となった機関の中から、回答のあった機関の結果を取りまとめたものです。そのため、当ページの文中の数値とは異なる場合があります。

日本語教育の実施状況

全体的状況

沿革

 これまで日本語教育の実施は確認されていなかったが、2012年の日本語教育機関調査では民間団体Association Monaco-Japonが、定期的に開催する日本文化イベント(書道、折り紙、マンガ教室)の一つとして日本語講座を開講していたが、2015年現在、同団体の活動が休止しており、閉講している。なお、公的な教育機関での日本語教育は実施されていない。

背景

 日本文化に対する関心は高いが、日本語の継続的な学習には結びついてない状況である。アジア言語としては中国語が中等教育に導入されている。

特徴

 コート・ダジュール地域ではニースで日本映画祭など、日本文化イベントが開催されているが、モナコでは少ない。

最新動向

 2012年より継続していたAssociation Monaco-Japonの日本語講座が2015年までに閉講した。

教育段階別の状況

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 日本語教育は実施されていない。

その他教育機関

 日本語教育は実施されていない。

教育制度と外国語教育

教育制度

教育制度

 モナコはフランスの教育制度を踏襲している。初等教育5年間、前期中等教育(中学校に当たる)4年間、後期中等教育(高校に当たる)3年間。

教育行政

 青少年国民教育・スポーツ庁が管轄している。

言語事情

 公用語はフランス語。

外国語教育

 幼稚園年少組(3歳)から英語入門クラスが開始され、義務教育全課程で英語を第一外国語として学ぶ。第二外国語は中学1年生から学習可能で、中学3年生から高校3年生までが必修、ドイツ語、中国語、スペイン語、イタリア語から選択する。高校の一般教育課程と専門職業課程では第三外国語が選択可能で、言語は第二外国語と同じ。また、2014年度よりロシア語教育が始まる。第一外国語の追加選択言語として中学1年生から選択できるようになる。第二外国語としては中学3年生から、第三外国語としては高校1年生から選択可能となる。

外国語の中での日本語の人気

 日本語教育は実施されていない。

大学入試での日本語の扱い

 高校で日本語は教えられていないが、母語がフランス語でない学生の場合、フランスのニースのアカデミー(教育行政区)で外国語バカロレア試験を受けることが認められている。

学習環境

教材

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 日本語教育は実施されていない。

その他教育機関

 日本やヨーロッパ等の教材を使用している。

マルチメディア・コンピューター

 インターネットにアクセスできるパソコンや、ビデオプロジェクターを利用している。一部で電子白板も利用できる。

教師

資格要件

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 日本語教育は実施されていない。

その他教育機関

 日本語高等教育機関を卒業し、学士以上を有する者、または日本語教師としての資格を有する者、さらにはフランス語力のある者が望ましい。

日本語教師養成機関(プログラム)

 日本語教師養成を行っている機関、プログラムはない。

日本語のネイティブ教師(日本人教師)の雇用状況とその役割

 いない。

教師研修

 なし。

現職教師研修プログラム(一覧)

教師会

日本語教育関係のネットワークの状況

 日本語教育関係のネットワークはない。

最新動向

 特になし。

日本語教師派遣情報

国際交流基金からの派遣

国際協力機構(JICA)からの派遣

 国際交流基金、JICAからの派遣は行われていない。

その他からの派遣

 (情報なし)

日本語教育略史

2012年 Association Monaco-Japonにおいて日本語講座が開始
2015年 同講座閉講

参考文献一覧

ページトップへ戻る