オマーン(2016年度)

日本語教育 国・地域別情報

2015年度日本語教育機関調査結果

機関数 教師数 学習者数
初等教育 中等教育 高等教育 その他
教育機関
合計
1 1 0 0 0 20 20
0.0% 0.0% 0.0% 100.0% 100.0%

(注) 2015年度日本語教育機関調査は、2015年5月~2016年4月に国際交流基金が実施した調査です。また、調査対象となった機関の中から、回答のあった機関の結果を取りまとめたものです。そのため、当ページの文中の数値とは異なる場合があります。

日本語教育の実施状況

全体的状況

沿革

 オマーンの学校教育において常設の日本語教育は近年まで行われてこなかったが、2011年10月から2012年1月まで、日本外務省の事業により、日本語教師を日本から招致し、当地の2つの大学において約3ヶ月間の短期集中日本語講座が実施された。この成功を受け、2015年2月、スルタン・カブース大学にて、当地で初となる常設日本語講座が開設された。学校教育以外では、2005年1月から、オマーン・日本友好協会が日本語教師を雇い日本語講座を開設している。

背景

 オマーン人は非常に親日的であり、特に若者層はアニメ等の影響から日本ファンになるものも多く、日本語への関心は高くなっている。

特徴

 学校教育の中では英語以外の語学教育はほとんど行われておらず、日本語教育に至っては、常設の講座は高等教育及び学校教育以外で一部行われているのみである。

最新動向

 2015年2月に開設されたスルタン・カブース大学の常設日本語講座は、常に定員満員となる人気を誇り、2017年にはクラス数の拡大が予定されている。オマーン・日本友好協会の日本語講座は、毎学期、新規受講者を特定数獲得しており、順調に運営されている。

教育段階別の状況

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 2015年2月からスルタン・カブース大学教養社会科学部観光学科の全学部共通選択外国語科目として、常設日本語講座が開設されている。

その他教育機関

 オマーン・日本友好協会が日本語講座を実施している。各コースは3ヶ月間で、4レベル毎に週2回の授業が行われている。生徒はオマーン人が多数であるが、インド人ほか外国人もおり、年齢・職業は多様である。

教育制度と外国語教育

教育制度

教育制度

 当国では、1998年から基礎教育制度の導入が開始され、従来の6-3-3制から10-2制へ変更されている。始めの10年間を「基礎教育」、その後の2年間を「中等教育」とし、計12年間の教育終了後は、高等学校卒業資格が与えられる。また、基礎教育10年間の前半の4年間は「第1期」、残りの6年間は「第2期」と呼ばれている。

教育行政

 初等、中等教育機関は教育省、高等教育機関は高等教育省の所管となっている。

言語事情

 アラビア語が公用語である。外国人労働者が多いため、都市部では英語がよく通じる。

外国語教育

 基礎教育第1学年より、英語を履修。

外国語の中での日本語の人気

 若者を中心にマンガ・アニメやインターネットを通じて独学する者が多い。

大学入試での日本語の扱い

 大学入試で日本語は扱われていない。

学習環境

教材

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 『初級日本語げんきⅠ/Ⅱ 第2版』坂野永理ほか(ジャパンタイムズ)

その他教育機関

 『初級日本語げんきⅠ/Ⅱ 第2版』坂野永理ほか(ジャパンタイムズ)

マルチメディア・コンピューター

 日本語教育にマルチメディア・コンピューターは使用されていない。

教師

資格要件

初等教育

 日本語教育は実施されていない。

中等教育

 日本語教育は実施されていない。

高等教育

 最終学歴及び日本語教師としての実務経験が問われ、特にネイティブの日本人が希望される。

その他教育機関

 日本語教師としての実務経験が問われ、特にネイティブの日本人が希望される。

日本語教師養成機関(プログラム)

 日本語教師養成を行っている機関、プログラムはない。

日本語のネイティブ教師(日本人教師)の雇用状況とその役割

 オマーン・日本友好協会が運営している日本語講座で1名の日本人教師が雇用されており、同教師がスルタン・カブース大学での日本語講座も担当している。

教師研修

 現職の日本語教師対象の研修はない。

教師会

日本語教育関係のネットワークの状況

 日本語教育関係のネットワークはない。

日本語教師派遣情報

国際交流基金からの派遣

国際協力機構(JICA)からの派遣

 国際交流基金、JICAからの派遣は行われていない。

その他からの派遣

 特になし。

日本語教育略史

2005年1月 オマーン・日本友好協会による日本語講座開講
2015年2月 スルタン・カブース大学にて常設日本語講座開講

参考文献一覧

ページトップへ戻る