世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) アインシャムス大学の学生たち

アインシャムス大学
山門健二専門家、藤原由紀子ジュニア専門家

元気で個性豊かな学生たち

 エジプトのスーク(市場)を歩いていると、スパイスを売るお店を見かけます。店先に並ぶ大きな桶の中には、鮮やかな黄色やオレンジ色、茶色など色とりどりのスパイスが積まれています。そして、それぞれが独特の芳香を放っています。アインシャムス大学の日本語学科の学生は、まさにこのスパイスのように個性豊かです。元気で明るく個性溢れる学生たちが、日本から遠く離れたここ、エジプトで、日本への憧れを胸に、今日も日本語学習に励んでいます。

アインシャムス大学外国語学部

外国語学部校舎の写真
外国語学部校舎

 アインシャムス大学の外国語学部は、1835年に創立された語学専門学校が前身となっています。全国に2校しかない国立の外国語学部のひとつで、外国語教育ではエジプト一の評価を得ている学部です。その学部にあって、日本語学科は2000年の設立以来人気が高く、毎年多くの学生がその門を叩きます。晴れて日本語学科への切符を手にした学生は、漠然とした期待や憧れを抱きながら、新しい日本語の世界へ向かって、第一歩を踏み出します。

日本語学科の学習風景

新しいLL教室での写真
新しいLL教室で

 今年度、外務省の無償援助を受け、日本語学科にLL教室2部屋が設置されました。以前は外部からの騒音で授業が中断されることもあったのですが、この教室ができたおかげで、学習環境は格段に良くなりました。学生たちは、設備の整った新しい教室で、意欲的に日本語学習に取り組んでいます。特に、プレゼンテーションなどでは、コンピューターやプロジェクター、ビデオ等を駆使し、創意工夫溢れる発表を行ってくれます。持ち前の明るさ、物怖じしない積極性、そして、コミュニケーション好きな性格がよく現れた発表に見ているほうも感心させられます。

 また4年生には卒業要件として卒業論文執筆が課されています。毎年、それぞれの学生が自分の興味に合わせて選んだテーマには「出産後の祝いの習慣」「学校のいじめ」「ヘビーメタル音楽が伝えたいメッセージ」等、個性溢れるものが見受けられます。もちろん出来不出来はありますが、「あいうえお」の学習から始めて、4年間でここまで来たかと思うと感慨深いものがあります。そして、何より学生自身が日本語で卒論を書いたということに、大きな達成感を感じているようです。

日本語教師の願い

 日本語学科が設立してから、今年で6年になります。学科には未だエジプト人の専任講師がおらず、派遣専門家を中心に学科を運営している状態です。大学院に進学した学生達が日本で博士号を取得し、少しでも早く学科に戻ってきてくれることが期待されています。しかし、日本語学科の学生が、皆日本へ留学するわけでも、日本語を活かした仕事に就くわけでもありません。卒業と同時に日本語から離れてしまう学生もいるでしょう。それでも、4年間の日本語学習を通じて、それぞれが何かを得てくれればと思います。遠い日本と日本語に向き合った4年間が、彼らの人生の「隠し味」になってくれればと願っています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
伝統あるアインシャムス大学外国語学部内に、カイロ大学に次いで2000年に設立された日本語専攻課程である。2004年には日本語・日本文学専攻の大学院課程も開設された。今後はカイロ大学とともにエジプトの日本語教育の中心となることが期待されている。派遣専門家は学科運営、カリキュラム作成や現地スタッフへの指導、助言など行っている。
ロ.派遣先機関名称 国立アインシャムス大学
Ain Shams University
ハ.所在地 Abbaseiya, Cario, Arab Republic of Egypt
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名、ジュニア専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
学科名称
アインシャムス大学外国語学部日本語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   2000年
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 2000年
(ロ)コース種別
専攻科目
(ハ)現地教授スタッフ
常勤5名(邦人5名)非常勤3名(邦人0名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生24名、2年生21名、3年生25名、4年生17名
(2) 学習の主な動機 「日本語に対する興味」「留学」「日系企業への就職」
(3) 卒業後の主な進路 「大学院進学」「企業・教育機関への就職」
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験2級程度
(5) 日本への留学人数 3年次に2~3名程度

ページトップへ戻る