世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ケニヤッタ大学日本語教育事情

ケニヤッタ大学
小久保ひろし

日本語クラスが所属する外国語学科の写真
日本語クラスが所属する外国語学科

 ケニアにはたくさんの部族と言葉があります。数え方にもよりますが全部で40以上にものぼるという説もあります。マサイとかキクユなどは日本でも有名ですから聞いたことがあるのではないでしょうか。これらの言葉はとても違っていてお互いに通じませんから、ケニアでは共通語として主に英語とスワヒリ語が使われています。学校で習う言葉も英語とスワヒリ語です。高校の中にはフランス語やドイツ語を教えているところもあります。

 ケニアの大学は日本の大学と様子が全然違っていて、日本人にはわかりにくいところもあります。まず、大学によって年度の始まりが違います。学期の区切りも違います。また、あちこちに分校があったり、学士課程以外にもさまざまな課程がいっしょに教えられていたりします。国立大学の場合は、かなりの学費が免除される全国共通の選抜試験がありますが、たとえその選抜に漏れても、学費を全額支払うことで、入学することができます。

日本語研究室の写真
日本語研究室

 ケニヤッタ大学には学部や学科がたくさんありますが、聴講資格(高校修了試験の成績)を満たしていて授業料を払えば誰でも入れるクラスもいろいろあります。日本語のサティフィケートコース(初級クラス)もその一つです。以前は学内の学生は無料でこの初級クラスがとれたのですが、去年から全員授業料を払わなければいけないことになりました。そのため、去年9月の新年度から日本語を勉強する学生が大幅に減ってしまいました。これではいけないと日本語の教員が協力して、大学当局に談判した結果、ビギナーズコース(入門クラス)を開講できることになりました。入門程度の簡単な内容ですが、無料で聴講できるクラスです。そして、もっと勉強したい学生は授業料を払って初級クラスに進むことができます。初めての入門クラスには120名の学生が登録しました。

 初級クラスでは授業内容は担当の教員に任されていましたが、入門クラスは新しいクラスなので、日本語教員みなで授業科目や教える内容を相談しました。学生たちは日本語が全く初めてなので、「読み方」でひらがなとカタカナが終わるまでは「文法」などほかの授業ではローマ字を使って教えることなど、科目ごとの連携も考慮しています。日本語のクラスで一番大変なのは時間割です。日本語のクラスにはいろいろな学部の学生がいますが、みな自分の専門科目の時間割と重ならない時間に日本語の授業に来るはずです。ところが、ケニヤッタ大学ではそうではありません。時間割が重なっているのが当たり前なのです。なるべく多くの学生が来られる時間を探して時間割を組み替えますが、あちらを立てればこちらが立たず、なかなかいい時間割が作れません。

 学生の中には大学に日本語のクラスがあることを知らない学生もいるので、学内に日本語クラスの案内を出しています。LL教室の前に張ってある日本語の時間割を見たり、クラスメートに誘われたりして日本語の授業に来る学生もいます。ナイロビ市内は停電が多く(地方には電気のないところもたくさんあります)、「先生、きのうは停電で宿題ができませんでした。」ということもあったりしますが、みな一生懸命です。中には、日本語のほうが勉強したいからと、自分の専門科目を休んで日本語の授業に来る学生もいるほどです。ゼロからスタートした学生たちがどこまで伸びるのか、これからが楽しみです。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
ケニヤッタ大学は、現在日本語クラスのある唯一の国立大学である。2004年から日本語の授業が開始され、現在は自由選択科目となっている。また、受講資格を満たせば、ケニヤッタ大学の学外からも聴講できる。日本語教育専門家は日本語講座での日本語教授、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地教師の育成を行う。
ロ.派遣先機関名称 ケニヤッタ大学
Kenyatta University
ハ.所在地 P.O.Box 43844 00100 Nairobi Kenya
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
ケニヤッタ大学人文社会学部外国語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   2004年
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 2006年
(ロ)コース種別
選択
(ハ)現地教授スタッフ
常勤3名(うち邦人1名)、非常勤1名
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   選択で120名
(2) 学習の主な動機 日本語への関心、日本への憧れ、就職に有利
(3) 卒業後の主な進路 教員、その他
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定4級を受験可能な程度
(5) 日本への留学人数 なし

ページトップへ戻る