世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 第2期生から4期生が在学する ダマスカス大学日本語学科 ―待望の2期生卒業に向けて―

ダマスカス大学人文学部日本語学科
渡辺由美(日本語教育専門家)、斉藤誠(ジュニア専門家)

先生と1年生達の写真
先生と1年生達

 ダマスカス大学日本語学科は02年秋、シリア初の日本語教育専攻学科関として設立されました。1期生募集後、シリア人教師がいなかったため2年間新入生の募集ができませんでしたが、04年から3年間2期生から4期生までが募集され、現在1年生から3年生までが在学しています。

 06年7月に第1期生が卒業しましたが、この中から、06年9月より1名、そして07年9月にさらに2名、待望のシリア人日本語教師が誕生し現在3名のシリア人教師が日本語学科で教鞭をとっています。

 3名のシリア人の先生方は、それぞれ1~3年生を週4~6時間担当しています。昨年から教えていて、すっかりベテランの域(?)に達し、キリッとした態度で学生も静まりかえるほどの先生もいます。他方、穏やかな物腰と人柄、的確な意見・学生へのコメントが卒業したての若者とは思えない落ち着きのある先生も授業を担当。そして対照的に、1階の教室と4階の学科事務室の間を汗だくになって駆けずりまわるぐらい、毎回情熱にあふれた授業を展開する人気者の先生…このように3者3様の個性的な教師陣です。

 3名とも、授業後まで学生からの相談にのったり、学生が企画する遠足に参加して一緒に楽しむなど、手間ひまを惜しまない献身的な仕事ぶりを見せてくれています。彼らにとっても4年間の勉学が報われた形となっていますが、在校生たちにとっても一生懸命頑張れば彼らのようになれるという憧れの存在となり、大きな励みとなってくれているようです。後輩たちが彼らを目指して教師となり、学科に残ってくれれば将来的に現在の教師不足も解消していくことでしょう。

3年生プロジェクト発表風景の写真
3年生プロジェクト発表風景

 日本語学科では、現在3年生 (2期生)、2年生(3期生)、1年生(4期生)が週約20時間 ずつ日本語を勉強しています。2年生の後期までに初級教科書を終え、後期の途中からは中級へと進みます。この段階から週6時間程2~4名で学習したことをレポートにまとめ、発表するプロジェクト型の授業を取り入れています。

 テキストで読んだ情報をもとに資料を調べたりアンケート調査を行ない、その結果をグループで原稿にまとめ発表するのです。これまでに3年生が学習したテーマは、例えば「シリア人とトルコ人の贈り物の違い」、「日本人とシリア人のチャットの使い方の違い」、「男性と女性の本の読み方の違い」など様々です。皆授業中熱心に課題に取り組み、発表の準備をおこなっています。発表に対し鋭い反対意見が出ることもあります。

 このようなプロジェクト型授業を経て、いよいよ4年生では卒業課題に取り組むことになります。来年度から日本語学科では「卒業レポート」が課されることになり、各自が日本文化・歴史・文学・日亜語対照分析など興味ある分野についてテーマを決め、日本語でレポートを作成する予定です。日本語学科を卒業するからには、一人でも多くの卒業生が「日本語でここまでできる(例えばレポートが書ける)ようになった」という実感とともに日本語学科を卒業し、それが今後の活躍の場に繋がっていくよう教師達も労を惜しまず協力するつもりです。

 ダマスカス大学日本語学科の現在の課題は、今後も質の良い学生が入学し、様々な分野で活躍できる優秀な卒業生を輩出するため、まず将来的に学科の主力となってくれるシリア人教師を育成すること、また、シリア国内だけでなく国外にも卒業後の活躍のチャンスを開拓していくことだと考えます。シリア人スタッフが中心となって学科運営ができる日が、できるだけ早く実現するよう今後も協力したいと思っています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
02年9月、シリア最大の総合国立大学に国内初の日本語専攻学科として開設された。将来的にシリアの日本語教育を担う人材を育てることが期待されている。専門家、ジュニア専門家は、授業担当、カリキュラム作成、管理の他、学科運営について学科長と協力しサポートしている。
ロ.派遣先機関名称 ダマスカス大学
Damascus University
ハ.所在地 Autostrade Al-Mezzeh, Damascus, Syrian Arab Republic
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名 ジュニア専門家:1名 指導助手:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
人文学部 日本語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   2002年
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 2002年
(ロ)コース種別
日本語専攻学科
(ハ)現地教授スタッフ
7名(邦人4名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生:48名、2年生:15名、3年生:19名
(2) 学習の主な動機 日系企業への就職希望、日本語教師希望、日本文化・経済等への興味
(3) 卒業後の主な進路 日本語教師、日本企業、大使館、国内企業、中東湾岸諸国企業
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験2級を受験可能なレベル
(5) 日本への留学人数 1~2名程度

ページトップへ戻る