世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) リオの新世代の日本語教師

リオ連邦大学
下橋美和

リオの日本語教育――国語教育から日本語教育へ

リオ連邦大学文学部棟の写真
リオ連邦大学 文学部棟

ブラジルは、日本から地理的に最も離れたところにある国ですが、世界最大の日系人社会を有する国で、その数は130万人にものぼると言われています。ブラジルでは、移民の到着以来、日系人子弟に対しての国語教育が行なわれてきました。しかし、現在では家庭で日本語を用いる日系人が減っているようで、とくにリオでは、日系人の多いサンパウロなどと異なり、日系人でもゼロから日本語を学習する人が多くなっています。

また、アニメやゲーム、音楽など日本文化への興味、あるいは、日本関連の就職希望などから、日本語を学ぶ非日系の学生が増えています。

筆者が教えているリオ連邦大学では、クラスのほとんどの学生が非日系人であり、日系人の学生もゼロから日本語を学ぶ学生がほとんどになっています。

家庭で日本語を用いてきた日系子弟への国語教育から、非母語としての日本語教育への流れは、今後も続きそうです。

リオ州内のその他のおもな機関としては、リオ連邦大学公開講座、リオ州立大学公開講座、日系協会日本語モデル校、各日系移住地の日本語学校、日伯文化協会、その他の民間の日本語教育機関などがあります。

筆者は、リオ連邦大学学内では日本語科での授業などを担当し、学外では、上記のような日本語教育機関の先生方が参加する、リオ日本語教師会や日系協会日本語普及部会などのセミナーなどで、講師をつとめ、会員教師のみなさんの実力向上に役立てるようつとめています。

国語教育の時代に日本語を教えはじめた先生

 以前は、日系子弟への継承語教育という意味合いが強く、この時代に先生になった方々は、日本語の母語話者である日系1世や、家庭で日本語を使ってきた2世がほとんどでした。周囲の子どもをもつ日系のご父兄にお願いされて、日本語を教えることになったという人が多いようです。そのため、日本語教師になるまえに、日本語学や日本語教育について学んだことのあるという先生はなかなかいらっしゃらないようですが、独学されたり、勉強会やセミナーで学ばれたり、また、国際交流基金の研修などに参加するなどして教授力を磨いてこられました。

日本語教育の時代になってから日本語を教えはじめた先生

リオの20代、30代の日本語の先生は、日系人、非日系人ともにほとんどが非母語話者です。この新世代の先生たちは、ほぼ全員がリオ連邦大学日本語科の卒業生で、大学で日本語を専攻し、教育学を学んだ人たちです。なかには、奨学金を利用して、日本の大学で勉強した経験のある先生もいます。

日本語科を卒業するころになると、日本語教師になることを希望する学生は、リオ連邦大学公開講座の採用試験を受け、合格すれば、日本語を教えはじめます。

筆者は、この公開講座の先生たちと「若手講師勉強会」を毎週開いています。初級を教える際に問題になりやすい文法事項について勉強したり、模擬授業をしたりして、若い先生の実力向上を目指しています

また、上級生のなかには、日本語学校の非常勤講師を始めたり、家庭教師として日本語を教えはじめる学生もいます。

このようにして日本語教師としてのスタートを切り、卒業後は非常勤講師として数校をかけもちする先生が多いです。この世代の先生たちもやはり、勉強会やセミナーで学んだり、また、国際交流基金の研修に参加するなどして教授力を磨いています。

このように、新しい世代の先生が、ほぼ全員がリオ連邦大学の卒業生であることを考えると、リオの日本語教育におけるリオ連邦大学の役割が大きいことが改めて感じられ、当校で教える筆者も身のひきしまる思いがします。

リオの日本語教育の今後

日本語科の新入生の写真
日本語科の新入生

このように、リオでは、今後、リオ連邦大学の卒業生が中心になって日本語教育界を引っぱっていくことになるだろうと思われます。若い先生たちの日本語能力の向上、教授力の向上のための努力が不可欠です。筆者も、今後もセミナーや勉強会を通してこれらに貢献したいと考えています。

当地の若い先生がリオ連邦大学の卒業生であるということから考えると、大学教育の質の維持、そしてさらなる向上が望まれます。そのため、日本語科での授業を充実させることで、優秀な卒業生がリオの日本語教育の担い手となってくれることを願っています。
現在の大学の先生方が引退する時期に引き継ぐべき若い人材が足りないなど、不安材料もありますが、卒業生のなかから、サンパウロや日本の大学院へ進み、大学教官として大学に戻ってきてくれる人材がでることを願っています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
リオデジャネイロ連邦大学は、連邦政府管轄下最大の教育・研究機関で、ブラジルの文化的中心地であるリオデジャネイロ州内で唯一、日本語専攻科を有する高等教育機関である。そのため、当日本語科はブラジルにおける日本語教員養成及び日本語・日本文化研究の中心機関としての重要な役割を担っていると言える。
専門家は、日本語科の担当科目の授業・評価などとともに、卒業論文の指導、公開講座の講師の指導などを行う。また、学外で教師会セミナー等の講師や、スピーチ大会の審査員等を務めることもある。
ロ.派遣先機関名称 リオデジャネイロ連邦大学
Federal University of Rio de Janeiro
ハ.所在地 Av. Brigadeiro Trompowsky, S/N, Cidade Universitária, Ilha do Fundão,
21941-590, Rio de Janeiro, RJ, Brasil
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
学科名称
日本語名:文学部 東洋スラブ語学科 日本語科
ポルトガル語名:Faculdade de Letras,
Departamento de Letras Orientais e Eslavas,
setor de Letras Japonesas
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   講座:1979年
学科:1980年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1997年
(ロ)コース種別
日本語・ポルトガル語専攻、副専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤3名(内 邦人1名)、非常勤2名(内 邦人1名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   日本語科約50名
(2) 学習の主な動機 伝統的な文化や、マンガ、アニメ、ゲームなどの現代文化、日本の経済力への関心など
(3) 卒業後の主な進路 日系企業、一般企業への就職、日本語教師、ポルトガル語教師など
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定3級から2級程度
(5) 日本への留学人数 0名

ページトップへ戻る