世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 香港日本語教育事情


香港大学
東美由紀

日本語学習環境

街でよく見かける日本語の看板の写真
街でよく見かける日本語の看板

香港は日本語に触れようと思えば、いくらでも触れられる恵まれた環境にあるといえる。街にはそこここに日本料理店があり、テレビでは日本のドラマが放送され、CDショップではほぼリアルタイムで日本の歌が売られている。日本製品には(なぜか時折日本製品以外にも)日本語の商品名や説明が書かれ、むしろ日本語を全く見ない生活のほうが難しい。日系企業や香港在住日本人も多く、香港の人々にとって日本はかなり身近な国の一つである。

しかし、子供の頃から日本のものには慣れ親しんでいても、日本語に親しんでいる子供はそれほど多くない。これは、香港特別行政区では、まず初中等教育段階で、「二文三言語」(書き言葉としての中国語・英語と、話し言葉としての広東語・中国語・英語)の教育に力を入れる必要があり、他の外国語教育はほとんど行われていないからである。とはいえ、世界中から人が集まる香港で、中国語・英語に加えてさらに他の外国語ができるメリットは大きく、大学または民間の語学学校で他の外国語を始める学習者が多い。その中でも日本語は人気が高く、数ある外国語コースの中でも日本語が一番人気だそうである。

派遣専門家の仕事と学生気質

専門家の研究室(2名で1室)の写真
専門家の研究室(2名で1室)

さて、私は派遣先機関である香港大学で、今年は学部主専攻の2年生の必修である「日本語II」という科目を担当している。現地採用の日本人教師と共に、カリキュラムデザインから試験や教材作成等、コース運営に関わる全てを任されている。香港大学は設備的には非常に恵まれており、各教室にはビデオやOHPが完備され、学生用のAVルームやコンピューター室、職員用の図書室がある。教員用には個室または二人に1室、研究室が与えられ、まさに至れり尽せりである。しかし、各学科に割り当てられる予算は大変厳しく、我が日本研究学科も毎年教員確保に頭を悩ませている状況だ。

学生の特徴はというと、日本で流行のファッションや歌、アニメやドラマなどには詳しいが、普段はしっかり大学生活を楽しみ、試験の前には必死に勉強するという日本の大学生のような学生が多い。しかし、彼らは一旦やる気になれば、上達は早く、一年の交換留学や夏の短期留学から帰ってくると、驚くほど日本語がうまくなっていて、学生達の能力の高さを実感させられる。

大学での仕事のほかに、日本語能力試験の運営のお手伝いや香港日本語教育研究会の研究会やシンポジウムへの参加、スピーチコンテストの司会なども専門家の重要な仕事であるが、割合としては9割以上が大学でのコース運営に関する仕事である。

国際交流基金派遣の終了

残念ながら、これまで1986年以来16年間続いた、国際交流基金の日本語教育専門家の派遣は今回の私の任期満了をもって終了することになった。前任者達の成果をさらに推し進めるべく、微力ながら私も香港の日本語教育の充実に努めてきた。これからも一層、香港の日本語教育が発展していくことを心から願っている次第である。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
香港大学は香港中文大学と並んで歴史の長い大学であり、比較的早い段階から日本語教育を行ってきた。日本研究の学位が取得できる貴重な日本語コースとして、多くの卒業生を政府関係機関、日系企業、一般企業等に輩出している。現在は日本語教育を実施する大学も増え、民間の語学学校でも気軽に日本語が学べるようになったが、当大学が香港の日本語教育に果たす役割は依然として大きいと言える。専門家は日本語講座での日本語教授、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地教師の育成等を行う。
ロ.派遣先機関名称 香港大学
The University of Hong Kong
ハ.所在地 Pok fu lam, Hong Kong
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
学科名称
文学部日本研究学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   講座:1979年
学科:1985年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1986年
(ロ)コース種別
主専攻(必修・選択)、選択(他学部学生)、特別(教職員)
(ハ)現地教授スタッフ
常勤9名(うち邦人5名)、派遣助手2名(うち邦人2名)、
日本学教授スタッフ8名
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   学部198名、
大学院17名(修15・博2)、
他学部787名
(2) 学習の主な動機 留学、就職、大衆文化(歌謡・マンガ)や日本語そのものへの興味
(3) 卒業後の主な進路 一般企業、日系企業、公務員、教員など
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験3~2級合格程度
(5) 日本への留学人数 短期44名交換14名

ページトップへ戻る