世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) わたしたちの仕事

国際交流基金北京日本文化センター
執筆者名: 専門家 小西広明

国際交流基金北京日本文化センター所属の日本語アドバイザーはわたしで3代7年目。平成17年度からはジュニア専門家も配属されています。ここは自前の講座がないせいもあって、毎日どんな仕事をしているの?とよく聞かれます。

わたしたちはここで、先生方の日本語のブラッシュアップや教授能力向上のための研修会、カリキュラムや教材、教授法などに関するアドバイス、各地のネットワーク形成の支援、中国の日本語教育に関する情報の収集と発信などを主な仕事にしています。

1.大学非専攻課程の支援

2003年の国際交流基金の調査によると、中国で日本語や日本語教育関係の学士号を授与する機関は195機関もあって、これは世界で一番多いのだそうです。高等教育機関に在籍する学生数は205,841名もいます。ただこのうち90%程度は、実は日本語が専攻ではなく、第1第2外国語、第2専攻などとして日本語を勉強している人たちです。こうした「大学でちょっとだけ日本語を勉強する人たち」という層は、中国の対日世論を形成する上でも大きな影響力を持つ人たちです。彼らの学ぶ場をもう少し整えるお手伝いができないかと考えています。具体的には、「非専攻課程で教える先生方を中心とした研修会」「研究発表の場としての紀要の創刊」「カリキュラムや教材の整備開発」「既存のスキームを活用した訪日研修」などです。

2.黒竜江省鶏西市への集中支援

黒竜江省鶏西市というところを知っていますか。ロシア国境に近い市街地人口約40万人足らずの炭鉱都市です。日系企業は1社もなく、在留邦人もほとんどいないこの町で、私が訪れた2月には約1万5千人の若者が日本語を学んでいました。実はここには私立の日本語学校が15校以上もあり、学費寮費合わせて年間約3000元(約45000円)ほどで日本語が学べる街として有名なのです。こうした街は中国でも、いいえ、世界でも珍しいのではないでしょうか。ここで学んだ学生の多くは日本語能力試験2級に合格し、給料の高い日系企業への就職を目指します。街にとっても日本語教育関連事業は一大産業になりつつあるそうです。

ビジネスのための日本語、大学受験科目としての日本語、アニメをもっと楽しむための日本語、中国での日本語教育にはさまざまな側面がありますが、この街での取り組みも日本語教育の新しい方向性と可能性を示すものだと思います。

執筆者名:ジュニア専門家 吉田佳未

2005年の8月に初代ジュニア専門家として赴任しました。現在わたしが担当しているジュニア専門家業務の中からいくつかの仕事について紹介します。

中国国内の日本語教師のためのホームページ「新215教師」

中国はとても広大な国です。ですから、北京にいるわれわれ日本語教育チームは仕事とあらば北へ、南へ、東へ、西へと日々奔走しています。そんなわれわれにとって強い味方になってくれるのが「215教師」ホームページです。日本語教育チームでは日ごろなかなか会えない中国各地の先生たちにこのホームページを通して研修会などのイベントの案内や報告、日本語教育チームの活動など、最新の日本語教育情報をお伝えしています。

このホームページが始まったのは2003年9月ですが、2005年夏以降サーバーの不調などもあり、2006年7月にやっと念願のリニューアルオープンを果たすことができました。実際に顔は見えないけれど、ホームページを通じて全国の先生たちのお役に立ちたいと思っています。「新215教師」を皆さんどうぞよろしくお願いします。

215教師ホームページはこちらhttp://www.jpfbj.cn/Education08_j.asp

教師研修会

2006年3月に、山東省の済南において課程教材研究所と国際交流基金北京日本文化センターの共催で中等教育機関の日本語教師のための研修会を行いました。内モンゴル、深セン、西安、北京、上海など中国各地から50名ほどの先生たちが参加しました。

メインは、教科書の1課を6コマの時間を使ってどう教えるかという「6コマ連続模擬授業」でした。前課の復習から課のまとめの小テストまですべてひっくるめた模擬授業は、見ている先生たちにとっていい刺激・勉強になったことと思います。

また、日ごろ抱えている教育上の問題についてグループで話し合ったり、自己紹介&所属先の学校紹介のプレゼンテーションをしたりという活動も行いました。

あっという間に3日間の研修会は終わってしまいましたが、他の学校の授業や活動、自分以外の先生たちの考え方に触れることで、参加した先生たちはそれぞれ何かを学び取ってくれていたようでした。

来年もまた研修会を開催する予定です。次の研修会ではどこの町のどの先生に会えるのでしょう・・・。今から楽しみにしています。

日本語サロン・日本語発表会

日本語サロンの参加者たちの写真
日本語サロンの参加者たち

毎月第二金曜日の午後、国際交流基金北京日本文化センターのホールで「日本語サロン」(日本語学習者と日本人の会話サロン)を行っています。この日本語サロンの特色はなんといっても参加者の多様性だといえます。参加者は学生のみならず、社会人、すでに退職した方などさまざまで、よって出てくる話題もバラエティーに富んでいます。

サロンの後には、北京日本語教師会主催で日本語発表会も開催しています。朗読大会、スピーチ大会、クイズ大会、カラオケ大会などを月がわりで行い、学習者の自己実現の場として好評をはくしています。

また、毎月第二金曜日は、日ごろデスクワークが多い筆者にとっても直接学習者や先生たちと触れ合える貴重な場となっています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
1999年度より専門家を1名,2005年度よりジュニア専門家を1名派遣している。専門家・ジュニア専門家は各種教育機関・団体と情報交換をおこないながら現地の日本語教育事情の把握に務め、また、中国各地で教師研修会・セミナー・ワークショップ等を実施し、カリキュラム・教材・教授法など各層の日本語教師に対する助言・支援などの活動を行っている。さらには、他地域派遣の専門家・ジュニア専門家とも協力しながら、教師会など各地の教師の自主研修の奨励、教師間のネットワークの形成促進にも力を注いでいる。
ロ.派遣先機関名称
The Japan Foundation, Beijing.
ハ.所在地 8th Floor, No.2 CITIC Building,
19 Jianguomenwai Ave., Beijing 100004
CHINA
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名 ジュニア専門家:1名

ページトップへ戻る