世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 1万5千人の……

国際交流基金北京日本文化センター
松浦とも子 佐藤修

2009年度の海外日本語教育機関調査)【PDF:230.57KB】 によると、中国の日本語……は約1万5千人。この……に入るのは学習者数ではありません。1万5千人というのは教師の人数です。それは全世界の日本語教師約5万人のうちの30%以上を占め、他の多くの国の学習者数を大きく超えています。そのため中国では特に、国際交流基金の限られた資源(リソース)をいかに有効に使うかが問われていると考えています。

今回は、そんな中国で働く専門家の仕事を、普段気を付けている3つの点から振り返って、いくつかご紹介したいと思います。

まず1つ目は「改善」。これまでの専門家が積み上げてきたものを生かして、より発展させていくということです。北京日本文化センターへの専門家派遣が開始されて10年以上経っていますので、「私」が一人で新しいことを始めるよりも、どうしたら「チーム」として力を最大限に発揮できるかを意識しています。

グループで熱心に話し合う様子の写真
グループで熱心に話し合う様子

その具体例としてひとつご紹介したいのは、現在毎週行っている通称「木曜講座」です。これは2009年度にこのページでご紹介した「日本語教育研究講座」を発展させたもので、日本語教育指導者の養成を視野に入れた3ヶ月の講座です。2010年度から北京日本学研究センターという中国側の機関と共催することで「現地化」への道をつけたと言えると思います。2011年度は要望に応え、講義の量を増やしました。より良い講座を目指して改善し続けています。

この研修は、これまでの専門家が長い時間をかけて、各地域での巡回指導を行い、全国研修会を開き、地道に、しかし着実に積み上げてきた蓄積があったからこそ到達できた理想形のひとつだと考えています。今後は、JF日本語教育スタンダードを活用してさらに内容を充実させていきたいと話し合っています。

この研修には専門家としての仕事の意義だけでなく、喜びもあります。ここには、研究活動だけでなく教育実践に対しても意識の高い先生方が、普段の授業準備や論文指導、研究や家事・子育てにと、非常に忙しい中をなんとか時間をやりくりして参加してくださっているのですが、そうした先生方に、「普段の教え方を振り返ることができた」「他の先生から多くを学べた」「宿題が大変だったが、役に立った」などとおっしゃっていただけると、いつもの仕事の忙しさも疲れも吹き飛びます。

次に、普段の研修や講演で気を付けている2つ目の点は「笑い」です。もちろん、提案する教授法の内容こそが最も重要なのですが、何を言うかだけでなく、どう伝えるかで聴衆の皆さんの反応は大きく異なりますので、新しいことをお伝えするときは特に、リラックスした雰囲気を作り出すことを心がけています。バランスが難しいのですが、「ふざけているわけではないのに、おもしろかった」という伝え方を理想としています。(この文には笑いがないけど?というツッコミは置いておいてください。)

最後に3つ目のキーワードとして挙げたいのは「連携」です。各学校や各地の教師会、JICA青年海外協力隊の方々を「つなぐ」仕事についてです。

全体での議論も活発に行われるの写真
全体での議論も活発に行われる

この仕事では出張を多くします。出張はいろいろと大変なことも多いのですが、嬉しいのはたくさんの日本語教師の方とお会いできることです。経済的な見返りなど顧みず学習者のためにとことん尽くす方、自分の職場だけで良しとするのではなく、近くの教師と協力し合っていくことで地域の日本語教育を盛り上げていこうとする方など、自分のことだけでなく多くの人に喜んでもらいたいと願う「志」のある方たちが、中国の日本語教育を支えていらっしゃるのだと実感します。

例えば、同じ地域に複数で派遣されている協力隊員の方たちが教師会を立ち上げるのをお手伝いしたり、すでにあるが停滞気味の教師会を、活性化させるのを支援したりしてきましたが、協力させていただくと同時に、こちらも関係者の皆さんの情熱に影響を受け、力を分けてもらっています。喜んでもらえて、しかも自分たちも嬉しいという、教育分野の仕事に共通した素晴らしさがあります。

以上のような仕事を効果的に行うために、具体的な道具として「215教師ML」というメーリングリストも利用しています。広大で、かつ人口の多い中国では、ともに頑張る先生方に簡単にお会いすることはできませんが、インターネットを介し、いつでも連絡を取り合うことはできます。また、日常生活で実際に使用されている日本語を教室での授業に生かしてもらえるように、生教材の活用法の提案などもこれまで同様続けていきたいと考えています。さらに今後はHPでの情報発信を強化し、各研修会の内容も見られるようにしていく予定です。

1万5千人の日本語教師の方々の先にいる約83万人の学習者の皆さんにも、熱い想いが届くことを信じて活動しています。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
The Japan Foundation, Beijing
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
中国の日本語教育事情についての情報収集のほか、中国各地で教師研修会を実施し、カリキュラム・教材・教授法など各層の日本語教師に対する助言・支援などの活動を行っている。また、教師会など各地の教師の自主研修の奨励、教師間のネットワークの形成促進にも力を注いでいる。教師研修会には、全国大学日本語教師研修会、全国高校日本語教師研修会、訪日研修参加者フォローアップ研修会、及び巡回指導型研修会などがある。2009年度より社会人向け日本語入門講座も開講。ニューズレター『てふてふ』を年に4回発行。
所在地 #301, 3F, SK Tower Beijing, No.6 Jia Jianguomenwai Avenue, Chaoyang Beijing, CHINA, 100022
国際交流基金からの派遣者数 上級専門家:1名、専門家:1名
国際交流基金からの派遣開始年 1999年
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る