世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 日本語の輪から交流の輪へ

国際交流基金ソウル日本文化センター
三原龍志、天野千春

わかりやすく楽しい授業を行うため、中学校・高校の先生方は、日夜努力を重ねています。

今回は当センターの事業の中から、そうしたガンバる教師たちを対象とした研修を中心に報告いたします。

(一般を対象とした「日本語講座」に関しては、2004年度の報告をご参照ください)

授業のヒントや情報の交流の場を作る

ご存知のように、中学・高校で日本語を教えている教師の数は、韓国が世界で最も多い国です。当センターではその先生方をさまざまな形で応援していますが、ここでは、研修の実施と各地域の教師会への支援についてご紹介します。

当センターで実施している研修は、次の通りです。

ソウル日本文化センター実施している研修の図

(1)は夏季と冬季の休みに行われている5日間・合計30時間の研修で、毎回40名の教師が参加しています。

内容は年度ごとに違い、これまで扱った主なテーマは「補助教材」「日本文化」「文字、語彙、会話」です。日本文化体験の時間(茶道/日本人ボランティアとの料理実習)なども設けられていますが、研修の主な流れは以下のとおりです。

授業の振り返り設定された教え方に関するテーマに沿った講義&ワークショップ同テーマに沿って教育現場に役立つ活動例の発表

研修で学んだことを実践に生かす高校教師の写真
研修で学んだことを実践に生かす高校教師

(2)は学期中(前期と後期の2期)に行われている週1回X10週・合計20時間の研修で、募集定員は各コース20名ずつです。教授法関係の2コースでは現行の第7次教育課程を踏まえ、具体的で実践的な授業の方法や教材例を扱い、「教師のための日本語コース」では、教育現場で参考になるような活動例を紹介しながら、参加者自身の日本語力を高めることを目標としています。

いずれの研修もソウル特別市教育庁より職務研修として認定されています。

教師のネットワークの場を共有する

韓国は「1特別市、6広域市、9道」という地方行政区から成り立っていますが、各地区には中学・高校の日本語教師を中心とする教師会があります。活動内容は会ごとに違いますが、どの会も会員対象の研修の企画運営、研究授業、教材制作などを行っており、またそれらの活動を通して会員間のネットワークの構築、教授力の向上を図っています。さらにこれらの上位組織として「韓国日本語教育研究会(全国連合会)」があります。(当センターのニュースレター『カチの声』に記事が掲載されています)

当センターでは、これらすべての教師会に対して、経済的な支援やセミナー等の会場提供、研修や教材制作への講師の出講、協力などの形で支援をしています。

外との交流の場を作る

「センター訪問」で日本人講師と談笑する高校生の写真
「センター訪問」で日本人講師と談笑する高校生

当センターは、日本語教師を目指している人、仕事で日本語を必要としている人、学校で勉強をしている人たちが訪れる場所でもあります。

月に1回開かれる「日本語教師サロン」では、「ボランティアのための日本語の教え方講座」と題し、さまざまな現場で日本語を教えている教師たちが情報交換をし、共に学べる場を提供しています。

また、随時受付をしている「センター訪問」ですが、今年に入ってからは、陸軍情報学校日本語課程の学生さんたちや、女子高校の生徒さんたちが当センターを訪問されました。当日のプログラムは訪問される方の希望に合わせ、(1)施設見学 (2)ビデオ鑑賞 (3)日本語体験授業などを組み合わせた構成となっています。(1)施設見学に含まれている「文化情報室(蔵書数:1万点以上)」は一般に開放されており、熱心に調べ物をしたり、ビデオを見たりする利用者の姿が絶えません。

センターHPを通して広く情報提供する

センターHPでは、日本に関する連載記事を掲載しています。以下に挙げたのは、現在連載中の日本語教育に関連する記事です。そのほか温泉、駅弁、映画などの記事も掲載されています。

『こんにちは授業核心ガイド』 『今すぐ使える日本語』

過去に連載した記事

『ティーム・ティーチング事例集』 『先生、これが知りたい』
『目と耳で学ぶ日本語』 『教師の共有フォルダ』
派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
韓国の日本語教育全般を的確に把握するため、資料収集、現状調査を行うとともに、教師を対象とした支援を大きな柱とした各種支援を実施する。
具体的には、各種中等日本語教師研修、地方高校教師研究会セミナーへの出講及び研究プロジェクトへの協力、中学校高校への訪問授業等である。また、学習者向けには、日本語能力試験1級合格レベルの者を対象とする上級講座を前・後期制で開講している。さらに韓国全土に向けてホームページや電子ニュースレター等の媒体を活用した情報提供にも配慮し、ソウルと地方の情報格差をできるだけ小さくする努力も行っている。
ロ.派遣先機関名称
The Japan Foundation. Seoul
ハ.所在地 Hungkuk Life Insurance Bldg. 3F, 226,
Sinmunno 1-ga, Jongno-gu Seoul 110-061, Korea
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:2名(嶺南地域担当除く)

ページトップへ戻る