世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 西オーストラリアの日本語教育

西オーストラリア教育省
村野 節子

日本語教育事情

日本語教育は他の州と同じようにその約97%が初中等教育機関で行われています。LOTE政策(Languages Other Than English)により日本語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、アボリジニ語、中国語、ベトナム語、スペイン語のいずれかを選択することが義務付けられています。外国語学習を始める時期は学校によって違いますが、小学校3年から10年(小学校3年から中学3年/高校1年に相当)までが必修になります。現実には、ほとんどの小中学校では一カ国語の外国語のみを学習し、多くの高校では2~3カ国語の外国語の中から選択することになります。日本語はイタリア語、インドネシア語についで学習者が多い外国語です。

LOTE教師のいない地方の生徒のためにSIDEと呼ばれる遠隔地教育センターが電話とコンピュータを使って通信教育を行っています。ここでは教師が独自の教材を開発しビデオを通した授業をしています。このシステムで約630人の生徒が日本語を学んでいます。

日本語アドバイザーの業務

  • ニュースレターの発行
    各学期毎に日本語を教えている初中等学校にニュースレターを発送します。内容は教材紹介、セミナー、ワークショップ、イベントなどの案内、アクティビティ紹介、日本語関連のウエッブサイトの紹介など、直接会えない先生方に情報の共有ができる唯一の場です。ですからニュースレターには、できるだけ多くの情報を載せるようにしています。
  • 学校訪問
    先生方からの要請、もしくはアドバイザーから連絡して学校訪問をします。今年の4月からは日本文化紹介だけでなく、学校訪問を生徒の日本語能力を確認する場としても捉えていこうということになりました。
  • セミナー
    毎年5月にシドニーの国際交流基金との共催で教師自身の日本語のブラッシュアップを目的として、兵庫文化交流センターでセミナーを開きます。今年は多くの先生に参加してもらえるよう同じ内容のものを2日間開きました。西オーストラリアではこのセミナーが唯一の大規模なものです。参加する先生は自分たちの授業に直結した内容、アクティビティを習いたいというニーズが非常に高く、その声に応えるためにもっと多くのセミナーの開催が必要だと感じています。
  • 日本語教育促進のためのイベント企画運営
    毎年1回9月にひらがな・カタカナコンテストを開きます。アドバイザーが中心になり有志の先生方と委員会を作り、カルタ、しりとりブロック、絵カードなどの部門にごとにコンテストを行っています。生徒と先生が共同作業で行うこの催しは文字に興味を持たせるよい機会になっています。
  • 外国語映画祭の企画運営
    毎年8月に教育省が行うNational Language Weekに合わせてLOTEの主要言語(今年はイタリア語、日本語、フランス語、ドイツ語、中国語)の映画を上映します。企画運営をイタリア人アドバイザーと二人で行います。LOTE全体の広報活動として大きな役割を果たすようになってきています。
  • 質問、問い合わせの対応
    日本語に関する質問から、さまざまな研修についての問い合わせ、ホームステー先での悩み相談までありその対応に追われることもあります。日本関係の窓口の役割を担っています。
  • その他
    領事館からの要請でスピーチコンテストの審査員、JETプログラムの選定委員なども務めます。

小学校8年生の授業風景の写真
小学校8年生の授業風景

セミナー風景の写真
セミナー風景

今後の課題

西オーストラリア州では11、12年生用高校終了時の試験のためのシラバスはありますが
3-10年生用にはOutcomes and Standard Frameworksという各段階での目標結果を示したものしかありません。従って教師は目標結果達成のために各自で指導計画を立てます。しかし、シラバスがないので教師によって成果にばらつきがあるという問題が顕在化しています。

西オーストラリアの場合は、研修の機会が他州に比べ極端に少ないのが現状です。アドバイザーとしてできることは、学校訪問の際に日本語重視のアクティビティ紹介を行い、少しでも日本語はおもしろいという感覚を生徒に持ってもらうことだと思います。また、研修の機会を増やす方向で働きかけを行っていく必要性を感じています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
専門家の所属するカリキュラム指導課は 州内の公立初等中等教育機関のカリキュラムに関わる政策を実施する部署である。11の科目があり専門家の属するLOTE(英語以外の言語)もそのひとつである。現在西オーストラリア州ではアボリジニ語、インドネシア語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、日本語、スペイン語が選択できるようになっている。LOTEカリキュラム指導課はどの学校でどの言語が選択できるかを把握してホームページ上で公開している。国際交流基金からの専門家は1998年から継続して派遣されている。
ロ.派遣先機関名称 西オーストラリア教育省
Department of Education and Training of Western Australia
ハ.所在地 151 Royal Street, East Peth, WA 6004 Australia
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名

ページトップへ戻る