世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ニュージーランド・中等教育における日本語教育

ニュージーランド教育省
千馬智子

 ニュージーランドは、日本の国土の約3/4の面積に約400万人の人が暮らしています。多文化・多民族国家として認識されているニュージーランドですが、北島と南島では人種の比率もかなり違うと言われています。実際に学校訪問をしてみると、オークランドの学校にはアジア系の移民やパシフィカ系の学生が目立ちます。日本語のクラスの半数以上が、中国や韓国といったアジア系の学生であることもあります。南島ではパケハと呼ばれる白人系の学生が多いです。(パケハはマオリ語で外国人の意味だが主として白人をさす)しかし、クライストチャーチでは13年生の日本語クラスの半数を日本人留学生が占めていたケースもありました。

アクションで学ぶ学生たちの写真
アクションで学ぶ学生たち
(教室前方はスマートボード)

 ニュージーランドの教育制度では、5歳の誕生日に入学し、小学校は6年生(10歳)まで、9年生(13歳)から高校生となります。7/8年生はIntermediateとして独立した学校である場合もあるし、小学校か高校に含まれている場合もあります。2007年に発表され2010年から実施されている新ニュージーランドカリキュラム(以下NZC)では、日本語や中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語などが英語から分離され外国語として一つの教育分野として独立しました。そして各学校は7年生から10年生の学生に母語以外の言語の学習機会を提供しなければならないとされています。しかし卒業単位としては学生にとっては必修ではなく、あくまで選択科目のひとつとなります。また、どの外国語を何時間ぐらい勉強するかは各学校に任されています。例えば9年生で日本語、フランス語の2つの言語のどちらかを学生が自由に選択でき1年間学習する学校もあれば、1学期は日本語、2学期はフランス語など学期ごとに4つの言語を学習するといった学校もあります。学生に選択権があるかどうか、いくつの言語を提供するか、各言語を何時間学習するかなどは一切、各学校によって決められます。

 日本語は現在のところ、中等教育ではフランス語に次いで学習者が多い言語ですが、徐々に学習者数が減少しています。また、9年生では言語を必修科目としている学校も多いのですが、10年生では選択科目となる場合が多く、10年生以降どの学校でも学習者数の落ち込みが見られます。最終学年の13年生になると国家資格試験National Certificate of Educational Achievement(以下NCEA)レベル3の試験を受験しますが、これが大学進学の選考基準とされるため、他の科目と比較して高得点が取りにくいと考えられている言語を学習する学生はますます少なくなります。10年生以降の学習者数をどのように維持していくかは、各言語に共通した課題の一つとなっています。

 また、2011年は昨年から実施されているNZCに基づいてNCEA レベル1が新方式になり、会話、作文などはEポートフォリオとして年3回の提出が義務付けられ、先生たちはワークショップなどに参加して実施方法などを学んでいます。NZCは本当に素晴らしい内容なのですが、どちらかといえば進むべき方向、理想を示したもので、それを実際に教室活動でどのように実践していくかは各教師の力量にまかされているのが実情です。このNZCを実践していくための教師研修もNZ国内3か所で行われています。

 NZの中等教育の日本語教師は非常に忙しく、週20コマ以上担当している場合が普通です。その他にその学校の日本人留学生などの担当である場合も多いです。今年はNCEAの方式が一部変更になるので、先生たちにとっては大変忙しい1年になっています。

サウスランド地区スピーチ大会各学年優勝者と先生の写真
サウスランド地区スピーチ大会
各学年優勝者と先生
(男子生徒が独占しました!おめでとう)

 学習者が年若いので、先生たちは学習項目を歌にする、アクションをつけるなど創意工夫して教えています。地域のスピーチコンテストなども先生たちの自主性によって運営されています。このように一人ひとりの先生たちの努力と熱意によって日本語教育が支えられているのだと強く感じます。今年、先生たちはNCEAで頭がいっぱいといった感がありますが、そのような中でどのような研修が最も有益か、私もアドバイザーとして頭を痛めています。多くの先生たちと実践の成功例や有益な情報を共有し、協力し合うことによって日本語教育を継続的に支えていくことが必要です。

 NZの日本語学習者数は3万人程度で、そのほとんどが初等・中等教育での日本語学習者です。しかしその後JETプログラムなどで日本へ行き、日本滞在の経験を持つ人も少なくありません。実際私の業務関係者の中にも、日本滞在経験者が数名います。これは、今日まで日本政府が経済的負担を続けて日本語教育、また日本理解への支援を続けてきた結果だと言えます。アドバイザーとしての私の任務は、このように育ってきた日本語学習環境を維持すること、水をまき続けて豊かな実りを絶やさないように、ニュージーランドの先生たちと協力して努力を続けることだと思います。

参考:ニュージーランドカリキュラム
http://nzcurriculum.tki.org.nz/Curriculum-documents/The-New-Zealand-Curriculum

派遣先機関の情報
派遣先機関名称 ニュージーランド教育省ILEP
Ministry of Education, New Zealand (ILEP: International Languages Exchanges and Pathways)
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
ILEPはオークランド大学傘下のUniServicesという組織の一部で、2011年からNZ教育省の委託を受けて、ナショナルアドバイザー業務と言語関係交換プログラム業務などを担当している。現在、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、そして日本語のナショナルアドバイザー(以下NA)が所属している。各NAは学校訪問、教材提供、地域アドバイザーと協力して教師研修会を開催するなどして、初等・中等教育の外国語学習を支援している。
所在地 Level 6, Willeston House, 22-28 Willeston St. Wellington 6011
国際交流基金からの派遣者数 上級専門家:1名
国際交流基金からの派遣開始年 1987年

ページトップへ戻る