世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ブルネイにおける日本語教育(2004)

ブルネイ教育省
西原潤

ブルネイ中心部の写真
ブルネイ中心部

生涯教育課のある建物の写真
生涯教育課のある建物

ブルネイは世界で3番目に大きな島であるボルネオ島北西部にある。正式な名前をNegara Brunei Darussalamという。これは「平和の棲むところブルネイ国」という意味である。その名の通り、ブルネイは太陽と自然があふれた平和な国である。赤道から433kmしかはなれていないため、一年中夏である。雨が多く降り、国土の85パーセントが熱帯雨林に覆われている。そこには珍しい動物や植物がたくさん生息している。マレーシアのサバ州とサラワク州の間辺りに位置しているが、周りをすべてサラワク州に囲まれている。今では面積5765平方キロメートル(茨城県より小さい)と小さい国であるが、かつてはボルネオ島全体とフィリピンの一部を支配していた。ボルネオという名前も実はブルネイから来ている。14世紀からイスラム教を取り入れていて、今ではマレー、イスラム、国王が国是となっている。1984年に独立した。石油と天然ガスを産出し、国民の生活レベルは高い。税金もなく、医療、仕事、家、車など福祉政策も充実し、教育にも力が入れられている。このように国王の下、国民は何の心配もなく毎日を楽しく過ごしている。理想的な国である。人口は約30万人で、内訳は約7割がマレー人、2割弱が中国人で、その他が原住の民族と外国人労働者となっている。公用語はマレー語だが、英語も広く使用されている。

日本語は教育省とブルネイ大学で教えられている。教育省では1986年から日本語が教えられていて、翌1987年から国際交流基金により日本語教育専門家が派遣されている。現在6人目の専門家が日本語を教えている。一方、ブルネイ大学では外国語センターというところで2001年から日本語が教えられている。

教育省の日本語講座は技術教育局生涯教育課が主催している。この生涯教育課は、ブルネイ市民の生活水準を向上させるため、非公的な教育と訓練を通じ、知識や技術や態度や価値観の向上をすることにより、ブルネイ市民の必要に応じた教育の機会を継続して提供する一般成人を対象にした夜間講座を主催する仕事をしている。夜間講座には、数学、会計、地理、マレー語、英語などのAレベル、Oレベルの科目のクラス、建築など都市計画のクラス、タイピング、速記などの商科のクラス、料理、裁縫、刺繍、フラワーアレンジメントなどの家政のクラス、障害者教育など福祉のクラス、イスラム教のクラス、そして外国語のクラスなどがある。対象は一般成人で、名前の通り、講座は高校の教室などで夜間に開かれている。外国語講座は日本語、中国語、アラビア語のクラスがある。

日本語のクラスは生涯教育課がある建物の中の講堂で行われている。レベルは3レベルあり、クラス数は5クラスである。受講者数(登録者数)は全クラスあわせて約150人である。受講者の年齢は多岐にわたるが、若い人が多い。ただ、レベルが上がるにつれて、年齢層も上がっていく傾向がある。性別では圧倒的に女性が多い。これも、レベルが上がるにつれて、女性の割合がさらに多くなり、日本語3(一番上のレベル)のクラスでは全員が女性となっている。受講者の日本語の学習動機は「趣味」である。ブルネイには日本人はほとんどいない。住んでいる人はもちろんのこと、旅行者もほとんどいない。また、日本企業もほとんど進出していないので、日本語を実際に使用することはない。いつか日本を旅行するかもしれない、その日のために、3年間ゆっくりと楽しんで日本語を勉強しているのである。日本でブルネイ旅行を夢見て、マレー語を学習するのに似ているかもしれない。

日本語のクラスは、とてものんびりとしている。受講者たちは、毎週、ゆっくりと楽しく日本語を勉強している。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
1986年に教育保険省の社会教育事業の一環として日本語講座が開講される。ブルネイには1987年から国際交流基金により日本語教育専門家が派遣されている。教育省技術教育局生涯教育課の講座は、ブルネイ市民の生活水準を向上させるため、非公的な教育と訓練を通じ、知識や技術や態度や価値観の向上をすることにより、ブルネイ市民の必要に応じた教育の機会を継続して提供するもので、一般成人を対象にした夜間講座である。講座には一般社会人、学生など様々な学習者が在籍している。2002年より国際交流基金派遣日本語教育専門家の所属先が在ブルネイ日本国大使館からブルネイ教育省技術教育局(生涯教育課)に移管された。
ロ.派遣先機関名称 ブルネイダルサラーム国教育省技術教育局
Department of Technical Education, Ministry of Education, Negara Brunei Darussalam
ハ.所在地 Adult and Continuing Education, Department of Technical Education, Ministry of Education.
Blok J, Simpang 347, Jalan Pasar Baharu Gadong, Negara Brunei Darussalam, BE1310.
ニ.国際交流基金派遣者数 日本語教育専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
学科名称
ブルネイダルサラーム国教育省技術教育局生涯教育課外国語日本語
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1986年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1987年
(ロ)コース種別
日本語1、日本語2、日本語3
(ハ)現地教授スタッフ
なし
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   日本語1:90名、日本語2:33名、日本語3:12名
(2) 学習の主な動機 趣味
(3) 卒業後の主な進路 なし
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験4級程度
(5) 日本への留学人数 なし

ページトップへ戻る