世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 西ジャワ州における青年日本語教師の業務

西ジャワ州地域派遣
藤島夕紀代

西ジャワ州の概要

 西ジャワ州には日本語教育実施高校が約90校あり、日本語教師は100名以上います。特徴としては、正課以外の追加科目(選択科目)や課外活動として日本語を教える学校が年々増加していることが挙げられます。

青年日本語教師の業務

 インドネシアにおける青年日本語教師(以下、青年教師)の業務は、(1)配属校での日本語教育指導、(2)派遣地域のインドネシア人高校教師(以下、現地教師)支援、(3)高校日本語教師研修への協力、(4)高校用日本語教材作成への協力、(5)日本語教育に関する情報収集などとなっています。その業務内容は多岐にわたっていますが、ここでは配属校業務、現地教師支援としての高校日本語教師会支援および地域別小研修について述べてみようと思います。

配属校業務

SMKSandhyPutraの写真
SMK Sandhy Putra

 青年教師は配属校の現地教師に対して、授業の進め方を中心とする日本語教育に関する指導を行っており、これが第一の業務となっています。
私は今年度、マルガハユ第1国立高校とサンディ・プトラ観光専門私立高校に配属になり、両校で週に1回ずつ授業見学と授業実施をしています。

 マルガハユ第1国立高校ではインドネシア国家教育省から出された2004年度シラバス(学習項目)を試用しています。シラバスを基に、授業計画や会話例を作成し、どのようなコミュニケーション活動を取り入れたら生徒が楽しく日本語を覚えられるかを考えながら教案を作成し、授業を行っています。

 また、これまでインドネシアでは、青年教師は一部の地域を除いて普通高校のみに配属されてきましたが、今年度は専門高校の教科書を試用するために、観光専門高校にも配属になりました。私の配属するサンディ・プトラ観光専門私立高校では、観光サービス業務専攻の生徒がガイドになるための日本語を学習しており、ここでの授業は会話練習を多く取り入れたより実践的なものになっています。

高校日本語教師会(MGMP)支援

 インドネシアには各州の教育省が認めた高校日本語教師会(MGMP)がありますが、この活動を支援することも大切な業務の1つです。西ジャワ州では勉強会を兼ねた会議が3ヶ月に1回の割合で行われていますが、ここでは今年度から始まった「スピーチ」と「会話の授業」について紹介します。

 まず、「スピーチ」についてですが、これは毎回数名の教師が、それぞれの地域や学校について日本語で原稿を作成し、3分程度のスピーチをしているものです。スピーチの後は他の教師から質問や意見が出され、発表者とそれを聞く参加者の両者にとって日本語でコミュニケーションをするよい機会となっています。また、発表の中から青年教師がいくつか文法項目を取り上げて、説明や練習なども行っています。

 次に「会話の授業」ですが、これは昨年度の参加者アンケートにより希望が多かったため、実施されているものです。50人以上のレベル差がある参加者に対して、会話の授業を行うのは非常に難しいことですが、グループでの会話練習を多く取り入れるなど工夫しています。

地域別小研修

教材作成地域委員会の様子の写真
教材作成地域委員会の様子

 現地教師支援活動の1つとして、今年度は地域別小研修も行われています。これは、教授法や授業の準備について講義・演習後(事前指導)、それぞれの高校で参加者が授業を行い(授業実施)、反省や改善する方法を一緒に考える(事後指導)という研修会です。これにより、現地教師にとっては学んだ理論を即座に実践でき、青年教師にとっては現場に即したより効率的な指導ができるという成果が得られました。また、地域ごとに教師が集まり少人数で学習することにより、お互いに協力し合うという雰囲気が生まれ、教師同士のネットワーク形成につながっていきました。

今後の課題

 今年度西ジャワ州では4回地域別小研修を行いましたが、来年度は今年度開催できなかった地域でも地域別小研修を行い、その地域の教師の全体的なレベルアップを図ること、そしてそれぞれの地域でリーダーを育成することが今後の課題として挙げられます。

 また、これまでインドネシアの中等教育支援では、高校への配属を支援の起点としてきましたが、来年度は国家教育省通信教育センターにも配属になり、通信教育業務を支援することになっています。インドネシアでは初の配属先となりますが、モデルケースとなるよう責任を持って業務にあたりたいと考えています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
青年日本語教師は配属高校のマルガハユ第1高校の3年生語学系日本語クラスおよびサンディ・プトラ観光専門私立高校の2年生観光サービス業務専攻クラスで、インドネシア人日本語教師への技術移転を主眼に、日本語教育に関する指導を行う。また、西ジャワ州高校日本語教師会(MGMP)に参加しアドヴァイス等を行う。更に西ジャワ州に散在する日本語教育実施高校を訪問して、教師のレベルアップを支援するため、助言・指導を行うとともに生徒にネイティヴと話す機会を与え、日本語学習に対する動機を高める。
ロ.派遣先機関名称 西ジャワ州
ハ.国際交流基金派遣者数 青年日本語教師1名

ページトップへ戻る