世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) バンドン日本事情

インドネシア教育大学
山本晃彦

バンドン日本事情

マラナタ大学 ミュージカル公演の写真
マラナタ大学 ミュージカル公演

バンドン外国語大学 ヨサコイソーランとスンダ文化の融合の写真
バンドン外国語大学 ヨサコイソーランとスンダ文化の融合

 昨今の日本のポップカルチャーブームの影響からでしょうか。ここインドネシアの西ジャワ地域でも日本語は英語に次ぐ人気です。日本アニメやドラマ、ポップスはもちろん、文化祭などではコスプレや同人誌、アニメキャラクターデザインコンテストなどが大人気。中には、コンテストあらしの強者もいるそうです。

 先日パジャジャラン大学(以下「UNPAD」と略す)で行われた西ジャワ地域の日本語日本文化祭では大学対抗のスピーチ、習字、漢字等のコンテストの他に、バンドン外国語大学によるヨサコイソーランにスンダ舞踊をとりいれたデモンストレーションや、UNPADの学生有志によって上演された演劇「走れメロス」等で観客が盛り上がりました。

 その他にもマラナタ大学では日本語ミュージカルが上演され、外国語学部の学生のレベルを超えたその演技力に驚かされたり、インドネシア教育大学(以下「UPI」と略す)の大正琴サークルによるコンサートがあちこちのイベントに招待されたりと、大学の活動がインドネシアでの日本文化紹介に大きな貢献をしているようです。

派遣先機関での業務

 UPIは全インドネシアの国立大学の中で、唯一学校名に「教育」を持つ大学です。この地区の中等教育機関の日本語教師の半数以上が当大学の出身者になります。ここでは、主に作文と会話の授業を週に3コマ(1コマ100分)担当しています。
  授業以外では学科内の教師と一緒に勉強会を週に1度行っています。勉強会では文法研究を行い、その成果をまとめて教材を開発しています。現在1年生の文法教材の試用が終わり、修正の段階に入っています。それと並行して2年生のための文法研究を進めているところです。今後、会話、作文、読解などの教材を少しずつ作成していく予定です。
  その他には学科会議に出席したり、先生方と協力してシラバスを整備したり、学生からの質問に答えるなどのコンサルティング業務も行っています。

派遣地域での業務

 UPIは全インドネシアの国立大学の中で、唯一学校名に「教育」を持つ大学です。この地区の中等教育機関の日本語教師の半数以上が当大学の出身者になります。ここでは、主に作文と会話の授業を週に3コマ(1コマ100分)担当しています。

 授業以外では学科内の教師と一緒に勉強会を週に1度行っています。勉強会では文法研究を行い、その成果をまとめて教材を開発しています。現在1年生の文法教材の試用が終わり、修正の段階に入っています。それと並行して2年生のための文法研究を進めているところです。今後、会話、作文、読解などの教材を少しずつ作成していく予定です。

 その他には学科会議に出席したり、先生方と協力してシラバスを整備したり、学生からの質問に答えるなどのコンサルティング業務も行っています。

派遣地域での業務

 現在、バンドン地域には日本語を主専攻とする大学がUPIを含め、7校あります。また民間の日本語学校でも多くの高校生・大学生や社会人などが日本語を学んでいます。ここでの主な業務は各機関を訪問し、コンサルティングを行うことです。若手教師の授業を見学したり、シラバスや教材についての相談を受けたりしています。

 また、インドネシア日本語教育学会西ジャワ支部は今期から新会長が誕生し、さらに活発に動き出そうとしています。主な活動としては年に2回の機関誌「MEDIA KOMUNIKASI“わ”」の発行、年に1回の支部主催の全国セミナー、そして教師対象の勉強会を行っています。

 機関誌「わ」は現地の教師達が「我」が手で「和」を図り、「輪」を広げていこう、といった思いから名付けられました。論文、と学会活動レポートが主な内容です。

 全国セミナーでは2008年1月に「実践研究」をテーマにウィディアタマ大学で行われました。研究発表はまだまだ問題点も多いですが、大学、高校教師だけでなく、大学生など100名を越える参加者があり、活発なディスカッションが行われました。2009年の1月は「運用力育成のためのトレーニング」をテーマに研究発表が行われる予定です。

 勉強会は「日本語教育勉強会」「2級勉強会」「論文研究会」の3つの柱で進めており、現地の先生と協力しながら、さらなる教育レベルの向上を目指しています。

 今後は現地の大学の先生だけでなく、高校の先生や在インドネシア邦人の方々とのネットワークを広げ、様々な情報交換ができる場を作っていきたいと思っています。

インドネシア日本語教育学会本部の支援

 インドネシア日本語教育学会の会長が西ジャワに在住のため、本部の活動の支援も行うこととなりました。ここ数年、滞っていた学会誌が今年から復刊することとなり、その広報や編集などについての相談を受けたりしています。また、年に1度の学会全国大会の企画等にも協力しています。まだまだ、体系化されていない業務も多いので、学会スタッフと協力しながら、整備していくことがこれからの課題です。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
及び業務内容
当該日本語講座は1965年に創設された。インドネシアの高等教育機関の中では、バ ンドン市近郊にあるパジャジャラン大学(UNPAD) の日本語講座に次ぐ伝統のある大学である。高校の日本語教師養成を当講座の目標に掲げていることでも分かるように、西ジャワ州の高校の日本語教師の大半が当講座の出身者である。また、スラバヤ国立大学、マナド国立大学など、高等教育機関にも多くの人材を輩出しており、インドネシアにおける日本語教育の中心的・指導的存在の一つといえる。2001年度には、インドネシア初の日本語教育専攻修士課程が大学院に開設された。
ロ.派遣先機関名称 インドネシア教育大学(Indonesia University of Education)
Universitas Pendidikan Indonesia (略称UPI)
ハ.所在地 Jl.Dr.Setiabudhi No.229 Bandung 40154 Jawa Barat Indonesia
ニ.国際交流基金派遣者数 現在 日本語教育専門家1名 (派遣開始以来、報告者で12人目である)
ホ.日本語講座の所属学部、
学科名称
言語芸術教育学部外国語教育学科日本語教育プログラム
Program Pendidikan Bahasa Jepang
Jursan Pendidikan Bahasa Asing
Fakultas Pendidikan Bahasa dan Seni
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1965年
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 1979年
(ロ)コース種別
日本語教育専攻(学部) 日本語教育専攻(修士課程)
(ハ)現地教授スタッフ
常勤16名 (内留学中 4名) 非常勤(日本人) 1名
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳  
学生総数  (学部) 481名
(修士課程) 約30名
(2) 学習の主な動機 日本語教師希望、日系企業への就職
(3) 卒業後の主な進路 一般企業・日本語教師
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定2級を受験可能な程度
(5) 日本への留学人数 2名

ページトップへ戻る