世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ラオス国立大学日本語学科(2004)

ラオス国立大学
小久保ひろし

ラオスの日本語

文学部校舎の写真
文学部校舎

ラオスは日本ではよく知られている国とは言えませんが、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、中国に囲まれた内陸の国です。人口は約5百万人。1960年代から70年代にかけては青年海外協力隊が日本語を教えていた時期もありました。が、ベトナム戦争終了後、ラオスは1975年から人民民主共和制となり、しばらくの間日本との交流も下火になりました。1990年代に入り、再び両国の交流が盛んになり、日本留学のための準備クラスができたり、民間で日本語が教えられたりするようになりました。2001年にはラオス‐日本人材開発センターができ、学習者数も次第にふえてきました。現在、日本語学習者は500人前後と推定されています。しかし、まだ首都のビエンチャン以外では日本語が教えられているところはほとんどなさそうです。

ラオス国立大学

ラオス国立大学は1996年に設立された新しい大学です。ビエンチャン郊外のドンドックにあった教員養成大学のキャンパスのあとに、建築工学部、医学部、法律経営学部、人文社会学部等の8つの学部を持つ総合大学として設立されました。2000年には人文社会学部が社会学部と文学部に分かれました。日本語学科はこの文学部に所属しています。

日本語学科

日本語の授業の写真
日本語の授業

設立の経緯について、日本語学科長ミサイ先生の言葉を引用します。
「日本政府はラオス政府やラオスの人々にいろいろなプロジェクトをとおして援助しています。(中略)それらのプロジェクトを効率的に進めるために日本語ができる人が必要です。ラオスには、まだ日本語ができる人材は少ないので、ラオス政府は2002年にその必要性に応えるためにラオス国立大学に日本語学科を設立することを決めました。また、現在、ラオスと日本は国と国との協力体制や関係がよくなっています。ラオス人と日本人がいっしょに仕事をする際、ラオス人が日本語が使えるとお互いの信頼が増します。ですから日本語学科で、ラオスと日本のかけ橋になる人材を育てることによって、これからラオスと日本がより一層理解し合えることをラオスの政府は期待しています。」
このようにして、2003年10月に日本語学科が始まりました。ですから、今はまだ1年生しかいません。学生は各県や省庁からの推薦入学と一般入試で選抜された学生の合わせて13名です。
日本語学科の卒業生には次のようなことが期待されています。

  1. 1.十分高度な日本語を読み、書き、聞き、話す能力を持つこと
  2. 2.大学院レベルでの日本語日本研究が続けられるような深い日本語の知識を持つこと
  3. 3.さまざまな職場で日本語が使えるようになること、また公式の場での通訳や公文書の翻訳ができるようになること
  4. 4.日本語を教えられること
  5. 5.ラオスと日本の二国間の理解を深めるために、日本の経済、歴史、文化、文学などについての知識を持つこと

支援体制

日本語学科は設立されたばかりのため、いろいろな困難をかかえています。例えばカリキュラムが未整備です。教員が不足しています。教材も不足しています。器材はほとんどありません。このため、国際交流基金から2004年4月に専門家1名が派遣されました。9月には青年教師も派遣される予定です。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
ラオス国立大学日本語学科は日本に関する専門家を養成するために設立された、ラオスにおける最初で唯一の日本語専攻の教育機関である。卒業生はラオス-日本関係の中核を担う人材となることが期待されている。専門家は日本語講座での日本語教授、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地教師の育成を行う。
ロ.派遣先機関名称 ラオス国立大学
National University of Laos
ハ.所在地 P.O.Box 7322 Dong Dok Vientiane, Lao PDR
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
ラオス国立大学文学部日本語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   専攻:2003年から
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2004年
(ロ)コース種別
主専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤2名(うち邦人0名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生:13名
(2) 学習の主な動機 日本語が好き、日本への憧れ
(3) 卒業後の主な進路 卒業生はまだ出ていない
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
卒業生はまだ出ていない
(5) 日本への留学人数 なし

ページトップへ戻る