世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 今年は10周年です

ラオス国立大学
小久保ひろし、平岩ゆか

ラオス国立大学

学科紹介展示の写真
学科紹介展示

 ラオスはタイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、中国に囲まれた東南アジアの内陸の国です。人口は約5百万人。ベトナム戦争終了後、1975年に人民民主共和制となり、1990年代からは日本との交流も盛んになりました。
 ラオス国立大学は1996年にラオスで唯一つの総合大学として設立されました。ビエンチャン郊外のドンドックにあった教員養成大学のキャンパスのあとに、建築工学部、医学部、法律経営学部、人文社会学部等の8つの学部でスタートしたのです。日本語学科は文学部に所属し、2003年に中国語学科、韓国語学科、ベトナム語学科と同時にスタートしました。そのほか、文学部には英語学科、フランス語学科、ドイツ語学科、ラオス語学科などがあります。学生は基礎教養課程と学部で通算5年間の大学生活を送ります。学生は各県や省庁からの推薦や一般入試で選抜され入学してきます。日本語学科に進学予定の学生は、入学すると1年目は基礎教養課程で一般教育科目と外国語科目としての日本語を勉強します。2年生からは文学部日本語学科に進学し、そこで本格的に専攻語としての日本語を学びはじめるわけです。さらに上級学年になると、日本語だけでなく、文化、文学、歴史、経済、社会などの日本事情についても幅広く勉強しなければなりません。

コロッケ、おいしいですよ

コロッケを売っている写真
コロッケを売る

 今年度はラオス国立大学が設立されてから10年目の区切りの年です。大学創立10周年を記念していろいろな行事が盛大に行われましたが、文学部では各学科の研究成果や教材の展示、模擬店、のど自慢コンクール、ファッションショーなどがありました。日本語学科では学生たちがコロッケと巻き寿司を作って売りました。料理の指導は日本滞在経験のあるラオス人の先生です。みんな日本料理を作るのは初めてで、コロッケを作るのに、パン粉が手に入らなくて苦労したそうですが、なかなかおいしくできたようです。私が「ちょっと味見を・・」と思って店に行ったときにはもうすっかり売り切れていました。のど自慢では3年生の学生が日本語の歌を歌いました。この学生は日本語学科のカラオケのホープで、毎年の日本語弁論大会でもスピーチの後のアトラクションでソロを受け持ちます。ファッションショーにも女子学生が3人、日本の浴衣姿とラオスの民族衣装姿で登場し、他学科のアオザイや中国服などと美しさを競い合いました。別の会場の展示コーナーでは中国語学科や韓国語学科といっしょに教科書や教材を展示して、会話のビデオを放映したりしました。

気をつけてください

‐先生、咬んだら死にます!
‐えっ!?(ああ、咬まれたら死にますという意味なんですね。)あんなに小さくても危ないですか?
‐はい、小さくても危ないです。
‐そうですか。怖いですね。
‐はい、本当に怖いですから気をつけてください。
 ある日、授業を始めてまもなく、なんとなく教室の隅の方を見るとコンクリートの床の小さな穴から蛇が出てきました。20cmあるかないかの子どもの蛇です。びっくりしてよく見ていると、その穴からまたもう一匹同じような蛇が出てきます。私がずっと横を向いているので学生もどうしたのかと思ったのでしょう。そちらを見て、とたんに大騒ぎになりました。みんな席を立って教室の反対側に逃げます。廊下に出て、入り口から顔だけのぞかせている学生もいます。しばらくして勇気のある男の学生が長いほうきを持ってきて何とか蛇を校舎の外へ捨てました。私は外へ捨てた蛇がまた戻ってくるのではないかと心配になりましたが、ラオスの人はたたりがあるといって蛇を殺しません。
 幸いなことに工事のため、この教室は使用中止になりました。私たちは、今、別の教室で授業をしています。ラオスは日本と比べると自然条件、生活条件がずっと厳しいですが、学生たちはその厳しさに負けずに日本語に取り組んでいます。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
ラオス国立大学日本語学科は日本に関する専門家を養成するために設立された、ラオスにおける最初で唯一の日本語専攻の教育機関である。卒業生はラオス-日本関係の中核を担う人材となることが期待されている。専門家・ジュニア専門家は日本語講座での日本語教授、カリキュラム・教材作成に対する助言、現地教師の育成を行う。
ロ.派遣先機関名称 ラオス国立大学
National University of Laos
ハ.所在地 P.O.Box 7322 Dong Dok Vientiane, Lao PDR
ニ.国際交流基金派遣者数 日本語教育専門家:1名
ジュニア専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
ラオス国立大学文学部日本語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   専攻:2003年から
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 2004年
(ロ)コース種別
主専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤6名(うち邦人2名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   各学年10名~20名
(2) 学習の主な動機 日本語が好き、日本への憧れ
(3) 卒業後の主な進路 卒業生はまだ出ていない
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
卒業生はまだ出ていない
(5) 日本への留学人数 1名

ページトップへ戻る