世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) AAJ(Ambang Asuhan Jepun)を紹介します

マラヤ大学予備教育部日本留学特別コース

(1)AAJAmbang Asuhan Jepun) 紹介

杉山純子

 ここは1年中ハイビスカスやデイゴやプルメリアの花が咲く美しい南国の大学です。檸檬色の鳥がきれいな声で歌を歌い、かわいい栗鼠が駆け回り、猿の一群が悠々とキャンパス内を散歩しています。色とりどりのバジュクロンに身を包んだ女子学生たちが南国情緒に一層の華やかさを添えています。

AAJの概要

AAJ外観の写真
AAJ外観

 東方政策(Look East Policy)の一環として、日本へ多数の留学生を送り出すため1982年、マラヤ大学にAAJ(日本留学特別コース)が開設されました。AAJは2年間の予備教育コースです。今年は第25期生140名が日本の国立大学に留学しました。2008年5月現在、1年生120名(第27期生)、2年生146名(第26期生)がAAJで勉学に励んでいます。AAJでは日本語、専門科目(数学・物理・化学)、英語の授業が行われていますが、このコースを支えるために文部科学省から日本人教師団団長1名と教科教師19名(高校教師)、国際交流基金から日本語教育専門家(以下、派遣専門家という)13名が派遣されています。派遣専門家はマレーシア人教師、現地採用日本人教師と協力し合って日本語コースを運営しています。

 日本留学の合否判定のために、2006年まで実施されていた文部科学省試験(到達度を測る試験)が廃止され、2007年からAAJの学生たちは日本留学試験(総合力を測る試験)を受験することになりました。それに伴い、AAJでは日本語の授業時間数が大幅に増え、1年生には年間1057コマ、2年生には年間492コマの日本語授業時間が設定されています。というわけで、AAJでは平日だけでなく土曜日にも日本語のクラスがあり、学生も教師も大変忙しい毎日を送っています。

派遣専門家に求められること

 忙しい日々の中で派遣専門家は現地教師とともに様々な業務をこなしています。授業を行うだけではなく、たとえば、カリキュラム作成、教材作成、クラス運営、授業準備、現地新任教師への指導、事務的な業務など、仕事は多岐に渡っています。AAJではチームワークがとても大切です。他の日本語教師、教科教師、AAJオフィス・スタッフなどとの連携が欠かせないので、専門家には日本語教育能力だけでなく協調性が求められます。さらに、突然の授業の変更、想定外の出来事、諸手続きの遅延などに臨機応変に対応できる柔軟性も必要です。もちろん、ハードスケジュールをこなせるだけの体力と気力は必須条件です。

AAJの学生たち

 1日8~9時間の授業、山のような宿題やテストをこなし、行事の準備などにも精を出し、しばしば寝不足に陥りながらも、学生たちは明るく元気に頑張っています。AAJで学生たちが実際にどのような様子なのか、佐々木さんと藤原さんに具体的に報告していただきましょう。

(2)AAJ1年生

佐々木良造

 日本留学特別コースの1年生は日本の高校3年生にあたります。4月から日本語の勉強を始め、2年後には日本の大学でやっていけるだけの日本語能力を身につけなければなりません。ほとんどの学生は日本語の勉強が初めてですが、その上達ぶりには目を見張るものがあります。若くて優秀な学生とはいえ、真摯に取り組む姿を見ると、頭が下がる思いがします。

年間カレンダー

先生の日のカードの写真
先生の日のカード

 AAJ のカレンダーは、日本の学校のカレンダーのようにも見えますが、実は、少し違います。それでは、日本とマレーシアのカレンダーが混ざり合ったようなAAJの1年を簡単にご紹介したいと思います。

4月: 新しい学生が入ってきます。まず、1週間のオリエンテーションを受け、2週目から日本語の集中授業が始まります。3週間の間、週38コマ日本語の授業を受けます。ひらがな・カタカナの学習から始まり、基本的な文型をひと通り勉強します。漢字の勉強も始まります。

5月: ちょうど3週間の集中授業が終わるころに「先生の日」という日があります。毎年工夫をこらしたカードやささやかなプレゼントが学生から贈られます。集中授業が終わると、1週間のお休みに入ります。田舎に帰る学生もいれば、これまでの復習に励む学生もいます。

6月: やっとAAJ の生活に慣れてきたころでしょうか。日本語の勉強も順調に進み、日本語で話し、笑えるようになるころです。

7月: 前期の半分が終わるころ、スポーツ大会が開催されます。学生が主体となって行われる小さな運動会です。ラジオ体操から始まり、ガラパンジャン(マレーシア版鬼ごっこ)、綱引きなどの種目が行われます。綱引きは学生対先生もあり、このときばかりは学生も遠慮はしません。しかし、スポーツ大会の盛り上がりも束の間、すぐに前期中間試験が始まり、学生は試験勉強に追われます。

8月:  8月31日はマレーシアの独立記念日です。学生は独立広場に行ってカウントダウンに参加したり、大学構内で花火を見たりします。ハードな学業の合間にもイベントを楽しむことは忘れません。さらに2007年には、8月24日に当時の安倍首相夫人がAAJをご訪問され、1年生も歌とスピーチで安倍夫人を歓迎したことがありました。

9月: AAJ の学生はほぼ全員がイスラム教徒なので、断食があります。断食月は、日が出ている間、水さえも口にしません。イスラム暦は太陰暦に似ているので年によって時期は異なりますが、2008年は9月が断食月にあたります。そして、9月末には前期期末試験があります。お腹をすかせながら試験を受けて大丈夫?と思うところですが、学生は口々に「断食は楽しいです。」と言って、ぎゅー、とお腹を抱えています。

10月: マレーシア語で"Hari Raya(お祝いの日)"と言えば、断食明けのお祝いです。その雰囲気はさながら日本の師走のようで、断食をしていない私たちもその雰囲気に心躍らされます。学生たちは田舎に帰り、家族と断食明けの日を迎えます。断食明けのお休みが終わって、元気になって、また勉強に励みます。

11月: 11月には、修学旅行でマレーシアにやってくる高校生との交流会が開かれます。同世代の日本人との交流のチャンスがなかなかないので、学生はこの交流会をとても楽しみにしています。日本人の高校生とAAJ の学生とで、日本語・英語・マレーシア語が飛び交い、お互いにコミュニケーションのチャンネルが増えたことを実感できるいいチャンスとなります。

12月: 一年中暖かい国ですが、この時期になるとやはり街の中にはクリスマスの飾りがお目見えします。そんな街の雰囲気とは裏腹に、学生はまたまた試験勉強の時期に入ります。

1月: 1月の最大のイベントは送別会です。1年生が2年生のために開くこの会は、歌あり、踊りあり、とても華やかで、普段の授業では見られない学生の一面を知ることができます。また、この送別会のために、学生は半年ほど前から準備を始め、授業が終わってから夜遅くまで練習します。いったいいつ寝るのだろうと心配になってしまいます。

2月: 2年生の修了式があります。来年のことを案じて不安の入り混じった気持ちの学生もいれば、来年は自分の番だ!と一段とやる気が見てとれる学生もいます。

3月: 来年の自分の姿を思い描く暇もなく、また試験がやってきます。今度は進級がかかった試験です。日本語・英語・数学・物理・化学。好きな科目、嫌いな科目なんて言っていられません。日本留学はすぐそこ。どの科目も全力で取り組みます。

 ざっとですが、AAJ の1年目をご紹介しました。総じて、日本留学という重い使命と、日々のテスト・一つも落とせない試験というプレッシャーのなか、忙しく勉強し、楽しく生活している学生の姿がお伝えできたら幸いです。

(3)AAJ2年生

藤原由紀子

 AAJでの業務は、日々の授業にとどまるものではありません。それぞれが教務、総務、図書器材管理といった仕事も担当しています。ここでは昨年度、日本語科2年総務が行った活動の一部をご紹介したいと思います。

先輩の体験を聞く会

先輩の体験を聞く会:クラス懇談会の様子の写真
先輩の体験を聞く会:クラス懇談会の様子

 AAJは30年近く続いている日本留学プログラムです。ですから、既に留学を終えてマレーシアに戻り、日本での経験を活かして活躍している「先輩」が数多くいます。その先輩たちの体験を聞き、留学への心の準備をし、また学習意欲を更に高めてもらう目的で、毎年「先輩の体験を聞く会」を開催しています。

 2007年度も先輩方に協力してもらい、全体会、クラス懇談会、自由懇談会という流れで、この会を行いました。まず、全体会で先輩方に簡単な自己紹介をしていただいた後、各クラスに分かれて懇談会を開きました。留学生として、実際にその目で日本を見、感じてきた先輩たちの話は、日本人である私たちの話とはまた違った面白さがあり、学生たちにとって刺激的だったようです。じっと食い入るようにして話を聞く学生たちの姿が印象的でした。先輩方も実際に自分が日本で使用していたゴミの分別表を持参したり、当時の写真を披露したり、工夫を凝らしてお話ししてくださいました。冗談を交えた体験談、失敗談には皆大笑い。各教室から笑い声が溢れていました。

 その後、全体で行った自由懇談会でも、学生たちは各々先輩の周りに輪を作り、大学の講義に関することから生活やアルバイト、冬の様子、日本人の友達の作り方に至るまで、次々と質問を浴びせていました。聞きたいことは尽きることがないようで、予定時間が過ぎても皆なかなか席を離れようとせず、最後の最後まで先輩と語り合っていました。先輩と話をしながら、頭の中には日本で学生生活を謳歌する自分自身の姿が浮かんでいたのではないかと思います。

AAJ学内弁論大会

 7月26日にはAAJ学内弁論大会を開催しました。原稿審査に通った8名が大教室でスピーチをします。「いじめをやめよう」「時間が守れない社会」「ちっぽけな勇気」「自己評価」など様々なテーマが並びました。さて当日、驚いたのは出場者のその堂々としたスピーチぶりです。日本語でスピーチをした経験はほとんどないはずなのですが、ステージに上がると皆それらしく堂々と話します。熱い語り口とユーモア溢れるエピソードで聞き手の心をがっちりと掴む学生もいました。聞いている学生たちも、日ごろ一緒に学んでいる仲間のユーモアを交えたスピーチに大笑いし、また真剣な訴えに耳を傾けました。

 審査の結果選ばれた上位3名は、在マレーシア日本国大使館、国際交流基金クアラルンプール日本文化センター他主催で開かれた「第23回日本語弁論大会予備教育の部」に出場しました。その結果、ムハマド・ウサイリーさんが「ちっぽけな勇気」というスピーチで、見事優勝しました。彼の優勝は他の学生たちにとっても大きな励みになったことでしょう。

覚えていたい顔

 この他にも、エッセイコンテストやスポーツ大会などAAJで開かれる行事は多数あります。そして、このような活動をとおして、授業中とはまた違った学生たちの新たな一面、新たな表情を見ることができます。日本留学への道は決して易しいものではありません。試験が近づくころ学生たちの顔には疲れや焦りがにじみ始めます。ともすれば忙しい受験勉強の中で埋もれてしまいそうな学生の活き活きとした表情、このような活動で学生が見せる瞳の輝きをいつも忘れずにいたいと思います。

 この春、140名の学生が期待に胸を膨らませながら、日本へ向けて旅立ちました。いつの日か、いい顔ですばらしい経験を両手一杯に、このAAJに「先輩」として戻ってきてくれることを願っています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
1981年にマハティール首相が就任し、東方(日本、韓国)からその勤勉さと集団努力を学ぶべきとし、東方政策を提唱。これに基づき、日本の大学及び高等専門学校への留学、産業技術研修のための渡日前日本語教育が始まった。マラヤ大学予備教育部に日本留学特別コースが1982年に設置され、学生は2年間の予備教育終了後、日本の大学に留学している。基金が日本語教師13名、文部科学省が教科教師20名を派遣しているほか、同大で3名の日本人教師を現地雇用している。基金の日本語教育専門家は日本語授業担当、教材作成、カリキュラム作成、新人教師研修等を行っている。
ロ.派遣先機関名称 マラヤ大学予備教育部日本留学特別コース
Gateway to Japan, Center for Foundation Studies in Science, University of Malaya
ハ.所在地 AAJ, PAS, UNIVERSITI MALAYA, 50603, KUALA LUMPUR, MALAYSIA
ニ.国際交流基金派遣者数 日本語教育専門家:13名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
マラヤ大学予備教育部日本留学特別コース
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1982年
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 1982年
(ロ)コース種別
日本留学予備教育課程
(ハ)現地教授スタッフ
常勤13名(うち邦人3名)、非常勤5名(うち邦人1名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生120名、2年生146名(2008年5月31日現在)
(2) 学習の主な動機 日本の大学で工学・薬学・歯学を学ぶため
(3) 卒業後の主な進路 主には日系企業に就職
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験1~2級程度
(5) 日本への留学人数 2854名(累積)

ページトップへ戻る