世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) あたらしく始まった北と南の研修会

教育省スーパーバイザリーユニット
山科健吉

 2001年から北のチェンマイと南のソンクラーで、中等学校(日本の中学校と高校にあたる6年制学校)のタイ人日本語教師を対象にした研修会が始まりました。ここでは南の研修会の様子を紹介します。

先生たちも勉強しています

 プーケット、クラビー、サムイ島などの観光地を抱える南部タイでは、ここ数年、日本語を教える中等学校が増えてきました。日本語のカリキュラムは学校によって様々ですが、南部タイの多くの学校では週3~4時間の選択科目、あるいは週1時間の日本語クラブとして教えられています。

 これら学校で日本語を教えている先生の多くは、数年前までは英語やタイ語、数学や理科といった他の科目を教えていました。彼らは国際国流基金バンコク日本語センターで実施している「新規研修」を修了し、日本語を教え始めたばかりの先生たちです。このような先生方を支援し、継続的な日本語学習の場を提供することをめざして、南部金曜研修を立ち上げました。

 南部金曜研修では、タイ人日本語教師の日本語能力向上をめざし、読解、文法、作文、聴解など総合的な日本語学習を実施しています。また、2002年度より教授法や評価法の授業も行われるようになりました。本研修は毎週金曜日(2002年度は隔週金曜日)開講され、現在12名の中等学校の先生方が受講されていますが、みなさん非常に熱心で、中には片道3時間もかけて通ってくる先生もいらっしゃいます。よりよい授業を行うために、学校の先生たちもこうして勉強を続けています。

レッスンプラン作成ワークショップ

 南部金曜研修に参加している先生方から、一年間の授業計画について皆で話し合う機会を持ちたいという要望が上がり、2002年3月に2日間かけてレッスンプラン作成ワークショップを行いました。

 参加者の多くは日本語教授経験が浅く、実際のクラスで「どんな内容を」「どのくらいの進度で」「どんな教材を使って」「どのように」教えていいのか不安を感じているということでした。そこで今回のワークショップではコースデザインの方法を学ぶとともに、実際の授業の指針となるようなモデルシラバス及びモデルレッスンプランを協力して作成しました。

先生たちのネットワーク

 日本語は英語やフランス語など他の外国語と比べるとまだまだ教師数が少なく、これまで地方で相談相手もなく孤軍奮闘している日本語教師も少なくありませんでした。南部金曜研修は受講者の先生たちにとって、日本語のブラッシュアップを図る場であるとともに、地域の他の日本語教師との相互交流の場ともなっています。この研修を通じて、中等学校で教えるタイ人日本語教師のネットワークができつつあります。

 また、これとは別に、2001年に南部タイ日本語教師会が発足しました。こちらは中等学校で教えるタイ人教師だけではなく、参加者はタイ人、日本人、中等教員、大学教員など様々です。現在20名強の日本語教師が参加し、定期的に会合が開かれています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
派遣先は、タイ教育省の出先機関であるスーパーバイザリーユニット。ここには各教科のアドバイザー的な教師が在籍しており、青年教師も日本語教育に関するコンサルタント業務を行う。ここで教育省と共催で行う南部金曜研修の実施にあたる。これはバンコック日本語センターでの新規研修の修了者に対し、継続学習の場の提供を目的に実施される。また、週1回、地域の学校(ハジャイ・ソンブンクンカンヤー校)を巡回し、学校のカウンターパートと協力して授業を行う。その他、教師間ネットワーク構築をめざし南部タイ日本語教師会を立ち上げ青年日本語教師が運営にあたってきたが、現在、現地化に向けて徐々にタイ人教師に運営を委ねつつある。
ロ.派遣先機関名称 タイ教育省普通教育局第3教育区スーパーバイザリーユニット
Regional Supervisory Unit 3R.S.U.3), Department of General Education, Ministry of Education
ハ.所在地 Songkhla-Nathawee Rd., Amphur Muang, Songkhla 90000
ニ.国際交流基金派遣者数 青年日本語教師:1名

ページトップへ戻る