世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) タイ南部地方で日本語を学ぶ高校生と教師

ウォラナリーチャルーム校
伊藤 愛子

朝礼の様子の写真
朝礼の様子

 ウォラナリーチャルーム校はタイ南部のソンクラー県ソンクラー市内にある、中高一貫6年制の国立校です。以前この学校はソンクラー県立の女子校でした。そのせいか現在でも全校生徒の約8割が女子生徒です。全校生徒約2800人、教師約150人の大きな学校で、校内はいつも活気があり、賑やかです。この学校には一般の生徒が学ぶコースの他に、「英語プログラム」という特別なコースがあります。「英語プログラム」の生徒はタイ語以外の科目をすべて英語で学習しています。このコースを教える教師はほとんどが外国人です。一般コースの英語教師の中にも4人のネイティブ教師がいますから、学校全体で15名ほどの外国人教師がいます。その国籍は、カナダ、イギリス、アメリカ、スイス、フィジー、日本など多種多様です。このように多文化の環境にいますから、生徒たちは物怖じせず気軽に私に声をかけてきます。
 この学校では2001年度から、高校1、2年生が外国語や音楽、美術、家政などから好きな科目を選んで学習する「選択科目」の一つとして日本語が開講されています。このクラスでは週に2時間、簡単な会話と歌や折り紙などの日本文化を楽しく学んでいます。2004年度からは、このクラスに加えて、「選択必修科目」としても日本語が開講されています。「選択必修科目」とは、大学入試科目の一つとして日本語を受験する生徒のためのクラスです。高校1年生から3年生までの3年間、週に6時間ずつ勉強します。3年間の学習が終わった頃には日本語能力試験の3級レベルに届くぐらいになるそうです。この学校では第二外国語の選択必修科目として、日本語以外にフランス語と中国語も開講されています。5月10日の新学期からこの選択必修科目のクラスが始まりました。日本語に興味のある生徒ばかりが集まっているので、授業には積極的に参加し、宿題もきちんとやってきます。ほぼ毎日日本語の授業があるため、生徒は日に日に、ぐんぐん上達していきます。今はまだひらがなの学習が終わったところですが、これから徐々に文型を覚えていって、簡単でも日本語だけでコミュニケーションがとれるようになる日がくるのを楽しみにしています。

南部金曜研修の授業風景の写真
南部金曜研修の授業風景

 このようにタイの高校では選択科目や選択必修科目として日本語が教えられています。それを教えている教師のほとんどはタイ人の教師です。それも元々は他の科目を教えていた教師です。これらの教師は国際交流基金バンコック日本文化センターがタイ教育省の要請を受けて実施している「中等学校現職教員日本語教師養成プロジェクト」の修了生です。このプロジェクトではバンコックで10ヶ月間、日本で2ヶ月間の日本語及び日本語教授法の研修を行なって、他科目の教師から日本語教師を養成しています。これまでにタイ全国から約160名の教師がこのプロジェクトに参加しました。プロジェクト修了後、教師はそれぞれの学校に戻って日本語を教え始めます。しかしバンコックと違って地方では日本語に触れる機会がほとんどありません。そんな環境の中ではせっかく身につけた日本語の力を維持するだけでも相当の努力が必要です。そのような地方に住む日本語教師を支援し、継続的な日本語学習の場を提供することを目的として、「金曜研修」が北部、南部、東北部の3つの地方で開かれています。私の担当する「南部金曜研修」は2001年に開講されました。南部タイ地方の高校で教えている日本語教師のほとんどが参加しています。南部金曜研修の初期から受講している教師は日本語能力試験の3級に合格し、今は2級合格を目指して学習を続けています。この5月28日からは2004年度の南部金曜研修が始まりました。バンコックの新規研修を終えたばかりの2名を含む、11名が参加しています。レベル別に初中級クラスと中級クラスの2つのクラスに分かれて、それぞれの能力にあった日本語学習を進めていきます。また2ヶ月に1回は両クラス合同で、日本語教授法や日本文化について学習します。タイでも日本と同様に教師という仕事は多忙です。金曜日という勤務日に、さらに遠い人は片道4時間もかけて研修に参加します。その熱意には脱帽です。そんな教師たちの日本語力がもっと向上し、いつまでも定着するよう、一緒に学習方法を考えていきたいと思っています。
 南部タイ地方には、プーケットやサムイ島など、日本人にも人気のある観光地がいくつかあります。そんな観光地は南部タイのごく一部です。大部分は日本人がまったく来ないような地域です。そんな地域でも日本語を教えるタイ人の先生や、その下で学ぶ生徒が大勢います。先生も生徒も日本語や日本人に興味や好感を持ってくれています。私は日本人として、そのように感じてもらえることを嬉しく思い、感謝しています。ですから彼らの知りたいことを、できるだけたくさん伝えていきたいと思っています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
本校は国立の6年制中等学校である(中1~高3)。2001年に選択科目として日本語を開講。2004年度より大学入試で日本語科目を選択する生徒を対象とした「選択必修科目」も開講している。また2004年度は国際交流基金バンコック日本文化センターが主催する「南部タイ中等学校日本語教員金曜研修」に協力し、研修場所を提供している。青年日本語教師の主な業務内容は、(1)本校の開講する日本語クラスを同僚のタイ人教師と協力して運営すること、(2)前出の「南部金曜研修」の企画、運営、(3)南部タイ地方の日本語教育実施中等学校への学校訪問及び情報収集、(4)南部タイ地方の日本語教育実施機関全体のネットワーク強化への協力、である。
ロ.派遣先機関名称 ウォラナリーチャルーム校
Woranari Chaloem School
ハ.所在地 1 Plata Rd., Amphur Muang, Songkhla 90000, Thailand
ニ.国際交流基金派遣者数 青年日本語教師:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
第二外国語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   2001年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2004年
(ロ)コース種別
選択必修(高1週6コマ)/選択(高1週2)/教員研修(週4)
(ハ)現地教授スタッフ
常勤2名(タイ人教師1名、青年日本語教師1名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   選択必修:18名/選択:24名/教員研修:11名
(2) 学習の主な動機 常勤2名(タイ人教師1名、青年日本語教師1名)
(3) 卒業後の主な進路 大学進学/大学進学/中等学校の日本語教師
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
能力試験3級未満/4級未満/2級未満
(5) 日本への留学人数 不明

ページトップへ戻る