世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 若手タイ人教員への期待

コンケン大学
長田佳奈子

 コンケン大学はタイ東北地方にある国立総合大学です。コンケン大学教育学部に日本語教員養成課程が開設されたのは2004年。2011年3月に第3期生が5年間の課程を修了したところです。日本語教師を希望する学生が多く、1期生5名、2期生5名が日本語教員として大学、中等教育機関で教壇に立っています。この5月から教職についた3期生の情報も入ってきています。

1.8年目の課題

2011年度教育実習生「かんばるぞ!」の画像
2011年度教育実習生「かんばるぞ!」

 タイでは2004年度より大学における教員養成課程が5年制になりました。4年間教職科目、専門科目を履修後、1年間教育実習をし、所定の単位を取得すると、教員免許状が取得できるシステムです。

 当課程の専門科目には日本語科目と日本語教育科目があります。日本語科目ではひらがなの指導に始まり、初中級の指導をしていますが、どうしたら体系的な指導ができるか、どんな教授法が適当か、探っている段階です。日本語教育科目についても、タイの学校教育に求められることをどう取り入れていくか、どんな提案をしていけそうか、考えながら進めています。それから、1年間の教育実習では、学生は実習生として、授業のみならず、教務、学校行事などに携わります。大学側も実習校も、この3年、手探りで実習生を指導してきました。実習のシステムも煩雑で、なかなかじっくり指導することができません。実習の最後に提出する授業レポートも、実践報告、調査報告としてのレベルを上げていく必要がありそうです。……というように、改善が必要なことが山のようにあります。日本語教育課程創設8年目を迎えた今、改めて到達目標やそのための実践、評価方法を見直さなければなりません。

2.若手タイ人教員への期待

 発展途上の当課程の課題に果敢に挑むのは、4名のタイ人教員です。そのうち3名(当課程卒業生)は3年目、1名は新人です。若手タイ人教師は真摯に、学生の指導に取り組んでいます。施行3年目になる新カリキュラムを実践しながら、大学教員としての技量を上げるべく、理論書とにらめっこしたり、勉強会をしたりしています。勉強会は、教科書分析や、教授法、専門知識に関するものと、日本語能力向上のためのものをしていますが、わいわい楽しくやっています。タイ人教員に期待することは、「教員志望の学生たちに、コミュニケーション能力向上を意識した日本語の授業を見せること」「教師教育の専門家になること」「東北タイの教員ネットワーク作り」です。今年度は、日本人教員主導から、少しずつタイ人教員主導にシフトするよう、取り組んでいます。

3.コンケン大学日本語教育ワークショップ

日本語教育ワークショップの様子の写真
日本語教育ワークショップの様子

 「東北タイの教員ネットワーク作り」の一環として、昨年度から、ウドンターニーの武井専門家とともに、ワークショップを開催しています。昨年度は2回開催、今年度は4回開催予定です。ワークショップの目標は「自分の授業をふりかえり、授業の目標および活動を再考すること」、「コミュニケーション能力を伸ばす授業方法を具体的に考えること」、「参加者間の情報および意見交換を促進し、ネットワークの構築を図ること」です。5月のテーマは「ひらがな、カタカナの教え方」。タイ人教師24名、日本人教師9名が参加し、なごやかな雰囲気の中、楽しいワークショップになりました。当課程のタイ人教員もこれからワークショップの講師に挑戦します。講師からの情報提供だけでなく、教員同士で楽しく意見交換ができるワークショップが提供できるよう、タイ人教員をサポートしていきたいと思います。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
Khon Kaen University
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
コンケン大学は1964年にタイ東北部で最初に設立された大学で、17学部および大学院を有するタイ東北部最大の総合大学である。教育学部、人文社会学部で日本語教育を行っている。日本語教育専門家は、教育学部日本語教育課程の運営サポート、日本語と日本語教育科目の指導、教育実習指導、タイ人講師のサポート、また地域支援等を行う。
所在地 123 Mitraparp Highway, Khon Kaen City,40002 THAILAND
国際交流基金からの派遣者数 上級専門家:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
コンケン大学教育学部日本語教育プログラム
日本語講座の概要
沿革
講座(業務)開始年   主専攻:2004年~
国際交流基金からの派遣開始年 2005年
コース種別
主専攻
現地教授スタッフ
常勤8名(内邦人3名)
学生の履修状況
履修者の内訳   主専攻:各学年25名前後
学習の主な動機 日本・日本人・日本語・日本文化への興味、日本語教師希望
卒業後の主な進路 日本語教師・日系企業就職・進学
卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験N3受験可能な程度
日本への留学人数 5名程度

ページトップへ戻る