世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ベラルーシ国立大学における日本語教育

ベラルーシ国立大学
神吉宇一

ベラルーシ国立大授業の写真
ベラルーシ国立大授業

 ベラルーシ国立大学への専門家派遣は、2002年9月から始まりました。現在、派遣開始1年目ですが、現地の日本語学習環境を整えるために、試行錯誤しながら、いろいろなことに取り組んでいます。

 ベラルーシ国立大学では、専門家は、週に10時間の授業を担当するとともに、カリキュラム開発や、他教師の授業へのアドバイス、教師研修などを行います。本大学では、国際関係学部の中に日本語専攻があります。国際関係学部は、ベラルーシの政治や外交の場で活躍出来る人材を育成することを目指しています。そのため、本大学での日本語教育の位置づけは、日本語が話せるということにとどまらず、日本にかかわる政治や経済問題についても造詣が深い知日家を育成することです。そして、ベラルーシと日本との、国家レベルでの交流を担う人材を輩出することにあります。特に2002年度からは、日本語・日本学専攻コースが新設され、日本語・日本学に関する専門的教育が、いよいよ本格的に始まったという状態です。

 現在、専門家は日本語の授業内容をより質の高いものにしていくために、個々の授業のやり方を改善したり、日本語教育のカリキュラムを開発したりしています。また、学習者の日本語使用機会を増やせるように、学外の機関と協力することなどを中心に業務を行っています。具体的な活動内容と成果、課題などは以下の通りです。

 まず、専門家派遣に伴って教材が充実しました。これらの教材を積極的に紹介することで、各教師が、学習者のレベルに応じた教材を選択できる選択肢を増やすことができました。従来、こちらには、中級から上級向けの教材がほとんどなかったため、中級前半が終了すると、新聞を用いて読解を行うという授業を行っていました。ここに、中上級向けの教科書を充実させたことで、読解だけでなく、聴解や中上級文法、会話についても、体系だった授業が行えるようになってきました。また、初級クラスでは、やや古い日本語の教科書を使用していましたが、この教科書は現在絶版となってしまっており、学習者のみなさんが、教科書を購入して勉強しようと思ってもできませんでしたし、専門家のように、新たに着任した教師も、その教科書を手に入れることが出来ませんでした。そこで、比較的新しく、聴解、読解、作文教材、テープ、ロシア語での文法解説書などの、関連教材が豊富な日本語の教科書をメインテキストにし、それを中心に各教師で連携を取って授業を進めていくという取り組みを始めているところです。

 次に、上記の部分で最後に触れた、教師の連携ということに関しても、改善を図っています。従来、授業時間数に比して、学習者の日本語能力が伸び悩んでいるという状態にありました。これは、各教師の授業がそれぞれ独立してしまっているところに、一つの問題があるのではないかと感じました。そこで、上記のように、メインテキストを中心にして、それに関連する聴解、読解、作文などの授業をバランスよく行い、各授業が相互に補完し合えるような、授業間の連携を図ることにしました。また、互いの授業を見学し会う機会を設け、お互いにどのような授業をやっているかを理解していくような取り組みも、少しではありますが始めています。現在、日本語科全体のカリキュラム開発という段階まではまだ到達していませんが、将来的なカリキュラム開発のための、準備的な実践は徐々にできてきていると感じています。

ベラルーシ国立大講座室の写真
ベラルーシ国立大講座室

 それから、学生主導で日本文化や日本社会について学ぶ「日本クラブ」という活動を開始したり、教師向けの研修をときどき行ったりしています。これらの活動も、前年度までは行われていなかったものであり、専門家派遣による日本語教育環境改善の、一つの成果だと言えると思います。
さらに、学内だけではなく、学外諸団体との協力により、学習者の日本語使用機会を増やす取り組みも始めています。3月には、チェルノブイリ原子力発電所事故被害者の支援事業を行っている、日本のNGO団体と協力し、当該NGO主催の日本語スピーチコンテストを行うことができました。学習者にとって、貴重な経験になったとともに、NGOの方々からも、学生のスピーチに対して非常に高い評価を受け、ぜひ来年度以降も定期的にスピーチコンテストをやりたいと言っていただきました。

 現在、ベラルーシでの日本語教育は、まだ発展段階にあり、これから専門家派遣事業を継続していくことで、よりよい日本語教育の環境をデザインしていくことが求められていると思います。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
専門家は、日本語の授業を担当するとともに、カリキュラム開発や他教師へのアドバイスを行う。派遣先機関は、学部数、学生数ともにベラルーシ最大の国立大学である。専門家が派遣されている国際関係学部は、その中でも最も有名でレベルが高いと言われている学部である。大統領をはじめ、多くの政治家や国内有力者の子息が本学部で学んでおり、ベラルーシの外交の場や政府機関での仕事を担う、国際関係学の専門家を育成することを目的としている。2002年から、日本語・日本学専攻コースが新設されており、日本に関する専門家の育成も始まっている。
ロ.派遣先機関名称 ベラルーシ国立大学
Belarusian State University
ハ.所在地 Akademicheskaya st. 25-402, Minsk, Republic of Belarus
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
東洋学部極東学科
国際関係学部
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1995年から
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2002年
(ロ)コース種別
3年生以上は外国語として、現1年生より日本語・日本学専攻。
(ハ)現地教授スタッフ
常勤1名、非常勤2名(うち邦人1名)。
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   主専攻1年生10名。
外国語科目で3年生6名、4年生3名。
(2) 学習の主な動機 日本への憧れ、国際関係の専門家を目指して。
(3) 卒業後の主な進路 政府機関、国内民間企業就職。
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
3年生以上は日本語能力検定2級、1年生は1級受験可能程度。
(5) 日本への留学人数 ほとんどなし。

ページトップへ戻る