世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ミンスク国立言語大学における日本語教育

ミンスク国立言語大学
神吉宇一

ミンスク言語大授業1の写真
ミンスク言語大授業1

 ミンスク国立言語大学への専門家派遣は、2002年9月から始まりました。現在、まだ派遣開始1年目であり、徐々に日本語学習環境の整備を進めているところです。

 ミンスク国立言語大学では、専門家は週に2時間のみ授業を担当することになっています。そのため、専門家に求められる仕事は、授業を担当することはもちろんですが、むしろ、カリキュラム開発や日本語教育環境整備、他教師の授業実践に対するアドバイス、教師研修の実施などであると言えます。

 今年度は1年目であることを考え、まずは大学内の日本語学習の環境整備を行っています。ミンスク国立言語大学には、日本語教育のための教室がありますが、部屋の中には、机といす、黒板があるのみです。そこで、現在、その部屋にテレビ、ビデオ、日本語衛星放送設備、インターネットに接続できるコンピュータ、およびインターネット回線などを設置していただけるように、大学側に要望しています。すでに、大学側からは、この件に関して「できるだけ早急に設置する」という回答をいただいていますので、現在は設置待ちの状態といえます。

 ベラルーシには、在留邦人が20名ほどしかいませんし、旅行者もほとんどいません。また、日本語の書籍やビデオ、CDなどが売っている店もありません。そのため、日本語学習者が日本語に接する機会は、教室をのぞいてほぼ皆無だといっても過言ではありません。ですから、日本語教室の中を充実した日本語環境に変えていくことは急務だと考え、上記のような学内の学習環境整備を進めているところです。

 ミンスク国立言語大学は、5年制の大学で、日本語の通訳、翻訳の専門家を育成することを目指しています。当大学では、日本語専攻の学習者を5年に一度しか募集しません。これは、国内での日本語需要が低いためだとされています。確かに、現在、ベラルーシには日本企業は一社もありませんし、現状では、今後進出してくる予定もないようです。また上記のように旅行者もほとんどいませんし、まして日本からのツアー旅行もありません。ですから、通訳者・翻訳者としての日本語専門家が活躍する場は、かなり限られています。ですが、そのような状況において、じっくりと知日家を育てていくことが、ベラルーシにおける最も重要な日本語教育の役割ではないかと考えています。

ミンスク言語大授業2の写真
ミンスク言語大授業2

 ベラルーシの日本語教育の一番のおもしろさは、教室での学習の成果が、学習者の日本語力のほとんどに影響するというところです。学習者のみなさんが日本語に触れるのは、教室がほぼ唯一の場所になります。ですから、学習者の日本語力の向上の如何は、われわれ教師たちがやっている実践にかかっているといえます。これは、とても大変なことではありますが、非常にやりがいのあることでもあります。当初、お互いにまったく意志の疎通ができなかった新一年生たちと、日本語を通じて人間関係を作り出していけるようになってきたのは、日本語学習の環境をデザインしている専門家にとっては、何ものにもかえがたいよろこびとなります。

 当地の日本語教育に関して、今後の課題としてあげられるものは、大きく二つあると考えています。

 課題の第一は、カリキュラムの開発です。現在、逐次、教師同士が連絡を取り合って、授業内容を調整しています。これをもう一歩進めて、総合的な年間カリキュラムを事前に作成し、一年を通してそれに沿って授業実践が行えるようになっていけば、学習の効果はさらに上がると考えられます。

 課題の第二は、教師研修の実施です。何度か、教師研修を実施しようと試みましたが、各教師の都合がつかず、現時点ではまだ実施することが出来ていません。今後、この点についても状況を改善していく必要があると考えています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
専門家は、主にカリキュラム開発や他教師の日本語教育実践に関するアドバイスを行う。本大学は、ベラルーシ国内最大の外国語専門大学であり、日本語専攻はその中の通訳学部東洋語科に設置されている。通訳学部には、12の言語専攻があり、各言語での通訳、翻訳専門家の養成を目指している。また、通訳学部では、言語教師になるための言語教育学の授業も開設されているが、日本語専攻の学生で、現在まで日本語教師になった卒業生はいない。ベラルーシ国内の日本語需要がほとんどないことから、本学科での日本語専攻学生は、5年に一度の募集となっている。現在の1年生は第三期の入学生である。
ロ.派遣先機関名称 ミンスク国立言語大学
Minsk State Linguistic university
ハ.所在地 Zakharov st. 21, Minsk, Republic of Belarus
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
通訳学部東洋語科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   専攻1993年から
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2002年
(ロ)コース種別
専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤1名、非常勤1名(うち邦人1名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   主専攻で1年生15名
(2) 学習の主な動機 日本への憧れ、通訳専門家志望
(3) 卒業後の主な進路 民間翻訳会社に就職、日本留学。
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定1級受験可能な程度。
(5) 日本への留学人数 毎年1名程度。

ページトップへ戻る