世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ミンスク国立言語大学における日本語教育(2004)

ミンスク国立言語大学
神吉宇一

ミンスク国立言語大学の写真1
ミンスク国立言語大学の写真2
ミンスク言語大

 ミンスク国立言語大学への専門家派遣は、2002年9月から始まりました。今年度は、派遣2年目にあたります。当初に比べると、日本語教育環境はかなり変わってきましたが、まだまだ十分なものではありません。

 ミンスク国立言語大学では、専門家は週に2時間のみ授業を担当することになっています。そのため、専門家に求められる仕事は、授業を担当することはもちろんですが、むしろ、さまざまな面での日本語教育の環境整備であると言えます。

 1年目は、まず大学内の日本語学習のハード面での環境整備に取り組みました。特に、インターネットに接続でき、日本語が使えるパソコンを日本語教室に導入して欲しいと大学側に要望し続けていました。そして、今春、ようやくその願いがかない、最新のコンピュータが一台設置されました。さらに、近いうちに日本語教室の改装が行われ、それに合わせてビデオデッキやテレビも設置される予定です。

 授業内容の面では、1年目の終盤から2年目の前半にかけて、ベラルーシ人教師の授業を定期的に見学させていただき、授業後に日本語に関する言語的な問題や、授業についての意見交換を行ってきました。これは、一方的にこちらが授業のやり方を教えるという立場からではなく、授業見学を通して、互いに学び合おうという趣旨から行われたものです。したがって、私自身も、授業を行っている先生を指導するという見方ではなく、むしろ自分自身が学ぶべき点やベラルーシ人教師の授業の特徴、特に優れている点を明らかにしたいと思って見学していました。この見学を通して、ベラルーシ人教師の授業実践内容や方法を熟知できました。そして、専門家としてのサポートのポイントも明確になり、効果的なサポートができるようになりました。残念なことに、現在は専門家の他大学の授業との兼ね合いで、この授業見学ができなくなってしまっています。今後は、授業見学を通してではなく、教師研修などを通して、日本語教育の質の向上を図っていく必要があるでしょう。

 一方、大学外では、日本語教育を実施している教育機関の教師が大学の枠を越えて集まり、日本語教師会設立の話し合いを行いました。教師会自体の実質的活動はまだ始まっていませんし、具体的な活動内容や、活動時期についても、まだまだこれから決めていかなければなりません。しかし、教師会組織を作ろうという気概は、それぞれの教師が持っており、一致協力して今後の発展を目指していかなければなりません。今年度は、ベラルーシ人教師と派遣専門家が協力し、さらに在ベラルーシ日本国大使館の協力も得て、日本語スピーチコンテストを開催することもできました。来年度からは、このスピーチコンテストを教師会の手に委ねることも検討されています。

 ミンスク国立言語大学は、5年制の大学で、日本語の通訳、翻訳の専門家を育成することを目指しています。当大学では、日本語専攻の学習者を5年に一度しか募集しません。これは、国内での日本語需要が低いためだとされています。確かに、日本語の需要が極端に低いというのは当地の日本語教育における特徴的問題点だと言えます。実際、本学卒業生で、現在ベラルーシ国内で日本語を使う定期的な仕事に従事している人は一人もいません。

 しかし、国内の状況、周辺諸国の急速な変化と発展を考慮すると、今後もこのような状況が末永く続くとは思えません。おそらく近い将来、この地でも日本語の需要が高まってくるでしょう。そのときのために、今から人材を育成していくのは、日本とベラルーシ双方にとって非常に価値があることだと思われます。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
専門家は、主にカリキュラム開発や他教師の日本語教育実践に関するアドバイスを行う。本大学は、ベラルーシ国内最大の外国語専門大学であり、日本語専攻はその中の通訳学部に設置されている。通訳学部には、12の言語専攻があり、各言語での通訳、翻訳専門家の養成を目指している。また、通訳学部では、言語教師養成を目指して、言語教育学や言語学の授業も開設されている。しかし、現在まで日本語教師になった卒業生はいない。ベラルーシ国内の日本語需要がほとんどないことから、本学科での日本語専攻学生は、5年に一度の募集となっている。現在の2年生は第三期の入学生である。
ロ.派遣先機関名称 ミンスク国立言語大学
Minsk State Linguistic university
ハ.所在地 Zakharov st. 21, Minsk, Republic of Belarus
ニ.国際交流基金派遣者数 NIS専門家: 1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
通訳学部ドイツ語学科東洋語講座日本語コース
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1993年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2002年
(ロ)コース種別
専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤1名,非常勤1名(うち邦人1名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   主専攻、2年生:15名
(2) 学習の主な動機 日本への憧れ、通訳専門家志望、困難な外国語への挑戦
(3) 卒業後の主な進路 単発的な通訳・翻訳業務
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定1級を受験可能な程度
(5) 日本への留学人数 毎年1名程度

ページトップへ戻る