世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート)語学の専門家を育てるミンスク国立言語大学

ミンスク国立言語大学
小野崎亮

ミンスク国立言語大学の特徴

ミンスク国立言語大学(以下「言語大学」)はその名のとおり「言葉」の指導を主軸に文化、思想、翻訳・通訳技法など語学の本格的な専門教育を行っています。日本語コースは通訳・翻訳学部、東洋語学科に所属しています。即戦力となる言語のプロフェッショナルを輩出するべく質の高い教育を提供している教育機関で、国内有名企業や各国の大使館職員として勤務している卒業生も少なくありません。在学中に市内の語学学校で日本語を指導している強者もいるほどです。この数年、ベラルーシで行われる弁論大会の上位入賞者は言語大学からの学生が多く、語学に関する実力はすばらしいです。

ミンスクの中央にある勝利記念広場とそこに建つオベリスクの画像
ミンスクの中央にある勝利記念広場のオベリスク。この広場のすぐ近くにミンスク国立言語大学はあります。

多くの学生達が学ぶ学校の外観の画像
多くの学生達が熱心にここで勉強に励んでいます。

少数精鋭指導

言語大学の日本語コースの大きな特徴は5年に一度新入生を迎えるという点です(日本語主専攻)。おかげでコースの運営は極めてシンプルとなりますし、指導における一切の無駄を排除します。これはあたかも職人技術を師匠が弟子達に伝授していくようです。言語大学では3年生から日本語で日本文学の講義がスタートします。無謀のようにも思えるのですが、それが可能なのは言語大学の教師が少数の学生達と授業で徹底的に向き合うという贅沢な学習環境のおかげです。

学生達のニーズに対応

このような質の高い教育は日本語を専門的に学習したいというニーズに応えることが可能です。とはいえベラルーシで益々高くなる日本ブームに即対応することができません。5年に一度しか無いチャンスでは、多くの人は取り残されてしまいます。そこで言語大学ではこの数年、副専攻として日本語を学ぶ機会を提供しています。おかげで第二外国語、第三外国語として日本語を学ぶことができるようになりました。

ベラルーシの若者にとっての日本

語学になみなみならぬ興味と実力を持つ言語大学の学生達ですが、それは「言語オタク」であるという意味ではありません。学生達の興味は教師の予想を越えています。例えば、「桜井さんが好き!」という女子学生の発話にてっきり某アイドルグループのメンバーかと話を合わせていたら、ビジュアル系大御所バンドのボーカリストのことでした。男子学生が「○ンパンマンを読んでいます」と言うので、大学生が幼児向けの絵本を読んでいるのかと首を傾げていたら「あ」ではなく「ワ」、全く別ものの作品でした。アニメもマンガもロックもホラーゲームも大好きという学生達。ほんの10数年前なら学生達の興味は芥川龍之介や三島由紀夫、安部公房、せいぜいスタジオジブリのアニメーションがお約束でした。今では「ヤオイ系」のマンガが好きと公言するのは最新の日本を知っている証のようです。日本のいろいろなことに興味を持ってくれる学生達。色眼鏡で見るのではなく、自分が好きだと思ったものを好きだと言ってくれる学生達。学生達の興味についていけないと諦めるのではなく、学生達に負けないよう色々なことをリサーチしなければ…。教師の仕事は日々学ぶことであると改めて実感しています。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
Minsk State Linguistic University
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
日本語専攻コースは東洋言語学科に設置されている。日本語コースの学生募集は、5年に1度で、主にプロの通訳・翻訳家の育成を目指している。日本語専門家は現地教員と協力しながら日本語の授業の他、専門科目の講義を担当する。さらに教員の教授力・日本語力向上のために支援を行う。
所在地 Zakharova St.21, 220034, Minsk, Belarus
国際交流基金からの派遣者数 専門家:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
通訳・翻訳学部 東洋言語学科
日本語講座の概要
沿革
  講座(業務)開始年 1993年
  国際交流基金からの派遣開始年 2002年
 
コース種別
  専攻・副専攻
 
現地教授スタッフ
  常勤4名(うち邦人1名)
学生の履修状況
  履修者の内訳 主専攻4年生:27名
副専攻3年生:27名 5年生:15名
  学習の主な動機 「日本・日本文化への興味」
「留学」「翻訳・通訳家希望」
  卒業後の主な進路 翻訳・通訳業務、官公庁、民間企業
  卒業時の平均的な
日本語能力レベル
能力試験N1~N2受験可能レベル
  日本への留学人数 数年に2名程度

ページトップへ戻る