世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ブルガリアでの業務

ソフィア大学
飯尾幸司

日本専攻の忘年会の写真
日本専攻の忘年会

 ブルガリアに赴任して早1年が経とうとしている。

 この1年の間にまず目指したことは、派遣先機関であるソフィア大学の先生方のことをよく知り、また、筆者のことをよく知ってもらうことで、一緒に仕事をしていく上でのパートナーとして認めてもらうことであった。

 言うまでも無く、現地教師との信頼関係が築けなければ、我々派遣専門家ができることは非常に限られてしまい、専門家がそこに存在する意味すら見出せない可能性がある。

 派遣されてからしばらくの間は、お互いに遠慮しているところもあったが、最近では授業や学科運営のことはもちろん、個人的な問題についても話してもらえる関係が築け、これが何よりの収穫であったと考えている。

 筆者が実際に自分で担当している授業以外でソフィア大学に貢献できていることはまだそれほど多くないが、一年かけて培ってきたこの信頼関係を今後に生かしていきたいと考えている。

 具体的には、まずは先生方に、学年が進むにつれて授業に参加しなくなる学生が増加することを問題だと思ってもらい、それを一緒になんとかしようという気持ちになってもらうことを現在目指している。

 ソフィア大学の一部の学生は極めて優秀であるが、その反面、上述のような問題を抱えており、それは学生自身の問題であって教師の問題ではないと考える教師もいる。大学生なのだから、その辺のことは自己責任でといった主張も理解できないわけではないが、自分のやりたいことを他に見つけたわけでもなく、ただ日本語に興味を失ったから授業に来ないという学生が増えることは、大学にとっても決して望ましいことではなく、派遣専門家という立場からしても避けなければならないことではないだろうか。

 こういった問題はどこの機関にも多かれ少なかれ存在するものであると思うが、この問題について考える際、いつも働きアリの理論が思い出される。

ブルガリア弁論大会の写真
ブルガリア弁論大会

 いい学生を育てたということは教師にとって非常に喜ばしいことであり、充実感を覚えるが、一部の学生はどんな教師が教えたとしてもある程度日本語が上手になるものであって、それは教師の自己満足に過ぎないのではないだろうか・・・。 

 そうではなく、その教師に出会っていなければ、とっくに日本語に興味を失い、脱落していったであろう学生に、動機付けを行い、日本語を学ぶことの意味と楽しさを実感させ、ああ、この教師に出会えてよかったと多くの学生に思ってもらえる教師こそがいい教師と言えるのではないだろうかと。

 筆者はこれまで、授業のレベルを維持しつつ、そういったことを目指してきたのであるが、今年度担当している2年生から4年生のクラスでは、5月現在、年度開始時(10月)とほぼ同じ出席率を維持できている。

 筆者のもう一つの大切な業務は、ブルガリア全体の日本語教育の現状を把握することと、レベルの向上である。

 こちらに関しては基本的に日本語教師会の研究会を通じての支援を行っている。

 この研究会の司会は、教師会会長と筆者が隔月で担当することになっているのであるが、レベルの高いことが行われており、参加者にとっては非常に有意義なものとなっている。

 しかし、内容が高度であるがゆえに、一部の教師にとっては敷居が高いものになってしまっており、問題点としては、参加するメンバーが固定されていることである。

 また、ブルガリアの日本語教師には、大学教師、高校教師、日本語学校の教師など、さまざまな機関で教えている教師がいるが、それぞれの求めるものが違い、全ての機関の教師にとって興味が持てるテーマを選ぶことが非常に難しいといった問題もある。

 こういった問題を解決するために、先生方の意見を聞きながら、もし必要であれば、来年度は教師会の研究会とは別に、機関別の勉強会も開催できればと考えている。

 以上、簡単にではあるが筆者のブルガリアでの業務について報告した。

 最後に、業務とは直接関係ないが、日本語教育関係者に限らず、ブルガリア人には非常に親切にしてもらっている。そのせいか、筆者も、お年寄りや困っている人を見かけた際に、あまり躊躇することなく、気持ちを行動に移せているような気がしている。

 ヨーグルトと薔薇と琴欧洲、そして、人に対して優しくなれる国ブルガリアに、みなさんも機会があれば是非いらしてみてください。

 その際は、ソフィア大学にも是非お立ち寄りください。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
Sofia University "St. Kliment Ohridski"
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
ソフィア「聖クリメント・オフリドスキ」大学日本学専攻はブルガリアにおける日本語教育の最高峰である。専門家は週6コマの授業を担当し、学習者の更なる成長を目指すとともに、ティームティーチングや勉強会により、ネイティブ教師の日本語力や教授力の向上を目指している。そのほかに、カリキュラム・教材に関する助言、日本語教育ネットワーク構築のための支援も行っている。
所在地 CIEK, 79 Todor Alexandrov Blvd, Sofia 1303, Bulgaria
国際交流基金からの派遣者数 専門家:1名、指導助手:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
古典及び現代言語学部、東アジア言語文化学科
日本語講座の概要
沿革
講座(業務)開始年   一般講座:1968年
日本専攻:1990年
国際交流基金からの派遣開始年 1981年
コース種別
専攻
現地教授スタッフ
常勤:6名(うち邦人0名) 非常勤:4名(うち邦人0名)
学生の履修状況
履修者の内訳   1年生から4年生まで各15名程度
学習の主な動機 日本語や日本文化に対する好奇心 留学希望
卒業後の主な進路 日本・ブルガリア両大使館、ブルガリア外務省、一般企業、教師
卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験3~1級程度
日本への留学人数 6名程度

ページトップへ戻る