世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 日本語学習者層の拡大に向けて

カザフスタン日本人材開発センター
久野 元

カザフスタンでの日本語教育の現場写真

 カザフスタン日本人材開発センター(以下、日本センター)はカザフスタンの経済発展をになう人材の育成と、日本とカザフスタンの相互理解をすすめるため、国際協力機構(JICA)によって設立されました。現在、日本センターには初級から上級までの日本語クラスがありますが、その目的は、人材の育成よりは相互理解のほうに比重がかかっていると言えます。それと言うのも、カザフスタンに支店や事務所をもつ日本企業はあまり多くなく、日本語が話せる人材の需要もそれほど高くないためです。しかし、豊富な天然資源を持つカザフスタンは、日本の新たなエネルギー供給国として最近注目されているので、学習者が日本語を実践場面に活かして活躍できる日が将来的にはやって来るのではないかと期待しています。

 このような状況の中で、日本センターでは現在およそ200名の人が日本語を学んでいます。彼らがここで学ぶ主な理由は、日本への憧れや親近感、未知の文化に対する興味、と言ったものがほとんどです。これらの学習動機を維持するため、授業の他に、カザフスタン在住邦人の方々の協力を得て生の日本語に触れる機会を与えたり、文化講座を開いたりしています。

 一方、カザフスタンには中国人や韓国人が多く住んでおり、経済的なつながりも強いです。このため最近ではこれらの国の言葉を学習する人が増えています。また、中国や韓国の政府機関もカザフスタンでの言語教育に力を入れています。そこで、このままではカザフスタンでの日本語教育が衰退してしまうのではないかという懸念から、日本センターでは今年度、通信講座を開講することにしました。これは、日本語を勉強したいけれど始めるのをためらっている人、日本センターには遠くて通えない人などに、手軽に日本語や日本について知ってもらうのが目的です。できるだけ多くの人に日本語に触れてもらい、日本語に興味を持ってくれたらいいなと考えています。また、しばらく休止していた「子供のための日本語講座」も夏休みに開講します。これをきっかけに将来、本格的に日本語を学習しようと思う子供たちがたくさん現れてくれればと思います。

 ところで昨年、小泉前首相がカザフスタンを訪れた際、カザフスタン政府とのあいだで、今後、ボラシャック奨学生(カザフスタン政府から奨学金を受ける大学生・大学院生)を日本側でも引き受けるという取り決めがなされました。これまで「日本への留学」は日本語学習の動機で高い位置を占めていませんでしたが、二国間でこのような取り決めがなされたことで、留学が現実味を帯びたものとなり、日本語学習者が増えていくのではないかと思われます。日本センターへは日本での留学を希望するカザフスタンの学生の支援活動もしていきたいと考えています。

 上述のような日本語コースの企画、準備、運営は、国際交流基金から派遣されている筆者と日本語教育指導助手の二人で行っています。このため、教室で実際に授業をする時間の割合は、全体の仕事量の中でかなり少ないです。学習者と触れ合う時間があまり無いのは教師として寂しい気がしますが、私たちの企画した講座で日本や日本語が好きになってくれる人がだんだん増えていくことを思うと、これらの業務に大きなやりがいを感じています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
カザフスタンの市場経済の発展を担う人材を育成するため、JICAによって設立された。日本語コースのほかにはビジネスコースがある。日本語コースは学生および一般成人を対象として開かれている。また、書道、折り紙、囲碁といった文化紹介活動も行っている。本年は通常の日本語コースに加え、子供のための日本語講座、夏期集中講座、通信講座も開設する。
ロ.派遣先機関名称 カザフスタン日本人材開発センター
Japan-Kazakhstan Center for Human Development
ハ.所在地 55 Jandosov str., 050035, Almaty, Republic of Kazakhstan.
ニ.国際交流基金派遣者数 日本語教育専門家:1名 日本語教育指導助手:1名

ページトップへ戻る