世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) キルギスをご存知ですか

キルギス共和国・日本人材開発センター
中林理絵

キルギスと日本語教育

授業風景の写真
授業風景

 中央アジアの真珠と呼ばれるイシククリ湖で有名なキルギス共和国は、山国で豊かな自然がいたる所にあります。昔はシルクロードの南路と北路が通っており、様々な民族が行き交っていたことから、現在でも国内には80以上の民族が共生していると言われています。主要な言語はキルギス語とロシア語で、キルギス人の大半が昔は遊牧民族でした。

 日本語教育はキルギスが旧ソ連邦から独立した年の1991年から始まりました。教育開始当時は教育に必要なあらゆるものが不足していて、手探りの状態で始められたようですが、10年以上経った今日では、徐々に教育環境が整備されてきています。現在高等教育機関を中心に約800名近い日本語学習者がいます。

 日本ではキルギスのことを知っている人はわずかですが、こちらの人々の日本への関心は高く、同じアジア人である日本人が戦後の困難を乗り越え、経済大国となったことを好意的に捉えている方が多いです。市場経済化への移行という大きな社会体制の変革の中で、日本語教育がただ言葉を教えるためだけのものではなく、若い人材育成にどのように関与できるかが大きな課題です。

日本センター業務

生け花体験の写真
生け花体験

 キルギス共和国・日本人材開発センターの日本語コースには初級I、II、中級I、II、上級とビデオコースがあります。ビデオコース以外は通年のコースで、初級I~中級IIまでの4年一貫コースが基幹となるコースです。日本語コースは主に一般成人を対象にしていますが、さらに年少者への日本語教育も計画しています。また現地の要望として、教師研修コース、観光・ガイド日本語コース、ビジネス日本語コース等の設置が待たれています。

 当センターでは大学で日本語を学ぶ機会のなかった人々を中心に日本語教育を行い、学習者自身の専門と日本語の二つを生かして、将来何らかの形で日本と関係をもつ仕事に従事できるような人材の育成を目指しています。

 当センターでは現地への技術移転にも力を入れており、私も現地人講師の指導・育成が大きな仕事です。さらに、これまでは教授技術を高めることが第一の課題として進められていて、日本語教育に関する研究活動がほとんど行われていなかったので、それを少しでも改善しようと、当センターの現地人講師と日本語・キルギス語の対照研究も始めました。

 またセンタースタッフと協力して日・キ交流が進展するよう、様々な文化関連事業も行っています。これまでに生け花のデモンストレーション、日本映画上映会、和太鼓教室等を行いました。

 体外的には、当地における日本語教育発展のために、日本語教育支援活動を積極的に行っています。これからの課題として、地方に広がりつつある日本語教育の支援・拡大があげられます。

教師会活動

 キルギス日本語教師会が規約を定め、正式に発足したのは1999年10月1日です。当初教師会は日本語教育に関する情報交換、教師間の親睦・交流の場であり、主な活動は、月1回の会合とキルギス日本語弁論大会の実施くらいでしたが、少しずつ活動の場を広げてきました。現在では、弁論大会(年2回~3回)の他に、日本語作文コンクール(年1回)、勉強会(月1回)、日本語教師会会報発行(年3回)、統一カリキュラム作成委員会(隔週木曜)、ホームページ作成・管理等を行っています。

 教師会活動の内、統一カリキュラム委員会についてご紹介します。統一カリキュラム作成委員会というのは、キルギスにおける日本語教育のレベルを上げるために、まずは大学で一定の基準となるカリキュラムを作ろうということで始まりました。大学で大きな問題となっているのは、実践的な日本語を学ぶことはできるが、専門的なことを学ぶには環境が整っていないということです。日本留学の機会に頼るだけでなく、これからはキルギスでも日本学に関連する分野での研究者を輩出したいと考え、カリキュラムを改善し、研究者育成に役立つものも加えていくことが必要であると考えました。しかしその前に、大学で日本語文法を母語できちんと教えていないことが問題点としてあげられ、最初の活動としてロシア語で書かれた簡単な文法書の作成を行っています。この文法書を使って初級の段階で日本語文法をおおまかに理解させ、早い段階からテキストを読む力をつけさせて、上の学年で原書講読、日本研究のコマをもっと増やすためです。この委員会は今年から始まったばかりで、今後どのような成果が上げられるかたいへん楽しみです。

 教師会は他国と比べると規模も小さく、歴史も浅いですが、会員同士がまとまり、ひじょうにアットホームな雰囲気で活動しています。この和やかな雰囲気が、教師会活動の大きなエネルギーになっています。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
キルギス共和国・日本人材開発センターは両政府間の合意に基づき、キルギス民族大学と国際協力機構(JICA)との共同プロジェクトとして2003年4月に発足した。当センターの主な目的は、市場経済化促進のための専門的人材の育成である。そのための大きな柱として「日本語コース」「ビジネスコース」「相互理解促進事業」がある。
「日本語コース」は主に一般成人を対象としたコースであり、初級Ⅰ~中級Ⅱまでの4年一貫コースで学ぶ。また現地の日本語教育支援活動にも力を入れている。
さらに日本語の授業の他に、生花教室、和太鼓クラブ、日本映画上映会など文化事業にも取り組んでいる。
ロ.派遣先機関名称 キルギス共和国・日本人材開発センター
Kyrgyz Republic-Japan Center for Human Development
ハ.所在地 KNU, 2nd Floor, Building 7, 109 Turusbekov str.,
Bishkek 720033, Kyrgyz Republic
ニ.国際交流基金派遣者数 青年日本語教師: 1名

ページトップへ戻る