世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) モスクワで「日本人的なロシア人」に会える?

モスクワ国立大学アジア・アフリカ諸国大学
加納直子

 モスクワ国立大学はロシアで最初にできた大学であり、その創立記念日である1月25日(聖タチアナの日)は「学生の日」として、今はロシアの全学生のお祝いの日である。当大学は1755年の創立以来、ロシアの最高学府として国内の教育に中心的な役割を果たし、各界の著名人を数多く輩出してきた。モスクワ国立大学における日本語教育も、1956年以来の歴史を持ち、常に国内の日本語教育をリードしてきた存在であると言えるだろう。その歴史と実績のおかげで、日本語日本文学講座は、優秀で経験豊かな教師陣、豊富な教材教具、留学機会の多さ、日本人・日本語に触れる機会の多さなど、環境に恵まれている。
 そのような環境の中、唯一の日本人教師として一番求められる役割は、一日本語教師として授業を行うこと以上に、日本人だからこそできることに重点がおかれる。同僚教師や学生のニーズにこたえるため、TVニュースと主要新聞5紙に欠かさず目を通し、日本にいた時よりもずっと日本の世論や政治・経済・文化に詳しくなった。各教師との接触をなるべく多く持ち、必要なものを察知することも必要である。常に時間に追われている同僚のために、彼らの手が届かない面を、学生に対しても雑用でも、フォローするように心がけている。

 当講座の教師陣は、日本語の運用能力が高いだけでなく、日本人のメンタリティや日本式の礼儀にも精通している。在モスクワ邦人が「ロシア人と働くのはストレスがたまる」と訴える中、筆者自身は、日本的な礼儀正しさに囲まれ、嫌な思いは全くしたことがない。
 そこで、学生たちが教師に倣い、日本人による前述のコメントに「ISAA(当学の略称)の卒業生は例外だ」と付け加えてもらうべく、日本人の思考法やそれに合わせた対応などを指導している。例えば、ロシア人にとっては「謝ることは自分の非を認めることであり、自分は悪くないことを何としても主張するべきであるし、自分に責任がなければ当然謝らない」が、日本人の作法は違い、また自分は関係なくても会社への苦情には会社を代表して謝るのだ、といったことである。ロシア人に「ロシア人らしさを捨てろ」と言うつもりはないが、知識は持っていてほしいし、できればその知識を生かして日本人の信頼を得てほしいと思う。

 モスクワの教師対象には、毎月1回「日本語教師勉強会」を行っている。他の教育機関からも含め毎回10数名の教師が集まり、新聞記事を読んで話し合ったり、言語運用や語彙の使い分けについて疑問を出し合って学んだりしている。毎回の参加者にはベテランの先生もあり、経験を積んでなお学びつづける姿勢に頭が下がる思いである。筆者自身も毎回、勉強になることが多い。

 冷戦時代は地球の反対側にあるかのように思えたロシアも、今となればやはりお隣の国で、以前より身近に感じられる。モスクワでも同様、かつての東洋趣味や経済的興味は、日本食や日本映画・アニメの人気にとってかわられたようだ。恵まれた環境で育った日本語学習者たちが日本の専門家として巣立ち、ロシアと日本との間の掛け橋を増やし続けてくれれば、いずれ両国の間に海があることを感じられなくなるのではないか。その日が来るのを楽しみにしている。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
 旧ソ連時代から、国内の日本語教育の中心的役割を担い、数多くの日本研究者、日本語教員を輩出してきた。現在モスクワで日本語教育に携わる教師の大半は当大学の出身である。大学院では日本語教授法の講義も行われている。古くから現在まで教科書などの教材開発が活発に行われており、ロシア語圏で広く使用されている。卒業生には、著名な日本研究者や日本文学翻訳家も含まれている他、外務省や民間での日本勤務経験者も数多い。
 派遣教師は、学生の指導の他、同僚への情報提供、相談相手も務める。毎月日本語教師勉強会を行う。
ロ.派遣先機関名称 モスクワ国立大学附属アジア・アフリカ諸国大学
Institute of Asian and African Countries, Moscow State University
ハ.所在地 Mohovaya st. 11, Moscow, 103009, Russia
ニ.国際交流基金派遣者数 NIS諸国派遣専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
アジア・アフリカ諸国大学(モスクワ大学の一学部である) 所属学科なし
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1956年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1993年(98年)
(ロ)コース種別
専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤17名(邦人0名)、非常勤1名
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生38名 2年18名 3年19名 4年25名 5年17名
(2) 学習の主な動機 日本への憧れ、家族親戚に日本関係者がいる(滞日経験がある)
(3) 卒業後の主な進路 一般企業・日系企業に就職、公務員、進学
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
留学経験者は1級
(5) 日本への留学人数 17名

ページトップへ戻る