世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 「日本から最も近い外国」での日本語教育(2003)

サハリン国立総合大学付属経済・東洋学大学
後藤 恵利

サハリンについて

 サハリンはロシア極東に位置する島である。北海道-サハリン間はわずか40km。日本から最も近い外国である。かつては「樺太」といい、北緯50度以南は日本であった。今も日本時代の建物が数多く残っている。今、世界がサハリンに熱いまなざしを注いでいる。豊かな自然、水産資源、そして石油、天然ガスである。

サハリンの日本語教育

サハリン国立総合大学付属経済東洋学大学正面入口の写真
サハリン国立総合大学付属経済東洋学大学
正面入口

 州都ユジノサハリンスク市には水産会社、石油開発に携わる大手商社など数多くの日本企業が存在する。また総領事館などの公的機関もある。ロシアでこれほど日本と深く結びついている地はほかにないであろう。
 当然、当地の日本語学習熱は高い。学生達は国際交流、経済交流の場で通訳・翻訳者として活躍する姿を夢見、日々勉強に励んでいる。日系ロシア人、韓国・朝鮮系ロシア人の学生について言えば、近親者が日本人、または日本語話者という場合がある(*)。身近な所に日本語環境があったため、幼い頃から純粋な興味を持ち、日本語学習を始めた、あるいは近親者から勧められたという者が多い。これらのケースは他の都市と比べ、特徴的である。

サハリン国立総合大学付属経済・東洋学大学について

 サハリン国立総合大学はサハリン州(千島列島を含む)において唯一の国立高等教育機関であり、経済・東洋学大学は当地日本語教育の中心的役割を担っている。卒業生はサハリン内外の教育界、経済界で活躍中である。
 日本人教師の派遣が始まったのは1992年。日本語学科講師陣はすべて本学卒業生である。一昨年度、サハリン日本語教師会が発足し、本学が中心となって運営している。

今年度の取り組み

第7回極東・東シベリア日本語弁論大会(本学4年生によるスピーチの様子)の写真
第7回極東・東シベリア日本語弁論大会
(本学4年生によるスピーチの様子)

 今年度は以下の3つを念頭に活動してきた。
 一つ目は『他学科との連携』である。本学東洋学部は東洋語講座室(日本語、韓国語)と英語講座室に分かれている。他学科との問題共有を心がけ、積極的に情報交換を行った。特に英語講座室とはあまり交流がなかったので、対話に努めた。大学上層部には状況をこまめに報告し、積極的に提言を行った。
 二つ目は『日本人会との連携』である。日本人会総会などで当地日本語教育を積極的に紹介してきた。多くの会員が関心を示し、企業実習生受け入れや、講演を引き受けてくださった。また日本語教師のボランティアを申し出てくださった。
 海外での日本語教育は専門家だけのものではない。ボランティア教師の養成と支援、周囲に日本語教育の現状を発信し続けることも派遣専門家の使命であると考えている。
三つ目は『卒業論文指導』である。学生は日本の大学・大学院への留学を希望する者が多い。また教職を希望する者もいる。レベルの高い専門家養成を視野に入れ、論文指導に力を入れてきた。
 今年度は出だしは好調だったが、どういう訳か論文よりアルバイトに精を出す学生が増え、学業をおろそかにする雰囲気が学年全体に広がってしまった。残念ながら期待していたような卒業論文は少なかった。
 しかし以前と比べ改善された点がある。それは教師間で情報共有ができるようになったことである。これまで日本語学科では卒業論文をそれほど重要視しない雰囲気があった。というのも日本語学科では論文指導ができる講師が絶対的に足りないので、実際の指導は経験豊かな他学科講師が行うからである。論文はロシア語で書くが、口頭発表は日本語で行う。これまでは口頭発表の段階になってようやく日本語学科講師が関与するという始末であった。しかし日本人教師が前年度から積極的に論文指導に関与することで、日本語学科の発言力が高まった。また学生も相談に来るようになり、進み具合も把握できるようになった。

来年度に向けて

 今年の4年生についても卒業論文の方向性を明確にさせることと、情報共有を目的としたブレーンストーミング(計3コマ=240分)を実施した。研究テーマの決定は前年度中とすることが定着した。本学では4年次に学年論文を書くことになっているが、これまで学年論文と卒業論文を別個に考える学生が多かった。ブレーンストーミングを実施した結果、学生が学年論文と卒業論文をリンクさせて考えるようになった。
 日本でも通用するような質の高い論文を目指し、来年度も指導に力を入れていきたい。

*サハリン残留韓国・朝鮮人問題

 日本は嘗て朝鮮半島から多くの人々を強制連行や出稼ぎとしてサハリンに送り込み、戦後約二万三千人(一説には四万三千人)ともされる韓国・朝鮮人がサハリンに取り残された。その後、日ソ国交回復で日本人配偶者がいる人に限って帰国が認められたが、大多数は1989年以降、ようやく一時帰国や永住帰国が本格化。これまで永住帰国者は約1,550人に上る一方、大勢が帰国を切望しながらサハリンで亡くなっている。(平成15年5月9日付北海道新聞より)

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
サハリン州(千島列島を含む)において唯一の国立高等教育機関で、当地日本語教育の中心的役割を担っている。日本語弁論大会や、日本語教育セミナーは当大学が中心となって運営している。多くの卒業生がサハリン内外の教育界、経済界で活躍しており、社会的貢献度は高い。派遣専門家は日本語教授、カリキュラム・教材作成の助言、現地教師育成を行う。
ロ.派遣先機関名称 サハリン国立総合大学付属経済東洋学大学
Sakhalin State University,Institute of Economics and Oriental Studies
ハ.所在地 サハリン州ユジノサハリンスク市コミュニスト通り33番地
ニ.国際交流基金派遣者数 NIS専門家1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
東洋学部 言語学科日本語専攻/東洋学科日本語専攻
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1989年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1993年
(ロ)コース種別
言語学科/東洋学科:主専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤10名(うち日本人4名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   計162名(37,43,35,26,21)
(2) 学習の主な動機 日系企業への就職を希望、近親者が日本人、日本語話者だから、日本への興味・憧れ
(3) 卒業後の主な進路 就職(公的機関、地元企業、日系企業)、他専攻への進学、兵役
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
6~7割が2級合格レベル
(5) 日本への留学人数 年に3人程度

ページトップへ戻る