世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 日本企業の需要に応える人材育成を目指して

サハリン国立総合大学経済東洋学大学
新 佳乃子

サハリン国立総合大学外観の写真
サハリン国立総合大学外観

 かつて樺太と呼ばれたサハリンは、現在、その豊富な石油、天然ガス資源に世界の注目が集まり、アメリカ、日本をはじめとする海外の大手企業が競って進出してきている。本学の卒業生も、大多数が市内の外資系企業に就職できる。その際、期待されるのは、英語と日本語の運用能力である。また、距離的に近いことから、既に一度は日本へ旅行したことがある、という学生が、毎年2~3割いる。このような環境で日本語を学べることは、学生にとって大変恵まれたことである。

しかし、一方、不利な点もある。いったん日本語教師となった者も、数年で企業に移ってしまうことが多いため、常に教師不足の状態にあるという点である。日本語教育を開始して既に15年目に入ろうとしている当学であるが、現在いる日本語教師のうち、常勤のロシア人教師は、教師になって2年目が1名、1年目が2名の、計3名である。これを、現地在住の日本人や、非常勤講師が数コマ単位で補っている。非常勤講師には、まだ5年生に在学中の4名を含み、また、7名の日本人教師のうち、以前に日本語教授経験があるものは、専門家を含め、2名のみである。

日本人との交流会にて小劇を演じる学生達の写真
日本人との交流会にて小劇を演じる学生達

このような中、専門家に期待されることは、大変広範囲にわたると言うことができる。一定量の授業数をこなしながら、(1)教授法の指導、授業や教材に関するアドバイス、カリキュラムの調整等の、現地教師をサポートする業務、(2)卒業論文指導、教育実習指導、卒業国家試験の審査など、主任教師としての役割、(3)弁論指導、就職相談、留学相談、日本人会との連絡、日本語クラブの指導など、日本人の立場からの学生サービス、(4)弁論大会、教育セミナー等、専門家として、地域の日本語教育に貢献するための活動、などである。
今年度は特に、経験の浅い教師が多かったため、個別のアドバイスと共に、クラス間、学年間の調整に時間を費やし、一方で、とかく日本人に任せておくものという雰囲気に陥りがちだった、弁論大会、日本語教育セミナーの運営を、学科全体で取り組むイベントとなるよう工夫し、若いロシア人教師にも、自信とやり甲斐を実感してもらえるよう、配慮してきた。

このような活動をする中で、励みになるのはやはり、ありきたりではあるが、学生や現地教師の充実感溢れる笑顔、そして、「教師になりたい」という学生の言葉である。今年度の卒業生の中から現在、教師として大学に残ることを希望する学生が、4人出てきており、また、日本人の若いボランティア教師からも、プロの日本語教師になりたい、と考え始める者が出てきて、大変心強く思っている。

今後も、これまでの方針を維持して、明るく前向きな学科の雰囲気を作っていくと共に、一歩一歩、教師の技術向上に努め、日本企業の需要に応えられるよう、卒業時のレベルを高めていくことを目標としていきたい。また、日本語教育セミナー等を通じて、市内の日本語教育機関との連携を進めて行きたいと考えている。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
サハリン州(千島列島を含む)において唯一の国立高等教育機関で、当地日本語教育の中心的役割を担っている。日本語弁論大会や、日本語教育セミナーは当大学が中心となって運営している。多くの卒業生がサハリン内外の教育界、経済界で活躍しており、社会的貢献度は高い。専門家は日本語の授業のほかに、カリキュラム・教材作成の助言、現地教師育成を行う。
ロ.派遣先機関名称 サハリン国立総合大学付属経済東洋学大学
Sakhalin State University,Institute of Economics and Oriental Studies
ハ.所在地 Prospect Kommunistichesky 33,Yuzhno-Sakhalinsk,RUSSIA
ニ.国際交流基金派遣者数 NIS専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
東洋学部 言語学科日本語専攻/東洋学科日本語専攻
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1989年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 1993年
(ロ)コース種別
言語学科/東洋学科: 主専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤6名(うち邦人3名) 非常勤8名(うち邦人4名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   176名(1年53,2年37,3年41,4年31,5年14)
(2) 学習の主な動機 日系企業への就職希望
(3) 卒業後の主な進路 日系企業就職、他の企業へ就職、母校に就職
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定2級を受験可能な程度
(5) 日本への留学人数 3人程度

ページトップへ戻る