世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ハバロフスクの日本語教育をめぐる様子

極東国立人文大学
安河内 貴子

 ここ数年、ハバロフスクでは、大学で日本語を専攻、選択する学生はやや減少気味です。原因の一つは少子化の影響ですが、現在は子どもも少しずつ増えているそうですので、近い将来、大学で日本語を学ぼうという人たちがまた増えることを期待しています。もう一つの原因は、中国経済の発展や孔子学院の進出などによる中国語人気に押されているからですが、日本に対する興味・関心はいまだ大きく、日本語学習の動機が、就職に結びつくからというより、日本文化や日本社会、日本語など、日本への興味・関心からだという人が少なくありません。人々の日本に対する興味・関心はそう簡単になくなるとは思えません。これからも、日本語を、そして日本を学ぼうという学生たちは続くでしょう。

 日本語専門家が、派遣先の極東国立人文大学に求められている主な役割は、2年生から5年生までの会話の授業、日本語クラブの顧問、現地教師へのアドバイスです。その他、希望者対象の日本語能力試験受験対策クラスや日本語弁論大会出場者の指導なども行っています。

 弁論大会は、まずハバロフスク地方で大会が行われ、その上位入賞者が、ロシア極東と東シベリアの、各地域の代表が出場する「極東・東シベリア大会」に出場します。そして、ここでの上位入賞者が、CIS諸国の代表も集まる「モスクワ国際学生弁論大会」に出場します。

 スピーチ指導は、ハバロフスク地方大会の段階では、一昨年より現地ロシア人教師が担当することとし、今年はそれも3年目、教師陣もだんだん慣れてきたようです。「極東・東シベリア弁論大会」に出場する段階から専門家が指導を担当していますが、その練習時間を、出場学生は、1対1で日本人教師と毎日練習できると非常に有意義に感じているようです。

 また、いずれの大会でも、上位入賞した学生はもちろん、入賞しなかった学生も、出場そのものと、特に出場までの過程に意義を感じているようです。そして、入賞しなかった学生の中には、来年もう一度、と考える学生も少なくありませんし、この経験がきっかけとなり、さらに日本語学習に熱心になった学生も多くいます。

 毎年秋に開催される「極東・東シベリア大会」は、日本国総領事館がある、サハリン、ウラジオストク、そしてハバロフスクが主催を順に担当し、弁論大会とその翌日に開催される日本語教育セミナーが、国際交流基金の助成の下行われています。2010年の大会はハバロフスクが担当地域でした。派遣先大学と総領事館が協力し合い、夏期休暇前から準備を始めました。

 当日は学生たちも案内や受け付けを手伝い、また、教育セミナー終了挨拶の時の、飲み物や果物の用意などもしてくれました。手伝ってくれた学生の中には、前年度のウラジオストク大会に出場した学生がいたのですが、今大会でウラジオストクから出場した学生が彼女のスピーチを覚えていたことが分かり、とても喜んでいました。

 このような出来事も、開催地が3地域を回る極東・東シベリア大会ならではかもしれません。また、この大会に出場した学生たちは、この場での出会いを大切に、その後も交流が続いていることが少なくないそうです。多くの出場学生が大会前日から大会翌日まで開催校の寮に宿泊することも、交流のいいきっかけとなっているようです。

 2011年春に行われたハバロフスク地方大会では、残念なことに、出場者が派遣先大学の学生だけに限られてしまいました。しかし、地方大会のみの暗唱の部には高校生以下の生徒も出場するなど、出場者層が広がりました。また、日本語講座を開講しているハバロフスク日本センターからは毎年多くの参加希望があり、センター内で予選が行われています。

 今後も弁論大会が長く続き、それが学習動機と日本語力の向上につながればと思います。

 日本語クラブは、時々顔を見せてくださっていた日本企業の方が離任され、少し寂しくなりました。昨年末の在留邦人との交流イベントも邦人の参加がかなり減少し残念でした。しかし、今年になってから総領事館の家族の方々が時々参加くださり、学生たちの顔がまた明るくなったように思います。イベントは小規模の方が話しやすいかもしれないという意見もあり、今後の活動内容やクラブのあり方も学生自身でもう一度考えているようです。

 このような状況に、2年半ほどしか現地を見ていない立場からはつい一喜一憂してしまいますが、これまでも、そしてこれからもこの地に長くいるロシア人教師は、当然ながらもっと長いスタンスで見て、いいことはもちろん喜びますが、がっかりするようなことも、これまでにもいろいろあったしこれからまたいいことがある、と考えているようです。

 日本語専門家の役割は、大学に求められていることのほか、様々な日本語関連事業の実施、現地邦人とのパイプ役なども含まれています。また、日本語関連事業は、派遣先大学と総領事館、さらに、他機関の教師とが協力し合って実施されていますが、これらの活動を行う上で大切なのは、様々な活動を裏で支えること、現地機関が主導する立場になるようアレンジすることだと思います。そして、長く替わらぬ現地ロシア人スタッフと次々に替わる日本人関係者との間で仕事をするということ、私自身次々替わる一人であるということを念頭に言動することを忘れてはならないと思います。何より、現場をしっかり見ることが大切だと思います。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称
Far Eastern State University of the Humanities
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
ハバロフスク地方における日本語教育の中心的役割を担う。2001年度からは「通訳翻訳コース」が設置され、より実務的な日本語の専門家養成を目指すこととなった。日本語専門家は、通常授業のほか、日本語能力試験対策講座、弁論大会出場者指導なども行う。また、学生有志の集まりである日本語クラブの活動もサポートしている。その他、学部の研究発表会や、極東・東シベリア地域の日本語教育セミナーで発表を行う。
所在地 68 Karl Marx St., Khabarovsk, Russia, 680000
国際交流基金からの派遣者数 専門家:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
東洋語学部日本語学科
日本語講座の概要
沿革
講座(業務)開始年   1991年
国際交流基金からの派遣開始年 1993年
コース種別
主専攻
現地教授スタッフ
常勤6名(うち邦人0名)非常勤2名(うち邦人0名)
学生の履修状況
履修者の内訳   1年18名、2年20名、3年13名、4年26名、5年19名
学習の主な動機 通訳者・翻訳家希望、日系企業への就職希望、留学、日本文化・日本語等への興味
卒業後の主な進路 旅行社、ホテル、一般企業
卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力試験2級程度
日本への留学人数 1名

ページトップへ戻る