世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) 若い麦のように

キエフ国立言語大学附属東洋語大学
新 佳乃子

キエフ言語大東洋語校舎の写真
キエフ言語大東洋語校舎

 キエフ国立言語大学に日本より専門家が派遣されたのは、一昨年9月からです。しかし、本学はそれ以前から、主専攻で日本語を学べる機関としては、ウクライナ国内で一番大きく、教師数も充実していました。限られた教材、機材等の条件の下、熱心に教育が実践されてきました。本学の全身は教育大学であるため、卒業生の中には大学や初等教育機関の教師として働く者も少なくありません。それだけに、ウクライナ全体の日本語教育に責任ある立場だといえます。
 しかし、ウクライナにはまだ、日本研究や日本語教育研究のできる大学院がありません。本学の大学院も、日本語関係はまだなく、教師たちは大学で学士を取得後、すぐに母校で教え始めたものが大部分です。従って教授法は、自分たちが学んできた方法を引き継ぎ、古い文法書を使った、旧来の文法訳読法、読解と漢字教育が中心のものにならざるを得ませんでした。
 私が赴任しました当初、学生が持っていた教科書は、ロシアで作成された文法書と、日本の国語教科書だけでした。これは、もちろん経済的な理由にも因りますが、それ以前に、新しい教科書、新しい教授法の情報が不足していたためです。また、ウクライナにとって、日本という国は大変遠い存在で、国内で日本人に出会うことも少なく、日本語を学んでも、それを使用する機会がほとんどありません。そのため、運用力を身につけるという視点が、教育の場に欠けていたことも原因です。学習者の唯一の希望は、日本への留学試験に合格し、「憧れの経済大国」「神秘的な東洋の国」日本に、1年間留学することです。そのためにはできるだけ多くの漢字、語彙、文法を覚え、読解力を身につけることが先決、という考えが根強かったのです。一方、大学側からは、学生の日本語力向上のほかに、卒業後に日本語を生かせる仕事を少しでも増やしたい、という要望もありました。
 このような状況の中で、私がまず自分の役割としてきたことは、

  1. (1)学習者に生きた日本語に触れさせる機会を増やし、運用能力に対する関心を高める。
  2. (2)現地教師たちのこれまでの教授法を観察し、段階的で適切なアドバイスをしていく。
  3. (3)教師間でばらばらだった、カリキュラムを整備し、同時に教材を徐々に揃えていく。
  4. (4)教師会活動を通じて、新しい教授法、教材の情報を与え、閉鎖的な雰囲気を排除し、教師間の連携の気運を作る。
  5. (5)日本国大使館、日本センター、日系企業等に協力を求め、ウクライナ全体の日本語教育を盛り上げる。
  6. (6)優秀な現地教師を育て、日本語研究の専門家としての力をつけていけるよう、日本での研修、大学院への進学等を推進する。

日本人との交流会の写真
日本人との交流会

 以上のような方針の下に、今年度取り組んできたこととしては、

  1. (1)できるだけ多くのクラスで、会話力と作文力養成重視の授業を担当する。(今年度8クラス)
  2. (2)日本から携行したり、また、国際交流基金の教材寄贈プログラムを利用したりして教材を揃え、教師、学生に貸与し、使い方を指導する。これまでに揃った教材は、1、2、4年生の主教材、1~4年生の漢字教材。
  3. (3)月2回、日本語クラブの課外活動。これまで取り組んできたテーマは、「日本アニメーション研究」「日本映画研究」「俳句研究」「観光ガイド実習」等。
  4. (4)4年生の通訳実習生を受け入れ、2週間の実習プログラムを実施する。
  5. (5)学生と日本人との交流会を開く。今年度、本学に招いたのは、公演のためウクライナを訪れた民謡グループ「きらら」、語学研修に来ていた、日本の警察庁の研修生等。
  6. (6)毎月1回の日本語教師会と、秋に日本語弁論大会、春にウクライナ日本語教育セミナーを開催。また、国際交流基金巡回セミナーに協力する。
  7. (7)ウクライナでも日本語能力検定試験を実現させるために、日本語能力検定模試を実施。
  8. (8)今年度閉鎖されることになった日本センターの早期再開を目指して、日本国大使館に協力し、学習者、教師達の便宜を図る。

等の活動でした。特に今年度初めて試みた日本語能力検定模試は、呼びかけたのがキエフ市内の学習者だけだったにもかかわらず、160人を超える出願があり、受験した本学の学生たちも、「緊張したが、大学の試験と違うスタイルで、面白かった。また来年もやって欲しい。」という感想が大変多かったのが印象的でした。また、日本語クラブでは、学年の違った学生たちがともに協力し合い、普段の授業ではできない充実した活動ができて、「いつも時間を忘れるほど熱中した。」と言っています。
 これらの言葉を励みにしながら、今後はさらに、派遣先大学の日本語カリキュラムの充実、教育実習の見直し、初等教育機関の日本語教育の底上げ、地方の日本語教育のサポート、教師会活動の充実、日本語能力検定の本試験実現、など、様々な角度から課題に取り組み、若い麦のように日々伸びていく学生たち、教師たちを、サポートしていきたいと思います。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
日本語を主専攻で学ぶ学生数および教師数が国内で一番多く、日本語教育に於いて重要な位置を占めている。学生の質は高く、毎年、国内の弁論大会で上位入賞し、また、日本へも留学している。卒業後に教師になる者も多い。 派遣尊門家の業務は、 1)学生の学習レベルを高め、実践的な日本語を身につけさせること。そのために、本年度は8クラスで会話を担当し、また、日本語クラブを指導している。 2)11名の現地教師のレベル・アップ。そのために、各教師の授業を参観し、教材、教授法などのアドバイスを行っている。また、ウクライナ教師会を運営している。
ロ.派遣先機関名称 キエフ国立言語大学附属東洋語大学
Kiev State Linguistic University, Institute of Oriental Languages
ハ.所在地 Kiev, Chervonoarmeiskaya Str.73, UKRAINE
ニ.国際交流基金派遣者数 NIS専門家:1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
東洋言語文明講座 日本語科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1990年
(2)専門家・青年教師派遣開始年 2001年
(ロ)コース種別
専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤9名(うち邦人0名)
非常勤2名(うち邦人0名)
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   120名(1年28、2年26、3年23、4年24、5年19)
(2) 学習の主な動機 日本文化・経済への興味、就職、日本留学
(3) 卒業後の主な進路 就職(大学・初中等教育機関、企業、日本センター、日本大使館)
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定2級を受験可能な程度
(5) 日本への留学人数 6名

ページトップへ戻る