世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) プロジェクト開始から丸1年、日本語コース第一年目が終了間近!

ウクライナ日本センター(UAJC
森戸 規子

1 プロジェクト開始から丸1年のウクライナ日本センター

 日本センターは、市場経済移行国を対象として、1998年より市場経済化を支える人材の育成を支援している政府間のプロジェクトです。東南アジアや中央アジアを中心に9か国10か所にある日本センターは、ビジネスコース、日本語コース、相互理解促進事業を活動の三本柱に据えて、それぞれの国で「日本の顔」としての役割を果たしています。
 ウクライナ日本センター(以下、「UAJC」と略す)は、ウクライナと日本の政府協定に基づき、2006年5月22日に(独)国際協力機構(JICA)のプロジェクトとして活動を開始しました。急激に市場経済化を進めるウクライナの人材育成をサポートし、両国間の貿易やビジネス分野の交流を促進することにより、ウクライナの経済成長の一助となることを目指しています。現地側プロジェクト担当機関はウクライナ国立キエフ工科大学(以下、「KPI」と略す)です。センター独自の建物は基礎工事中で、残念ながら、現在はKPIの図書館内で業務を遂行しています。1周年を迎えたばかりの新しいプロジェクトですが、文化講座・各種イベント・産学官連携推進活動・日本語コースの実施や図書室での情報の提供など、「広く開かれたセンター」として活発に活動しています。

2 UAJC日本語コース

 ウクライナは、日本から距離的に遠く、日本との経済関係もそれほど進んでいないにもかかわらず、首都キエフだけでなく地方都市でも初等教育から高等教育まで様々なレベルの公的な教育機関で日本語教育が行われており、2000人近くの学習者がいると言われる日本語教育の盛んな国です。ところが、一般の成人が日本や日本語に興味を持ち日本語を習いたいと思っても、手ごろな学習機関が見つからなくて困る場合が多いようです。UAJC日本語クラスの1つの目的は、そのような人のために主に夜間に充実した日本語学習の場を提供することです。この1年に、4つの長期クラス(入門2つ、初級1つ、中上級1つ)と4つの短期上級クラスを開講しました。長期は8か月で100時間、短期クラスは2か月で24時間勉強します。登録した約150名の受講者のうち45%前後が社会人でした。受講者の特徴は、これまで独学等で多少日本語に触れたことのある社会人の初級学習者が多いこと、そして、大学の日本語科を卒業または在学中で、更に専門的な日本語力を身につけたいと望んで応募する上級学習者がかなりいることです。それぞれ違ったニーズを持った学習希望者の期待に十分に応えるコース作りをすることが今後の課題だと思いワす。
 UAJCの日本語クラスのもう1つの目的は、子どもたちに楽しみながら日本語や日本文化に触れてもらうことです。ウクライナの人は想像以上に日本の文化に興味があり、幼い娘や息子を日本文化や日本語に触れさせようとする親も少なくありません。一方、小・中・高校の日本語のクラスでは、文型や漢字の教育に多くの時間を費やしているため、日本人や日本文化、子供らしい遊びに親しむ時間的余裕はあまりないようです。UAJCでは、ウクライナ人教師と補助の日本人スタッフが協力して、日本人の生の発話を聞く機会を作ると同時に日本の文化や遊びを心から楽しむ時間が持てるような授業を心掛けています。15週間で30時間勉強する短いクラスですが、子どもたちはいつも元気で、我々教師を励ましてくれます。この1年に延べ19人が勉強しました。

3 UAJC日本語コースの教師

(写真1) 初級クラスの授業の写真
(写真1) 初級クラスの授業
(写真2) 子供クラスの生徒と教師の写真
(写真2) 子供クラスの生徒と教師

 UAJCには報告者を含めて8人の日本語教師がいます。日本人が4人、ウクライナ人が4人で、報告者以外は全員非常勤です。スヴィータ先生(写真1)は視聴覚機材、タスクを豊富に使った実践的な授業をします。オリガ先生(写真2後列右)は昨年の国際交流基金短期研修で習った教授法、手に入れた教材類を駆使していくつか興味深い子どものためのタスクを考え出しました。カーチャ先生(写真2後列左)は留学経験はないですが、図書室の教材から面白い練習を探して試しています。特に、スヴィータ先生の周到な授業準備には頭が下がります。考え抜いた授業運びや例文に教わることが多いです。UAJC日本語コースは常に教師不足で悩んでいますが、現在の先生方は、数は少ないですが、みなさんコースの宝です。教授技術、知識、日本語などまだまだレベルアップが必要ですが、勉強を続け、教師として更に成長してほしいと思っています。

4 今後の課題

 あと数週間で1年目を終了ようとしているUAJC日本語コースの最大の課題は、この1年の経験を踏まえて、1つ1つのクラスとコース全体の目標、およびキエフやウクライナ全国の日本語を学ぶ学生と教える先生方の支援の方法をさらに具体化することでしょう。そして、具体化した目標をより確実に達成するため、スタッフの確保と教育に粘り強く力を注ぐことが報告者の一番の仕事ではないかと思っています。個人的には、ウクライナの現在・歴史・人々・ことばなどについて1つでも多くのことを知って、それを仕事に生かしたいと思います。

ウクライナ日本センター
http://uajc.kpi.ua/ja/

日本センター
http://japancenter.jica.go.jp

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
ウクライナ日本センター(UAJC)プロジェクトは、ウクライナ国立キエフ工科大学の付属機関であるウクライナ日本センター内で活動する国際協力機構(JICA)による技術協力プロジェクトであり、現在日本人専門家が2名派遣されている。その1人である国際交流基金日本語教育専門家は、UAJCの日本語コース運営を担当するほか、ウクライナ全土の日本語教育の活性化とレベル向上のためのアドバイザー業務を行う。
ロ.派遣先機関名称 ウクライナ日本センター
Ukraine-Japan Center (UAJC)
ハ.所在地 37 Peremohy Ave., Library NTUU "KPI(Kiev Politechnic Institute)" 4th floor Kiev, 03056 Ukraine
ニ.国際交流基金派遣者数 専門家 1名

ページトップへ戻る