世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) キエフ国立大学での活動

キエフ国立大学
内村浩子

 驚くべきことに、ウクライナでも10近くの街で日本語教育が行われています。大学をはじめ小・中・高校やその他の機関に、子供から社会人までの学習者がいる他、独学や個人教授で学ぶ人も確認されています。当地の人が日本語に興味を持つ理由には、ビジネスや就職などへの期待、アニメなどの趣味、という要素も確かにありますが、その根底に、神秘的な日本人の精神性や、日常生活にまで行き渡る独自の芸術や美学を理解したい、世界で一番難しいと言われる言語を知りたい、という関心が根強くあるようです。
  ジュニア専門家は、首都のキエフ国立言語大学(以下「言語大学」)とキエフ国立大学(以下「キエフ大学」)を兼任する形で派遣されています。派遣先での学生の育成、現地教師の支援、学習環境の整備と合わせて、ウクライナの日本語教育を支援することも業務の一部です。

大学の授業

キエフ大学1年生の写真
キエフ大学1年生

 キエフ大学では1年生2クラスで、文法を中心に漢字、会話、作文などを取り入れた授業をしています。多くの学生は直説法で外国語を習うのが初めてです。連想ゲームのような授業になることもままありますが、最近は学生も慣れてきて、状況や話題からすぐに新しい学習項目を拾い出してくれるようになりました。媒介語のない授業は負担も大きく、お互いに感覚を集中させ、歩み寄る姿勢が必要です。しかしその姿勢こそ、外国語習得や異文化理解に不可欠なものだと改めて感じます。
  また、授業や宿題を通して自立的な学習習慣を身につけさせることも目標としています。そのために、チームを組んで1年生を教えているウクライナ人教師と、スケジュールや宿題、試験の作成、学生の手当てなどに関し、定期的に相談を重ねています。アイディアを出し合い授業の準備をするのは教師の仕事の醍醐味の一つです。準備の段階から外国人日本語教師と働くのは私にとって初めての経験ですが、教師支援の観点からも学ぶことが多くあります。

ウクライナ日本語教師会

 全国の教師や学習者、教育機関を繋ぐ場として教師会があります。弁論大会、日本語能力試験、日本語教育セミナーなどを主催し、教師間の情報交換や交流、教育能力の向上、学習発表の場の提供などを図っています。多忙な現地の先生たちと教師会を運営するのは難しいことですが、ここで配属先以外の先生たちと会うことは私の大きな楽しみです。今年の日本語教育セミナーでは全国の主要大学から約40人の教師が集まりました。また、教師会の行事を通じて、地方都市の学生の躍進も知りました。これまでは首都キエフの学生が各種試験や留学、就職等で上位層を独占してきたそうですが、近年は地方の学生が好成績を収めることもあります。地方での日本語教育も設立から数年が経ち、成果が現れてきたようです。

現状と今後

キエフ大学言語学院校舎の写真
キエフ大学言語学院校舎

 ウクライナでの日本語を巡る状況は、現地の教師の努力や日本の支援によって着実に発展しています。配属先やその周辺ではここ数年で、教材・教具の整備、学習機会の増加など、日本語学習環境は格段に改善されました。しかし、教育水準はまだそれに追いついていません。学生の学力や教師の育成は停滞しています。今までは日本語コースを軌道に乗せ、環境を整備し、学習者を増やすことが全般的な課題だったと思います。それらの目標がほぼ達成された今、次に求められるのは、より質の高い教育だと思います。今後はウクライナの教育制度や社会風土に適した日本語教育のあり方を模索していくことが課題です。

 最後に、ここウクライナで日本語を学ぶ意義とは何なのでしょうか。人により学習動機は違うでしょうし、留学や就職などを目標とする人も多いでしょう。しかし本質的には、未知の世界を知り、自分の視野や可能性、能力を広げる楽しさに集約されるのではないでしょうか。この話題については学生とも話したことがありますが、若い彼らからも同様の意見が出ました。日本語を学んでいる人たちが社会で活躍する姿を見ることは日本語教師として嬉しいことです。しかしそれ以上に、「日本語に関わることで自分の人生は豊かになった」と一人でも多くの人が感じてくれれば、これ以上の喜びはありません。

派遣先機関の情報
イ.派遣先機関の位置付け
  及び業務内容
キエフ国立言語大学とともにウクライナにおける日本語教育機関の最高峰。現在、ウクライナ国内で活躍する日本語教師、通訳、日本企業の社員等、日本語を使う職業に携わる者はほとんど2大学の卒業生で占められている。専門家は1年生の日本語授業のほか、現地教師、学科の運営等への助言を行う。
ロ.派遣先機関名称 タラス・シェフチェンコ記念キエフ国立大学
Kyiv National Taras Shevchenko University
ハ.所在地 Bulvar Taras Shevchenko 14, Kyiv 01017, Ukraine
ニ.国際交流基金派遣者数 ジュニア専門家1名
ホ.日本語講座の所属学部、
  学科名称
言語学院 東洋語学部 中国語・韓国語・日本語学科
ヘ.日本語講座の概要
(イ)沿革
(1)講座(業務)開始年   1991年主専攻講座開設、1999年から毎年開講
(2)専門家・ジュニア専門家派遣開始年 1996年
(ロ)コース種別
主専攻
(ハ)現地教授スタッフ
常勤9名(内邦人2名)、非常勤1名(内邦人0名)、専門家1名、計11名
(ニ)学生の履修状況
(1) 履修者の内訳   1年生27名、2年生23名、3年生23名、4年生27名、5年生40名
(2) 学習の主な動機 日本企業への就職希望、留学、日本文化への興味
(3) 卒業後の主な進路 進学、日本へ留学、外資系企業へ就職
(4) 卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定2級程度
(5) 日本への留学人数 10名程度

ページトップへ戻る