世界の日本語教育の現場から(国際交流基金日本語専門家レポート) ウクライナを代表する日本語教育機関として

キエフ国立大学
三森 優

大学入学試験のための全国統一試験開始

 キエフ国立大学(以下、キエフ大)はウクライナを代表する高等教育機関である。ウクライナには現在、ウクライナ各地域の高等教育機関やキエフ市内の初・中等教育機関を中心に約1,500名の日本語学習者がいる。このウクライナ日本語教育界でも、キエフ大はキエフ国立言語大学(以下、言語大)と共に最高峰をなしている。日本語専門家(以下、専門家)は、言語大と共にキエフ大を兼任している。

 今年度の1年生は、初の全国統一試験後の入学生である。流石にこの試験を経てウクライナの最高学府へ入学した学生たちは、勉強への取り組みがしっかりしている。しかも日本語を専攻する学生だけあって、やはり日本のアニメにも詳しい学生もいる。ウクライナで日本語を教えていると、近年の日本のポップカルチャーの影響力の強さがそこかしこに見える。ここキエフ大でも、それは例外ではないようだ。先日は、ある女子学生のイヤリングが、アニメ『デス・ノート』のキャラクター「L」の文字になっていた。若者らしい日本への興味から、日本語を学ぼうと考える学生も多いようである。

 専門家は、キエフ大では1年生全2クラスの授業を担当している。今年の1年生は、上記のように「試験を通ってきた」学生であるという印象が強い。しかし、日本で言えばまだ高校生の年齢の1年生たちだけに、若者らしく日本語の会話作りも嬉々として取り組んでいる。授業でそんな姿を見ていると、とても微笑ましい。

一同僚として

 キエフ大には、1996年より専門家が派遣されている。既に約15年近くの派遣である。現在では若いながらもキエフ大生え抜き教員を中心に、現地教員たちが育ってきている。そのため、専門家はあくまでも一同僚としての立場をとりながら、現地教員の支援を行っている。キエフ大では担当コマ数が少なく、週2回の勤務となるが、できるだけ現地教員と少しでも話す時間が取れるよう心がけている。キエフ大勤務の日は、何気ない雑談を通しながら、日本語教授法や授業運営の取り組み方法等への助言を行っている。

 現地教員は、これまで学位取得のための研究等でとても忙しかった。しかし、少しずつではあるが、授業運営に取り組める余裕も見え始めてきている。とはいえ、まだそれも兆しの段階であると言えよう。キエフ大ではティーム・ティーチング制を採用しており、業務引き継ぎが不可欠であるが、現地教員たちはあまり他の教師との連携が得意ではない。今年度は2年生が全コマ別々の教員が受け持つという状況であった。これはキエフ大の教員たちにとって、非常に困難な状況であった。しかし、ショック療法ではないが、その必要性から現地生え抜き教員を中心に、四苦八苦しながらスケジュールを組む教員たちの姿が見られた。

 今回は、授業担当が複雑という事情があったが、このように現地教員が主体的に授業運営を取り組めるような支援を、専門家は今後重点的に行う必要がある。

「第2回全ウクライナ国際公開シンポジウム」開催

 昨年に引き続き、キエフ大では国際交流基金「さくら中核事業」の助成により、3月最後の週末にウクライナ日本語教育セミナーとの共同開催で、シンポジウムを開催した。準備期間が短く、運営はとても慌ただしかったものの、昨年を超える参加者が会場に詰めかけた。

 今年度はロシアから講師を招き、日本文学・歴史の講演を午前に行ってもらい、午後は分科会に分かれて主にウクライナ各地域からの発表者による研究発表を行った。今回は、隣国ベラルーシからもベラルーシ国立大学の教員の参加を見た。

 今回は、分科会発表申し込みが非常に多数で、いかに多くのウクライナ日本語教育機関関係者が、発表の場を求めているかを実感した。また、分科会も総じてとても活発な意見交換の場となっていた。今回のシンポジウム開催により、ウクライナや近隣国とのネットワーク形成促進と共に、ウクライナの日本語教育を含む日本研究の発展に向けてまた一歩、歩みを進めることができた。

キエフ大の今後に向けて

1年生の学生たちの写真
1年生の学生たち
キエフ国立大学言語学院入口の写真
キエフ国立大学言語学院入口

 キエフ大は、「JFさくらネットワーク」の中核メンバーである。現時点では、日本語教師会への協力を行うと共に上記シンポジウムの開催を行っているが、今後さらに、ウクライナ日本センターと共にウクライナ全土の日本語教育機関との連携を図りながら、全ウクライナの日本語教育の発展に貢献すべき一中心機関である。ウクライナの日本語教育支援も、専門家の重要な業務の一つである。今後、専門家は、キエフ大の自立化への個別の支援も行いながら、キエフ大と共にその責務を果たさなければならない。

 そして、キエフ大はその潜在力を有している。上記のシンポジウム開催の際、若い日本語専攻主任は非常に熱心に準備に取り組んでくれた。今回まさに、「寝る間も惜しんで」働いていたと言えよう。キエフ大が自らの自立化を目指しながら同時に、ウクライナ日本語教育界の自立化も志向する機関へと向かうことが、これからのウクライナ日本語教育界には必要である。

 今後、キエフ大でさらに一人でも多くの「同志」を得られるよう活動をしたいと考えている。

派遣先機関の情報
派遣先機関名称 タラス・シェフチェンコ記念キエフ国立大学
Taras Shevchenko National University of Kyiv
派遣先機関の位置付け
及び業務内容
キエフ国立言語大学とともにウクライナにおける日本語教育機関の最高峰の双璧をなす。現在、ウクライナ国内で活躍する日本語教師、通訳、日本企業の社員等、日本語を使う職業に携わる者はほとんど2大学の卒業生で占められている。専門家は1年生の日本語授業のほか、現地教師、学科の運営やシンポジウム開催等への助言を行う。
所在地 Blvd. T. Shevchenko 14, Kyiv, 01017, Ukraine
国際交流基金からの派遣者数 専門家:1名
日本語講座の所属学部、
学科名称
言語学院 中国語・韓国語・日本語学科
日本語講座の概要
沿革
講座(業務)開始年   1991年主専攻講座開設、1999年から毎年開講
国際交流基金からの派遣開始年 1996年
コース種別
主専攻
現地教授スタッフ
常勤9名(内邦人3名)、非常勤2 名(内邦人0名)、専門家1名、合計12名
学生の履修状況
履修者の内訳   1年25、2年26、3年24、4年23、5年13
学習の主な動機 留学、日本企業への就職希望、日本文化への興味
卒業後の主な進路 進学、留学、大使館を含む日系機関・企業や外資系企業就職
卒業時の平均的な
日本語能力レベル
日本語能力検定2級程度
日本への留学人数 毎年6名程度

ページトップへ戻る