国際交流基金日本語教育紀要 7号

表紙

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の日本語教育事業に携わる日本語教育専門員・専任講師、客員講師、派遣専門家、職員等が、日々の活動の中での取組みや課題をまとめた論文・報告を掲載しています。

2011年3月発行

論文目次

研究論文

多読による付随的語彙学習の可能性を探る
―日本語版グレイディド・リーダーを用いた多読の実践と語彙テストの結果から―
三上 京子、原田 照子

研究ノート

コミュニケーション言語活動の熟達度を表すJF Can-doの作成と評価
CEFRのA2・B1レベルに基づいて―
森本 由佳子、塩澤 真季、小松 知子、石司 えり、島田 徳子

中国の大学の日本語授業における会話指導に関する調査
―中・上級レベルを対象とした教室活動の実態と教師の意識―
長坂 水晶、木田 真理

日本人の対人行動における上下関係とその解読力向上のための外国人教育の試み
中島 透

ロシア語母語話者の発音の特徴と指導における問題点
―日本人日本語教師に対する調査から―
渡辺 裕美

実践報告

介護福祉士候補者を対象とする「申し送り」聞き取り授業の実践報告
登里 民子、永井 涼子

「アニメ・マンガの日本語」Webサイト開発
―趣味から日本語学習へ―
熊野 七絵、川嶋 恵子

評価基準と評価シートによる口頭発表の評価
JF日本語教育スタンダードを利用して―
関崎 友愛、古川 嘉子、三原 龍志

評価ツールで学習者の自律性は育めるか
―フィリピンの高校生向け日本語リソース型教材『enTree』の挑戦―
大舩 ちさと、和栗 夏海、フロリンダ アンパロ A パルマヒル、フランチェスカ M ヴェントゥーラ

教育省主導の中等日本語教育拡充プロジェクトにおける訪日研修プログラムの役割と意義
―インドネシア中等教育日本語教師研修プログラムの場合―
生田 守、藤長 かおる

報告

インターネットを利用した日本語学習支援を広げるために
―日本語学習ポータル「NIHONGO eな」の開発―
田中 哲哉、浜田 盛男、前田 純子、角南 北斗

国内大学機関の日本語教員養成を支援する新たな試み
―国内・海外提携大学間交流の一環として実施した「日本語教育現場体験」についての報告―
今井 寿枝

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る