日本語教育通信 海外日本語教育レポート JENESYS若手日本語教師 竹内 衣里(オーストラリア)

派遣国:オーストラリア
派遣期間:2009年2月~2009年12月
氏名:竹内 衣里
日本語教師の派遣先での写真2

 私は2009年2月から10ヶ月間、オーストラリア ニューサウスウェールズ州のニューカッスルにあるワーナーズ・ベイ高校とホワイトブリッジ高校の2校に赴任しました。シドニーから車で2時間ぐらい北に行ったところにあるニューカッスルという町は、ニューサウスウェールズ州でシドニーの次に大きい都市とされていますが、アジア人は少なく、美しいビーチや湖など多くの自然に囲まれ、とても過ごしやすく、人々はとても寛大ですぐに私の大好きな場所になりました。

 どちらの学校も、生徒数が約1,000人で、その中で日本語を勉強している生徒は、中学1年生から高校3年生までの200人くらいです。ひらがな・カタカナを教えることから、高校3年生の受験対策のクラスまでいろいろな学年で教えました。生徒達は本当に明るく、いつも積極的で、日本語・日本文化に大変興味がある生徒ばかりでした。教室や教室の外で会うと「こんにちは」や授業で習った日本語を使って話しかけてくれました。

 同僚の先生方には温かく迎えてもらい、学校でもプライベートでもとてもお世話になりました。頭でわかっていながらも、いろいろな違いに直面し困惑することもありました。何をしたらよいのか、私の役割は何なのか、わからなくなる時もありましたが、そんなときはいつも先生方がサポートしてくれました。授業は先生方とよくコミュニケーションをとることができていたので、ティームティーチングは大変やりやすい環境にありました。授業やイベントに関しても私が「これをやってみたいのですが」と提案すると、いろいろなアドバイスをくださいました。また、ベテランの先生方に囲まれ、いろいろな教授法を経験し、学ぶこともできました。

 10ヶ月間、若手日本語教師として日本語や日本文化を伝えましたが、逆に同僚の先生や生徒達からもたくさんのことを教えてもらいました。多くの人に出会い、新しい経験をたくさんし、本当に充実した生活でした。国際交流基金、ニューサウスウェールズ州の教育省、赴任先の学校の先生方には大変感謝しています。

ページトップへ戻る