国際交流基金オリジナルふろしき:「第2回学生のためのふろしきデザインコンテスト」

日本の伝統と世界の若いクリエーターの感性から生まれたJFオリジナルふろしき

2010年秋、国際交流基金(ジャパンファウンデーション、略称JF)では海外の9カ国(ドイツ、インドネシア、オーストラリア、カナダ、米国、ブラジル、ロシア、ベトナム、シンガポール)で、デザインを学ぶ学生を対象に、「第2回学生のためのふろしきデザインコンテスト」を開催しました。このたび、応募総数全217点の中から選ばれた最優秀賞1点(ベトナム)、優秀賞3点(シンガポール・米国・カナダ)のデザインがJFオリジナルふろしきの新たな仲間に加わりました。

参考情報: ふろしきチラシ 【PDF:1,272KB】

JFオリジナルふろしき

<最優秀賞>
タイトル:「バナナの葉 -ふろしき-」
国:ベトナム
デザイナー:ファン・カイン・チャン
学校:Hue College of Art

ベトナムではかつてモノを包むためにバナナの葉を使っていた。バナナの葉もふろしきも昔のシンプルな生活を想起させるものだ。また、トンボは自然の美を表す伝統的な意匠として日越両国で人気がある。バナナの葉とトンボが描かれたふろしきは、日越両国の近しいライフスタイルを表現している。

「バナナの葉 -ふろしき-」拡大画像

※ クリックすると拡大します

<優秀賞>

タイトル: 「クロス・カルチャー・デザイン」
国:シンガポール
デザイナー:イェオ・ハイ・ティエン・リオン
学校:Nanyang Polytechnic

シンガポールと日本、交差する文化がコンセプトのデザイン。背景は柔らかなバイオレットを用い、伝統的な色彩を強調した。また、デザインの中心に日本の国鳥キジを、その周りにシンガポールの国花ランを配して、シンガポールと日本のフュージョンを表現した。

「クロス・カルチャー・デザイン」拡大画像

※ クリックすると拡大します

タイトル: 「太平洋ゴミ魚」
国:米国
デザイナー:ミシェル・レイ
学校:Tyler School of Art

ペットボトルは米国と日本に横たわる太平洋を泳ぐ魚たち。そして、その魚たちは太平洋に捨てられたごみで彩られている。これは太平洋の緩慢な崩壊によって、海洋生物がやむを得ず不自然な環境に住まなくてはならない状況を描いている。

「太平洋ゴミ魚」拡大画像

※ クリックすると拡大します

タイトル: 「自然」 [販売終了]
国:カナダ
デザイナー:リン・シミズ
学校:York University

日加両国を結びつける自然イメージとして、北斎の赤富士とメープル・リーフを重ね合わせた。また、桜の花びらを刺し子/キルトの縫い目を用いて全体に配し、両国のフュージョンを表現した。

「自然」拡大画像

※ クリックすると拡大します

内容 全4種類
素材:綿
サイズ:70cm × 70cm
価格 ショップ内価格
1,334(税抜)

JFオリジナルふろしき販売場所

※この商品の売り上げの一部は、ジャパンファウンデーションが行なう国際文化交流事業のために使われます。

製作協力:株式会社美濃部巧藝 trans>act 相和印刷株式会社

[お問い合わせ]

国際交流基金 コミュニケーションセンター
TEL:03-5369-6075 FAX:03-5369-6044

ページトップへ戻る