ホーム > 刊行物・グッズのご案内 > JF定期刊行物 > をちこち(遠近) > 隔月刊「遠近」16号(2007年4月発行)

隔月刊「遠近」16号(2007年4月発行)

  • 16号
  • 遠近(Wochi Kochi)
  • 購読案内
    English

    定価:500円(税抜)
    発行:国際交流基金
    (ジャパンファウンデーション) 発売:山川出版社
    ISBN:978-4-634-58034-3

Blog『遠近』第16号を深く楽しむための読書&WEB案内を、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)のBlog『地球を、開けよう。』に掲載しました。(前編後編)


特集 隣人、ロシア


巻頭座談

  • ロシア文化の新しい動きと2度目の「日本文化ブーム」
  • 河東哲夫×沼野恭子×日下部陽介
  • … 8

  • 新しいカルチャーが胎動するモスクワ
  •  
  • …20

インタビュー

  • 日本の「含蓄の美学」に影響を受けました
    人気推理作家にして日本文学者、ボリス・アクーニンに聞く
  • 聞き手 沼野充義
  • …28

インタビュー

  • 蕪村の俳画に学んで日本の俳人を描いてみたい
    アニメーション作家 ユーリー・ノルシュテインに聞く
  • 聞き手 児島宏子
  • …32

トピックス 市民が担う新しい日露交流

  • 続々と翻訳書刊行 現代日本文学ブームに沸くロシア
  • セルゲイ・スモリャコフ
  • …36
  • 不世出のロシア語通訳、エッセイスト、米原万里のデビュー時代
  • 斎藤哲
  • …38
  • 剣道とは勇敢さと崇高さを育む芸術なのである
  • アレクセイ・アヴェリャノフ
  • …40
  • ロシア剣道界の恩人 橋本龍太郎氏の思い出
  • アレクセイ・アヴェリャノフ(父)
  • …41
  • 世界のマエストロ ユーリ・テミルカーノフとの交友
  • 紿田英哉
  • …41
  • ウラジオストクからの熱いラブコール
  • 坂本裕子
  • …43
  • 沿ボルガ地域で民間経済協力を推進する
  • 種村博雄
  • …46

連続エッセイ 「をちこち散歩」

  • アメリカのクライアントたち
  • 伊東豊雄
  • … 6
  • アルゼンチンの目
  • マイケル・エメリック
  • …7

シリーズ 文化による都市創造13

  • 指定管理者制度は「公の施設」をどう変えるか
  • 小林真理
  • …52

ジャパンファウンデーション事業ハイライト

  • アジア発、未来のファッションを担う若手デザイナーが日本で共演
  •  
  • … 1
  • ベネズエラの博物館機能の充実を図るアントニオ・アギレラ氏
  •  
  • … 4

  • テヘラン小景
  • 島田雅彦
  • …58
  • 帰国後も協力してドキュメンタリー映像を制作
  • クンダ・ディクシット
  • …60
  • 麗しいディテールに満ちた国を旅する
  • 余華
  • …64
  • 魯迅と村上春樹 −東アジア文学における「阿Q」像の系譜
  • 藤井省三
  • …66

  • イベントカレンダー(2007年4月〜5月)
  •  
  • …72
  • Count Down! 横浜トリエンナーレ2008(2)
  •  
  • …74
  • バックナンバー・ガイド/読者投稿
  •  
  • …75

*本誌に関するご意見、ご感想は、E-mail までお送りください。

このページの先頭へもどる