日本語国際センターについて

国際交流基金日本語国際センター25周年記念シンポジウム
21世紀の人づくりをめざすASEAN各国の教育最前線~中等教育の外国語教育が果たす役割~

国際交流基金日本語国際センター25周年ロゴ

日本語国際センターでは、9月3日(水曜日)、「東南アジア教育行政関係者アドボカシー招へい事業」により来日したASEAN5か国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム)の教育行政関係者をスピーカーに迎えて、センター設立25周年記念行事第二弾にあたるシンポジウムを開催しました(登壇者とプログラム詳細は、こちらをご覧ください)。

シンポジウム画像1 21世紀を担うグローバル人材の育成が注目される今日、OECDの「キーコンピテンシー」や「21世紀型スキル」といった新しい資質・能力概念を踏まえながら、各国では教育政策レベルでどのような取組みが行われているのか、何を目標に掲げ、どのような課題に直面しているのか、特に中等教育における外国語教育に焦点を当て、意見交換や考察を行いました。 まず、シンポジウム第一部では、「各国の中等教育における外国語教育」というテーマで、ASEAN5か国における教育政策についてのプレゼンテーションが行われました。

シンポジウム画像2
各国の教育政策について語る登壇者たち。左から、エファリナヤンティ氏(インドネシア)、ダヤン・ノラシキン・ビンティ・ ハルン氏(マレーシア)、アナ・マリー・O・ヘルナンデス氏(フィリピン)、ウサニー・ワタナパン氏(タイ)、ヴ・ティ・ルア氏(ベトナム)。

現行の教育政策や教育制度、カリキュラム構成、これからの教育施策や改革が目指すもの、「21世紀型スキル」を視野に入れた教育のあり方等を紹介するとともに、「21世紀型スキル」として重要視される能力について意見を述べました。また、同スキルを視野に入れた教育政策を展開するためには教師側の専門性の向上も不可欠であり、教師の養成や研修の果たす役割が重要であるという認識が示されました。

シンポジウムの写真3モデレーターを務める當作教授(左)。 知識の獲得を重視してきたアジア各国における教育理念に対して、グローバル社会での実践に基づき生まれた「21世紀型スキル」をどのように取り入れ調和させてゆくのか、政策と教育現場における理想と現実の差異にどのように対応すべきか、外国語学習のモチベーションや重要性、STEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)や英語教育が重視される中での英語以外の外国語教育の意味づけとあり方、日本語学習・日本語教育をめぐる状況などについて、意見が交わされました。今後、日本語学習のモチベーションを高め学習者を増やしていくためには、長期に渡る訪日研修の提供、学習者はもとより学校関係者に対する日本語習得による利点のアピール等、日本からの働きかけも不可欠であろうという意見が出されました。そして、国際交流基金アジアセンターが実施する「日本語パートナーズ派遣」に対する期待が示されると同時に、国際交流基金による海外の日本語教育支援について、教師の訪日研修や日本語教授学位取得のための奨学金の提供、スタンダードやアセスメント策定における継続的支援、教材支援、などが挙げられました。

シンポジウム画像4 ASEAN5か国の教育行政関係者グループ。 最後に、国際交流基金が各国のニーズに合わせた支援を継続し、海外での日本語教育の重要性を日本国内でも強くアピールしていく必要性があるとの提言がされ、日本におけるASEAN諸国言語習得の推進をも視野に相互交流を益々深めていくことがASEAN諸国と日本にとって重要であることが述べられました。
日本語教師や研究者をはじめとする日本語教育関係者、留学・教育事業関係者など約140名が参加し、盛況のうちに閉会の運びとなりました。

日時
2014年9月3日(水曜日) 13時30分~17時30分
会場
国際交流基金2階 JFICホール「さくら」
使用言語
英語(日英同時通訳)
主催
国際交流基金日本語国際センター
モデレーター
當作靖彦 カリフォルニア大学サンディエゴ校教授
プログラム
第1部:各国中等教育における外国語教育(各国教育行政関係者による発表)
  1. (1) インドネシア
    Evarinayanti(エファリナヤンティ)
    インドネシア教育文化省語学教員研修所 副所長(能力向上分野担当)
  2. (2) マレーシア
    Dayang Nor Ashikin binti Harun(ダヤン ノラシキン ビンティ ハルン)
    マレーシア教育省カリキュラム開発課 課長補佐
  3. (3) フィリピン
    Ana Marie O. Hernandez(アナ マリー O ヘルナンデス)
    フィリピン教育省中等教育局プロジェクト・オフィサー兼国語特別プログラム長
  4. (4) タイ
    Usanee Watanapan(ウサニー ワタナパン)
    タイ教育省基礎教育委員会事務局(中等教育局)学術・教育水準課シニアエデュケーション・オフィサー
  5. (5) ベトナム
    Vu Thi Lua(ヴ ティ ルア)
    ベトナム教育訓練省外国語教育プロジェクト2020専門副部長
第2部:質疑応答・パネルディスカッション
「東南アジア教育行政関係者アドボカシー招へい」による招へい者
上記に加え、次の方々を招へいしました。(招へい期間:2014年8月30日~9月6日)
  • マレーシア
    Rozeta binti Adnan(ロズィタ ビンティ アドナン)
    マレーシア教育省教員教育課 課長補佐
  • フィリピン
    Aldrin Padul. Lee(アルドリン パドゥル リー)
    フィリピン大学言語学科学科長
  • タイ
    Nongsiri Chotirat(ノンシリ ショーティラット)
    タイ教育省基礎教育委員会事務局(中等教育局)学術・教育水準課
    シニアエデュケーションオフィサー
  • ベトナム
    Bui Duc Thiep(ブイ ドゥック ティエップ)
    ベトナム教育訓練省外国語教育プロジェクト2020専門部長
お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話 : 048-834-1181 ファックス : 048-834-1170
Eメール : urawa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)