日本語国際センターについて

"国際交流基金日本語国際センター25周年記念共催事業
第8回NINJALフォーラム「世界の漢字教育 ―日本語漢字をまなぶ―」(開催報告)"

国際交流基金日本語国際センター25周年ロゴ

日本語国際センターでは、2014年9月21日(日曜日)、大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所との共催事業として第8回NINJALフォーラム「世界の漢字教育—日本語漢字をまなぶ—」を開催しました(登壇者とプログラム詳細は、こちらをご覧ください)。

日本語を第二言語として学ぶ学習者にとって、漢字の習得は常に大きな課題となっており、それは非漢字圏の学習者だけではなく、日本語の漢字の形、読み方、用法などが異なる漢字圏の学習者にとっても同様のことだと言えます。

第8回NINJALフォーラムの写真1
第8回NINJALフォーラムの写真2

加納千恵子氏(筑波大学)の基調講演では漢字の数、形、音、使用方法が学習者の理解を困難にしている一方、漢字が持つ情報をうまく使い、ゲームをしながら学習をする面白さもあると紹介をしました。また、今後学習者が孤独に行う「覚える」という作業から、使える「ことば」として漢字を理解するまでどのようにサポートできるかが学習支援をする教師の役割となるだろうと説明しました。

第8回NINJALフォーラムの写真3
第8回NINJALフォーラムの写真4

その後には、林立萍氏(台湾)、フランチェスカ・ヴェントゥーラ氏(フィリピン)、プラシャント・パルデシ氏(インド)、ガリーナ・ヴォロビヨワ氏(キルギス)、アルド・トリーニ氏(イタリア)らが、それぞれの国で日本語がどのように必要とされているのか、学習者の漢字に対する向き合い方などを説明し、自らが学習者としてどのように漢字を学び、指導してきたのかについて報告をしました。また、その後に行われたパネルディスカッションでも過去の経験から得た学習法の提案や実践について発表し、漢字教育の問題点や解決方法について議論しました。

第8回NINJALフォーラムの写真5
第8回NINJALフォーラムの写真6

話の中には、形や意味が異なっていても漢字圏の台湾では漢字のクラスがなく、ほぼ自主学習という状態になっていることや、レベルの高い日本語が自らの仕事に大きく影響するが、漢字習得で躓いてしまう教師が多いためレベルの高い人材を育成できていないというフィリピンの深刻な問題が取り上げられました。また、プラシャント氏は自らの経験を元に、「漢字は練習して覚えるほか方法はない」と、いかに漢字学習が非漢字圏の学習者にとって困難かを説明し、ガリーナ氏は自らの執筆『漢字物語』を例に問題点の改善方法をわかりやすく報告しました。最後のアルド・トリーニ氏の発表では、漢字教育は文章の中から熟語をとらえる「読解能力」と密接な関係にあり、日本語を読む上で必要不可欠な能力であることを説明しました。

第8回NINJALフォーラムの写真7 410名が参加し、会場となった一橋講堂ホールは満席となりました。共催者である国立国語研究所事務局並びにご協力をいただいたJSL漢字学習研究会にこの場をかりまして厚く御礼申し上げます。

フォーラム
日時:2014年9月21日 (日曜日) 12時45分~17時15分
会場:一橋大学 一橋講堂 (学術総合センター 2階)
   〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
主催:国立国語研究所
共催:国際交流基金日本語国際センター
後援:JSL漢字学習研究会
基調講演
日本語教育における漢字学習の支援方法
—漢字の面白さと難しさを考える—
加納 千恵子 (かのう ちえこ)
筑波大学 教授
報告
  1. 台湾の日本語教育における漢字学習について
    林 立萍 (りん りっぺい)
    台湾大学 副教授
  2. フィリピンにおける漢字教育の現状
    —フィリピン人日本語学習者と教師の漢字学習ビリーフとストラテジー使用について—
    フランチェスカ・ ヴェントゥーラ
    国際交流基金 マニラ日本文化センター 非常勤講師
  3. 世界の文字体系から見た漢字とインドにおける漢字教育・学習の取り組み
    プラシャント・パルデシ
    国立国語研究所 教授
  4. キルギスの漢字教材『漢字物語』
    ガリーナ・ヴォロビヨワ
    元キルギス国立総合大学 上級講師
  5. 漢字を習うか漢語を習うか —語彙に基づいた漢字教育
    アルド・トリーニ
    ヴェネツィア大学 准教授
コメント :
濱川 祐紀代 (はまかわ ゆきよ)
国際交流基金 日本語国際センター 専任講師
ディスカッション
パネリスト :
加納 千恵子,林 立萍,フランチェスカ・ ヴェントゥーラ,プラシャント・パルデシ,ガリーナ・ヴォロビヨワ,アルド・トリーニ,濱川 祐紀代

お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話 : 048-834-1181 ファックス : 048-834-1170
Eメール : urawa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)