日本語国際センターについて

第10回海外日本語教育研究会 報告 第2部 タイ国中等教育用日本語教科書『日本語 あきこと友だち』作成 その1

プラパー・セーントーンスック
前田綱紀

1.背景説明

1)概要(略称 JF:国際交流基金、JFBLC:旧バンコック日本語センター、NC:日本語国際センター)

西暦年 教科書執筆委員会の動き タイ(教育省・JFなど) 日本(JF)
1991年   バンコック日本語センター
開設
 
1994年 5月   中等教育新規養成プロジェクト開始(教育省+JFBLC)  
1996年 4月     第1回タイ中等教員訪日研修実施(NC)
1998年 10月   大学入試に日本語が入る  
1999年 3月     『教科書を作ろう』完成(NC)
6月 教科書作成調査出張(日本語課)
10月 教科書作成計画を基礎に体制構築会議開催(JF)  
11月 作成体制協議(教育省+JF)
2000年 2月 教科書執筆委員会結成
教科書専任派遣専門家着任
教科書作成開始 (教育省)  
4月 <全体構成作成>   アドバイザー出張
8月   監修者出張
10月 合宿会議<1巻検討・2巻準備> アドバイザー出張
2001年 2月   新指導要領、公布・実施? 監修者出張
3月 試用校向けセミナー
合宿会議<2巻検討・3巻準備>
アドバイザー出張
5月 試用開始  
8月   監修者出張・教育省表敬訪問・高校見学
アドバイザー出張
10月 合宿会議<3巻検討・4巻準備>  
2002年 3月 合宿会議<4巻検討・5巻準備>   アドバイザー出張
監修者出張
5月 試用校会議  
8月   監修者出張
10月 合宿会議<5巻検討・6巻準備> アドバイザー出張
2003年 3月 合宿会議<6巻検討>   アドバイザー出張
?月 印刷・出版会社決定
FBによる原稿修正~
 
2004年 2月 専任派遣専門家離任
執筆委員会長マレーシアセミナー
   
3月 完成記念セミナー 新規プロジェクト9期で終了  
4月   JF機構改革によりBLCとBCCがJFBKKに  
5月 1・3・5巻市販開始   JF機構改革
10月 2・4・6巻市販開始    

2) 教育省の二つの計画 「第8次教育の質を高めるための計画1999−2003年」

  1. (1) 国家、国土の繁栄のために、世界に通用する人材を輩出する高い価値の効率のいい教育
  2. (2) そのために外国語学習を促進し、学習者がタイ語と共に外国語も使いこなせる

3) 教育省普通教育 「日本語教育開発計画局1998−2001年」

  1. (1) 日本語教育の拡大
  2. (2) 日本語教師数の増大
  3. (3) 教育の質の向上
  4. (4) 教師、教育指導主事の語学知識や能力、教授力、評価力を高め、より効率のいい授業を達成
  5. (5) 標準的な教授法の確立
  6. (6) 時代に合った教材の開発

4) 教科書作成計画始動

1999年 日本語国際センターの専任講師を派遣し現状調査

  1. (1) 現地の日本語教育事情及びニーズ
  2. (2) 国際交流基金(以下「基金」)として可能な支援とその体制

2000年 第1回教科書作成会議で作成体制が確定