海外日本語教師の養成・研修

平成19年度オーストラリア・ニュージーランド初中等日本語教師研修

参加者の声

担当講師の声

担当職員の声

トゥルーディさん: ニュージーランド

埼玉県内の小学校を訪問の写真埼玉県内の小学校を訪問 日本語国際センターで3週間のプログラムに参加しました。私は今までに3回日本に来たことがありましたが、プログラムでいろいろな新しい経験ができて本当に良かったです。とくに、小学校への訪問が印象にのこっています。

また、私は日本の文化や歴史に興味があるので歌舞伎とか茶道をみせていただいたことを本当に感謝しています。

センターの皆さんは思いやりの心をいつも持っていて、日本語も分かりやすくて面白い授業に参加することができて嬉しかったです。
帰国するのは寂しいけど、3週間の思い出は永遠に忘れることができません。素晴らしい経験でした。ありがとうございました。


クリスティさん: オーストラリア

赤べこ作り体験の写真赤べこ作り体験 日本語の国際センターでは3週間しかすごせませんでした。でも、とてもいい経験でした。先生はやさしかったです。いろいろなゲームやリソースについて教えていただきました。文化の活動とこうぎはやくにたって、おもしろかったです。あたらしいリソースをあつめることができて、うれしかったです。ありがとうございました。


クレアさん: オーストラリア

研修旅行~大内宿にての写真研修旅行~大内宿にて 研修に参加する前、自分の日本語能力に関してちょっと心配していましたが、センターで一日中、日本語で話したので本当に上達してきました。母国の人達と時間を過していても日本語で話しました。素晴らしい三週間でした。


ミカさん: ニュージーランド

書道の体験講座の写真書道の体験講座 センターに来て、毎日、素晴らしい体験がありました。このセンターには、世界中から日本語を研修している人々が集まっています。ここで、今まで知らなかった「キルギス」という国の人に会えたのが、最高の思い出です。

日本語の知識を増やすこともできて、教材もたくさん集められて、信じられないほどすばらしい経験だったと思います。

日本の文化も経験しました。経験だけでなく、先生達から説明もいただきました。たとえば、歌舞伎を初めて見に行きましたが、見る前に先生から説明があったので、思ったより面白くて、感動しました。

先生達は、皆親切で、分かりやすく説明してくれたり、困ったときに助けてくれたりしましたから、非常にありがたかったです。大変お世話になりました。感謝の気持ちはとても言葉では言い表せません。


担当講師の声: K.O / M.N

修了式後の歓送会での写真修了式後の歓送会で 今年度は、オーストラリア、ニュージーランドから合計21名のノンネイティブ日本語教師の皆さんが来日し、日本語、教授法、文化体験プログラムからなる3週間の研修を受けられました。
教授法の授業では、生の素材を加工し、国で使える新しい教材を作成しました。生の素材は、高校生ボランティアの協力を得て、自ら外に出て集めてきたのですが、それぞれのグループが工夫を凝らし、オリジナルの教材を完成させていました。動画を巧みに取り入れていたのが、今回完成した教材の特徴だったように思います。

文化体験プログラムでは小学校と高校を訪問する機会があり、私も同行しましたが、この機会は双方にとっていい体験になったようです。小学生は、外国人と話すのもはじめてなのに、さらにその外国人が流暢な日本語を使うので、素直に驚きと喜びを表していました。逆に、高校では、日本の高校での英語教育の様子が分かり、研修参加者の皆さんの方が多いに刺激を受けたようでした。

真夏のオーストラリア、ニュージーランドから真冬の日本に来られるので、風邪を引いたり、熱を出したりしないかとスタッフ一同心配していましたが、皆さん身も心も熱く、厳しい日本の冬の寒さをものともせず、薄着のまま(!)最後まで熱心に取り組んでいました。私もその影響を受けたのか、久しぶりの厳しい寒さを難なく乗り切ることができました。

オーストラリア・ニュージーランド研修は残念ながら今年度で終了しますが、最後の研修を担当できたのは幸せなことでした。研修は終了しますが、ここで生まれたネットワークがその後も続いていくことを願っています。

K.O

埼玉県内の高校を訪問の写真埼玉県内の高校を訪問 研修は1月の寒い中はじまりましたが、研修参加者のみなさんがオーストラリアとニュージーランドから明るくあたたかい空気を運んできたかのように、センターはにぎやかになりました。特に教授法の授業ではグループでの話し合いが熱心で、私たち講師はいつも大きな声を出さないと、みなさんに届かないぐらいでした。

高校生31名がセンターに来てくれて、研修参加者の皆さんと一緒にいろいろなおもしろい物を集めました。この時は研修で授業を受けている時とは少し違って、高校生と接する普段の「先生の顔」にもどったように思えました。授業中よりも生き生きしていたみたいです!研修最後には、集めたものを使ったすばらしい教材がたくさんできました。国での授業で実際に使ってみてどうだったのか、みなさんからの報告がとても楽しみです。

M.N


担当職員の声: A.T

研修旅行中に滞在した日本旅館の写真研修旅行中に滞在した日本旅館 今回の研修は、私がこれまでに担当した研修の中では、時間的には最も短いものでしたが、内容は非常に濃かったと思います。文化体験プログラムに関して言えば、約3週間という短い間に、ホームステイ、高校訪問、小学校訪問、書道、茶道、歌舞伎鑑賞、研修旅行・・・と、平日週末問わず、実にすごい数のプログラムをこなしたことになります。プログラムを組み立てる側としては、日本に滞在している間にできるだけ充実した時間を過ごして欲しいと思う一方で、研修参加者の皆さんにとってかなりのハードスケジュールなのではないかと不安に思う気持ちもありました。しかし、そんな私の不安をよそに、数少ない自由時間に出かけていったり、習い事をしたり、自らコンタクトをとって学校訪問をしたり、参加者の皆さんはいつも本当にパワフルでした。参加者同士の結束力も固く、一緒にいると、私も常に元気をもらっていた気がします。今回の研修は本当にあっという間でしたが、一つ一つのプログラムが参加者の皆さんにとって、何かの形で今後につながっていくものであるよう心から祈っています。

A.T

お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話:048-834-1181 ファックス:048-834-1170
Eメール:urawakenshu@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)