海外日本語教師の養成・研修

平成19年度大韓民国中等教育日本語教師研修

団長オ・ギリョンさん、副団長ジャ・ウンジョンさん

平成19年度大韓民国中等教育日本語教師研修の写真2 1カ月の研修をどきどきしながら始めたのが昨日のことのように思われますが、それがあっという間に過ぎてしまいました。

日本に着いたばかりのまだ日本のことに慣れていない私たちを家族のように世話をしてくださいましたホストファミリーの皆様(私たちは来日直後の週末にホームステイに行きました)、日本語能力の向上のために親切に教え、励ましてくださいました日本語、教授法、日本事情などの授業の先生方、それから、研修の全般的なことに関わってくださいました研修事業課の皆様のお陰で、私どもは日本語の教師として、いい教師になる一歩を歩むことができます。

1カ月という時間は短いですが、皆様からいただいた暖かい心は、長い間、私どもの思い出の中に残っているに違いありません。私たちにとってこの1カ月の研修は一生に一度だけ持てる出会い、つまり、一期一会と言えます。この大事なことを持ち帰り、生徒にきちんと伝えて、日本と韓国の未来のために更なる一期一会が生まれるようにがんばりたいと思っております。


担当職員の声 担当: M.K

初めての研修担当ということもあり、研修が始まる前は不安でいっぱいでしたが、終わってしまえば、あっという間だなぁ、と感じています。

大韓民国中等教育日本語教師研修韓国研修は、他の研修と比べ、比較的期間が短い(31日間)のですが、通常の授業のほか、歌舞伎鑑賞、茶道・生け花デモンストレーション、ゆかたの着付けや夏祭りへの参加など様々な文化体験を行います。加えて、埼玉県内の高校に訪問させていただいたり、研修参加者と日本の高校生の交流の時間があったり・・・本当に内容が盛りだくさんです。

私でしたら、それだけでグッタリしてしまいそうですが、授業のない土・日曜日でも、研修参加者の皆さんは、富士登山や箱根、日光など色々出かけ、帰国して韓国の生徒さんに見せられるようたくさん写真を撮っていたようです。今年の猛暑さえ吹き飛ばしてしまいそうな韓国パワーに、ただただ感心してしまいました。

私自身、文化体験などを通して、日本について勉強する良い機会であり、また、日本のことについてどれほど知らないか認識するきっかけでもありました。本当に印象深い夏になりました。

お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話:048-834-1181 ファックス:048-834-1170
Eメール:urawakenshu@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)